トレジョ (Trader Joe’s)のオススメ、Buttermilk Biscuits バターミルクビスケット(レシピあり)

トレジョ (Trader Joe’s)のオススメ、Buttermilk Biscuits バターミルクビスケット(レシピあり)

今回は、Trader Joe’sで見つけたButtermilk Biscuits バターミルクビスケッを試してみたので、紹介しようと思います。
そして、知人から聞いたレシピでアレンジもしてみました!ポットラックパーティーなどに最適の1品が完成しましたよ。(※写真はTrader Joe’s HPより)

Buttermilk bisucuitsとは

Trader Joe’sの冷蔵コーナー(バターや卵売り場の棚)で売っているこの缶。缶を開けると、ビスケット生地が入っています。
これをカットして焼けば、出来立てホカホカのバターミルクビスケットの出来上がり!簡単ですよね!!
一缶で$ 2.99。試しやすい価格です。

では、早速作ってみましょう。

作ってみる

さて、こちらの缶。

缶詰のようですが、缶切りでは開けないでくださいね。

このように、ぺりぺりっと一番外側の包装をはがして

もう一枚、包装をはがします。

そして、矢印の書いてあるところをぎゅっと押すと、「ポンッ!!」と写真のように容器が割れて中身が出てきます!
これ、結構大きな音なので、驚きすぎないでくださいね。

生地をそっと取り出し、自然にはがれる箇所があるので、それに沿ってはがしていくと、8等分されます。
それをベーキング用のシートの上に置いて、余熱済みの350F オーブンで16-18分ほど焼いたら完成です。

この時、1つのかたまりを2つに分け、その1つ分を上からぎゅっと押して少し伸ばします。
カップケーキの型に置き、中央にくぼみを作ります。
そのくぼみ部分に、今回、マカロニグラタンの具を入れてみました。(マカロニグラタン+チーズ)

また、同様に今度はぎゅぎゅぎゅーっと大きめに押し伸ばして、中央にイチゴジャムを置き、丸めてみました。

食べてみる

こちらが、完成したバターミルクビスケット。きれいに焼けました。

でも、私はケンタッキー・フライド・チキンのビスケットを想像していたので、そのようなパイ生地風ではなくて、すこしがっかり。

シンプルにジャムをつけて食べてみると、、、しょっぱい!
このビスケットは甘いビスケットというよりは、少し塩がきいたビスケット。
やっぱりケンタッキー・フライド・チキンのビスケットとは全然違っていて、パイ生地サックサクとも違う。パイ生地風なんだけれど、もちっとしていて、パンに近いです。

でもやっぱり出来立てっておいしいですよね。デザート用というよりは、朝食のパンの代わりに良いかもしれません。

続いて、グラタン風にしたもの。
見た目、良いですね~!
食べてみると、、、いけるっ!
生地のしょっぱさがグラタンにマッチしています。
この生地は、このような「お総菜パン」を作るのにむいている気がします。
持ち運びも簡単そうですし、ポットラックパーティーに使えそうです。

中の具は、ほうれん草やベーコンを炒めたものを入れて、上からとろけるチーズをのせて焼いてもおいしい!
ウインナーやコーンなどを加えても、子供ウケがよさそうですね。
大人向けには、、、マッシュルームとベーコン、とか?
いろいろなアレンジができそうです。

最後に、こちらが、ジャムを入れたもの
はははっ、見事にジャムが飛び出しました。
食べてみると、、、ジャムの甘さとパンのしょっぱさが意外といけます。
でも見た目も悪いし、普通のパンにジャムを塗って食べればいい気もするので、もう作らないかな。。。。

感想

ケンタッキー・フライド・チキンのビスケットと全然違う出来上がりに、多少のショックはありましたが、こういうパンだ、と思って作れば大丈夫ですよね。
生地はしょっぱいので、スイーツ系よりお総菜パン風にしたほうがおいしいと思います。
もしくは、すごく甘い生クリームなどをのせて、「しょっぱい&甘い」のコラボレーションをお楽しみください。

あとは、具を入れて焼くことで、とても素敵な手土産になりますよ。ポットラックパーティーに最適です。
焼くだけ~!ととても簡単なので、ぜひ一度お試しください。