アメリカと日本の学校の違うところ。年齢、学年、プリKとは?

アメリカと日本の学校の違うところ。年齢、学年、プリKとは?

さて、夏休みが始まりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
新学期から新しい学校に通うお子様をお持ちのお母さんも多いことでしょう。

息子は先日Pre-Kを終えて、9月からいよいよキンダーに行きます。
Pre-Kに入った1年前、日本と違うことも多く、いろいろばたばたでした。
そして、9月から始まるキンダーの見学会を終えて、おお、日本と違うなーというところがいくつもありました。
そこで、今回は「アメリカと日本の学校教育について。違うところなど」を紹介しようと思います。
※学校事情は地域により異なることも多いので、ご注意ください。

年齢と学年

アメリカはキンダーという日本でいう幼稚園年長から、高校までが義務教育にあたりますが、その年齢は州によって異なります。
また、年齢と学年の関係は、日本と名前が違うだけ、と思われそうですが、ちょっと違う。
日本だと、4月1日で区切り、4月1日~翌年の3月末日までを1学年としますが、アメリカでは1月1日で区切る場合、8月1日で区切る場合、などSchool District(学区)によって様々です。

さらに特にKinderに入るときによく行われるのが、1年遅らせて入学させる、という方法。
小さいころには1年年上だと、動作や能力がかなり異なりますよね。
そこで1年遅らせることで、子供の評価が高まるだろう、と、通常ならばKinderに入る年齢の場合でも、書類を出して1年遅らせる親御さんも多いです。
逆に言えば、Pre-KやPreschoolで、1年多く通っている子、意外と多いですよ。
アメリカといえば「飛び級!」という印象がありましたが、逆の方法もあるんですね。
日本人の場合、英語力を心配される場合も多いようです。
子供によって向き不向きがあることでしょうが、1年遅らせる、という方法をとるのも手かもしれません。まずは現在行っている学校や進学予定の学校に相談してみてください。

余談ですが、飛び級も珍しいことではありません。もしくは、それに近いコースを学校が用意してくれる場合もあります。最低限のカリキュラムはありますが、臨機応変に対応してくれるのがアメリカですので、何か気になることがあれば、どんどん相談したほうがいいでしょう。

また、義務教育前に、Daycare(デイケア)、Preschool(プリスクール)、Pre-K(プリケー)とありますが、Daycareは、休日や夏休みなどにもサポートが受けれる場合が多く、日常は比較的長時間サポートしてくれるサービス。6か月程度の子供から預かってくれるところが多いです。

Preschoolはそれよりも少し大きくなった子が通える場所というイメージ。また午前のみ、週3回など、短い時間で1週間に通う回数も少ない学校が多いのが特徴です。
さらにその中でもKinder直前の年齢の子を対象にしたのがPre-K
School Districtによっては、Pre-Kから無償で募集しているところもあります。
またこのほかにもナーサリーがありますが、これはデイケアーに近いでしょうか。ただ名称は微妙にしっかりとした決まりがないので(それぞれに認可はありますが)、Daycareよりも、ナーサリー、ナーサリーよりもPreschoolという名前を付けたほうが、「ただ預かる、というよりは勉強を教える!」という印象が強くなり募集が集まりやすいようで、近年では学校名につけたがる、と聞いたことがあります。

また、このSchool District、ある地区ではPre-Kから無償で公立化されている、ある地区では小学校~高校まで各1校のみ、などと、レベルもありますが、それ以外にもかなり特色があります。そういうこともあり、引っ越す時にはSchool Districtをしっかり調べて!は、当然なのです。

入学式がない

アメリカの学校では入学式がありません
この日から学校に来てねー、と書類が送られてくるだけです。
一応親も張り切って学校に行ってみても、上のような「祝入学」的な看板も、校長先生からの祝辞もないっ!
ただ、学校によっては、始業前に先生と生徒の顔合わせをしてくれるところもあるようです。

一方で卒業式(幼稚園などは、Moving upと言います)は行われます。
ただ、証書を渡す、歌を歌うなどは先生が簡単に企画運営してくれますが、飾りつけ、ギフト、立食パーティーの準備などは父母が行います。
息子のPre-KのMoving upセレモニーを行ったのですが、父母で1か月ほど前からいろいろ準備をしました。大変でしたが、お母さん同士仲良くなれるので、これもありかなーと思います(と同時に、日本の先生たちは全部を準備してくれるので、すごいなーと感心しました)。

職員室がない

先生には職員室がありません。受け持ちの教室にパソコンがあり、そこが職場。
先生の鞄もドカーンとおいてあります。
一方で、事務所はきちんとあり、欠席連絡や書類の手続きなどはそちらで行います。
さらには、保健室もしっかりとしており、保健室直通ダイヤルも完備されています。子供が常備すべき薬があるときには、保健室の先生に連絡して渡しておきましょう。

すこし話がそれますが、校長先生や教頭先生の直接連絡先もしっかり教えてくれる場合が多いです。
先生、校長(教頭)、事務所、保健室、ソーシャルワーカーと役割がしっかりと分かれており、連絡先もしっかり提示されているので、なんだか心細くないのがうれしいです。

スクールランチやスナック

学校ではスクールランチのあるところ、ないので持参するところなど様々です。
息子がこれから通うキンダーは、スクールランチがありますが、事前に申請するようなので、ランチメニューを見て食べたいものがある日はスクールランチ、なければお弁当を持たせようかと思っています。
ランチはカフェテリアで食べることになります。「ナッツフリー」のテーブルが用意されており、アレルギーの対応がされています。

また午前中に1度、スナックタイムというものがあり、持参したスナック(お菓子、野菜、フルーツなどなど)をちょっと食べる、という時間があるようです。

休憩時間がほぼない

驚くことに、休憩時間が「ほぼ」ありません
日本だと45分ぐらいの授業で10分~15分の休憩がありましたよね。
でもアメリカではあってもお昼前後の1回だけ。

教室から美術室などの移動はクラス全員で一斉に行います。
また、トイレは行きたいときに先生に告げて行くようです。

キンダーから義務教育ですが、朝9時頃~夕方3時までみっちり学校です。
午前中にスナックタイム、その後に20分ほどrecess(休憩時間)があるようです。
大丈夫かな?長いよね、と親としては心配になりますが、まあみんながやっているのでなんとかなるのでしょう。

授業内容としては、先日見学したエレメンタリーでは、数学など能力別にテーブルに分かれて、それぞれのグループが異なるキットを使うなどして勉強していたのが印象的でした。
黒板をみんなが見て、手を上げて!というのは、もう少し高学年になってからなのでしょうか。

また、体操服は存在しません。好きな服で体育館で動きます。

先生にギフトをあげてもいい

日本だと、どうなんでしょ、最近ではお歳暮とか贈るのも禁止されているのでしょうか。
こちらだと、ことあるごとにギフトやカードをプレゼントします。
バレンタインデー、クリスマス、卒業、などなど。
ギフトカードをあげてもいいですよ。
日頃の感謝を込めて。。
アメリカでギフトカードをお得に買う方法

部活

アメリカでは部活はなく(Highschoolではあるようです)、授業後はAfter schoolという、いわゆる習い事はたくさんあり、学校の体育館やYMCAなどで行われています。
一方で、学校の授業前(6:30~)の就業前のデイケアもあります。
これらデイケアやYMCAは地域にもよるでしょうが、主要なところは事前に登録するとスクールバスで送り迎えしてくれます。
共働きが多いアメリカならでは、ですね。

PTA

PTAはかなり強力で、子供の卒業イベントや異文化交流イベントの企画、学校のベンチや遊具の寄付なども行うスペシャルチームです。
もちろん学校にもよりますが、ガンガンお金集めして、頑張るぞ~~というところが多い気がします。
最近ではSSNを利用してPTAが手軽にイベント紹介や、募金募集をしているようです。
早速、息子キンダーのPTA Facebookグループに登録しました。
便利だなー。

掃除や給食を配ることは自分で行わない

学校で、自分たちの教室を掃除したり、カフェテリアでランチをみんなに取り分ける、といったことは行いません
全部、専門の人が行います。
日本では自分のクラスを自分たちで掃除したり、給食をクラスに運んでみんなに分けるんだよーとアメリカの友達に言うとみんな驚くと同時に、それすごくいいよ!という人が多いです。
トイレ掃除まではしなくてもいいかな、、、と思うけれど、自分の机を拭く、ぐらいはしてもいいんじゃないかな、と思います。

私立や公立は大きく異なる

私立の学校は、例えば、シュタイナー教育、演劇学校、音楽学校などなど、といった独自の教育で進みます。したがって、私立のプリスクールなどでは、おむつが取れていないと入学できません、というルールの学校もあるようですが、同じ私立でも決してすべての学校がそうではありません。各学校で異なります。

各学校の特徴をよく調べて、気に入ったところに入ることが重要ですね。

誕生日会をしてもいい

エレメンタリー頃までは、学校で誕生日会を開くことが多いようです。
といっても、カップケーキやケーキをみんなで食べ、プレゼントをあげる(誕生日のおすそ分け、として、みんなにプレゼントをあげるのです)程度ですが。
学校によっては、月に1度をまとめて、とか、カップケーキNGなどいろいろルールを設けているようです。

上の写真はPre-Kの時に、友達が行った誕生日会から。
ドドドぎつい黄色のカップケーキに、小さなおもちゃがいっぱい入ったギフトです。
カップケーキはとっても甘いし、おもちゃもなんだかなーってものだらけだけれど、息子は嬉しそうにしているので、まあ、よしとしましょう。