肌荒れを落ち着かせるおすすめ保湿クリーム バニクリーム Vanicream アメリカ

スポンサーリンク


花粉が始まる季節となり、見事に肌が荒れはじめてしまいました。
ええ、毎年です。
顔に3-4個のプツプツがずーっとある。。。なんだか肌がガサガサしてかゆい、プニプニしてなくて、ヒリヒリする、という症状。あ~、気分が下がります。

こういう時期は、使っているクリームではヒリヒリ感が無くならないことも多く、調べる余裕もなかったのでとりあえずドラッグストアーCVSに駆け込み、もうどうにでもなれ!状態でお店の人をつかまえて、乾燥&敏感肌でもしっとりして、ヒリヒリしないクリームはどれ?と聞いたところ、教えてもらったのが今回紹介する「Vanicream」です。


うわー、肌に合わなかったらこんなのどうするよ、なぐらいの大サイズしかなく、勧められたし断れないや、とダメもとで買ったのですが、見事に肌にしっくりして、花粉症で荒れていた肌荒れが治った~~~!!!

ということで、今回は「花粉症で荒れた肌がきれいに治ったVanicream」を紹介します。

おすすめ記事
アメリカで人気の保湿クリーム5選 敏感肌レビュー付

バニクリームのPSI社とは

Vanicreamを作っているPSI社(HPはこちら)は、元々薬剤師として働いていた2人が敏感肌の人に優れた製品を作るために1975年に設立したのが始まりです。
香料、染料、ラノリン、パラベン、ホルムアルデヒド、ホルムアルデヒド放出防腐剤など、皮膚に刺激を与える化学物質を避け、医薬品品質基準に基づいて製造されています。
物質の詳細がHPで細かく説明されているのも、信用性が高いことがわかります(こちら)。
また、商品販売のために消費者に誤解を招くような「低アレルギー性」「自然」という言葉を使わない、という会社理念もあります。

バニクリーム Vanicreamとはどんなクリーム?

Vanicreamは医薬品品質基準に基づいて製造された商品です。
したがって、皮膚科で「処方する薬をこのVanicreamに混ぜて使ってください」などと言われることもあり、皮膚科医も推奨する製品です。

eczema association
PSI社の商品の、Vanicream Skin Cream, Vanicream Lite Lotion と、 Vaniply Ointmentは、The National Eczema Association Seal of Acceptanceという湿疹協会から承認の印を得ています。
5つ星のうち5の評価を獲得しています。

またSkin Trust Societyの皮膚科医もVanicream Skin Creamを認定しており、製品の品質の高さがわかりますね。

クリームの効果としては

  1. 肌の正常な水分レベルを復元して維持するのに役立ちます
  2. 赤く、刺激されたり、ひび割れたり、かゆい皮膚を和らげる

とされています。

バニクリーム Vanicreamを実際に使ってみた

Vanicream Skin Cream With Pump Dispenser,16 oz

購入したのはこの商品。
なんと16 oz,1lb 453gもあって、$12程度。
安すぎる!
値段とボリュームから「あああ、、、すんごい安すぎるわ。不安だ」と思ったけれど、他に頼れるクリームもないし、CVSの店員はむっちゃ自信アリげにコレだぜ!って言ってるし、買うしか無い、と買ってみた。
※Walgreen,  Target,Walmartなどでも購入できるそうです。


クリームを出してみると、硬すぎず、トロトロすぎず、使いやすい感触のクリームです。
ポンプ式なのも、とっても楽。

で、肌に広げてみると、すーっと広げやすく、しかもすぐに肌がしっとりします。
ベトベトするわけでもなく、サラサラ仕上げでもなく、仕上がりは適度にしっとり。

・・・と言っても、肌には軽く発疹があり、なんだか痒いような痛いような肌状況なわけで。

なので、クリームが肌にしみるかな、、、と思っていましたが、全くしみませんでした。
30分ほどすると、うーん、ヒリヒリがなくなった??ちょっとしっとりしたかな???
もう一度塗ってみよう、と30分置きにクリームをたっぷり塗ると、3回塗ったところで、肌のヒリヒリもかゆみも完全に落ち着いた!!!
でも、まだ発疹があるよ、、、と気がついた時にたっぷりクリームをこまめに塗ること3日。
なんと湿疹までもなくなった!!

そのまま2-3週間ほど使い続けているのですが、花粉真っ只中の今でも、肌は発疹も出ず、かゆみもほぼ無い状態できています。

花粉がすごい日には、すこーし肌がつっぱりますが、そのときにはまたたっぷりとクリームを塗ればOK.
花粉症になって10年以上、春には肌が荒れて荒れてひどかったのですが、こんなにあっさりと問題ない肌が続いていて、えええ!っという驚きが大きいです。
使い方は特別なこともなく、洗顔や入浴後、さらには少し乾燥し始めたかな?と思った時に、とにかくこまめにクリームを塗っています。
1日に何度も塗っていますが、そのせいで肌に湿疹が出たり、肌の状況が悪くなったことはありません。

個人的に、もっとこってりしたバージョンがあれば、ナイトクリームとして、コレでもかっ!ってぐらいに保湿したぞという満足感!が得られるんだけどな。
でも肌が落ち着いたら朝用として使い続けようと思います。

敏感肌でなかなか合うクリームに出会えない、という方は、このVanicreamを試してみてはいかがでしょうか。もちろん使用感には個人差があるとは思いますが、参考になれば幸いです。

(追記 2021年1月)

肌があれる春以外でも、このバニクリームは使い続けています。
お手頃価格でポンプ式と使いやすいので、朝の顔用と身体用として。
夜は濃厚なクリームが欲しいので、Ceraveセラヴィのナイトクリームを使っています。

花粉症の方は、こちら↓も合わせてご覧ください。
アメリカで花粉症・アレルギーに効く薬まとめ
花粉症用の目薬 おすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました