アメリカ スーパーボウルって何?2019年は2月3日ハーフタイムショーは見逃せない

アメリカ スーパーボウルって何?2019年は2月3日ハーフタイムショーは見逃せない

さて、テレビなどでも”スーパーボウル”という言葉をよく聞く時期になりました。
っていっても、スーパーボウルって何?
日本人にはなじみがない言葉ですよね。

そこで今回は、”スーパーボウル”について紹介します。

スーパーボウルとは?

スーパーボウルとは、アメリカのアメリカンフットボールリーグ、NFLの優勝決定戦のこと。
NFLは2つのカンファレンスに分かれており、その各優勝カンファレンス(アメリカン・フットボール・カンファレンス とナショナル・フットボール・カンファレンス )が戦って、NFLのトップを決めるのです。

アメリカでアメリカンフットボールはとても人気で、毎年2月上旬の日曜日に開催されるこのフットボールリーグは”スーパーボウルサンデー”または”スーパーサンデー”と呼ばれ、多くの人が集まり、テレビで試合を観ながらワイワイと騒ぎます。

なんとこの日は、サンクスギビングについで、多くの食品が消費される日、でもあります。
たくさんの人が集まってパーティーをしたり、スポーツバーで盛り上がるんですね。

ハーフタイムショー

実は試合途中にはハーフタイムショーというコンサートショーが行われます。
以前はカントリーミュージックのショーが多く行われたために、ハーフタイムショーは観ている人にとっても”休憩時間”のような扱いでしたが、1993年のマイケルジャクソンの登場以来、すごい大物歌手がハーフタイムショーを飾り、休憩なんてしていられない状態が続いています。

2018年はJustin Timberlake 、the Tennessee Kids、University of Minnesota Marching Band

2017年はLady Gaga

2016年はColdplay, Beyoncé, Bruno Mars, Mark Ronson, Gustavo Dudamel, University of California Marching Band and Youth Orchestra L.A.

個人的には2016年のショーが大好き。
コールドプレイとビヨンセ、ブルーノマースらが共演することなんて、めったにない!
しかも3人ともむちゃくちゃ楽しそう!!
そりゃ盛り上がるわ~

で、今年2019年はMaroon 5
さて、どこまで盛り上げてくれるでしょうか。

CMも注目

そして、これだけ注目されるスーパーボウル、ということは、それだけ視聴率が良いってこと。
2015年のスーパーボウルでは、少なくとも1億1440万人以上の人が視聴していたそうで(Nielsenより)、2015年のアメリカ総人口は約3億2100万人なので、35%以上の人がスーパーボウルを観ていたことになります。

ということで、その試合の間に流れるTV CMにもすこぶる気合が入っています。

まずCM料ですが、2015年のスーパーボウルでは、30秒のCMに$4.5 millionかかったそう。
さらにこのCM枠では、みんなが観ているからCMを流せば人気が出る!という考え方ではなく、よりユニークで考えさせられるような、そして奇抜なデザイン性に富んだCMを流して、話題性を得る、という考えが最近の主流です。
なので、CM制作自体にもかなり力が入っており、見ごたえのある作品が多いです。

スーパーボウル直前にはそれらCMが先行してテレビで紹介されたり、試合後にはどのCMが良かったか、悪かったか、こぞって評価されています。

https://youtu.be/XPt3uMaqG7c

こちらは2018年のおもしろいと厳選されたコマーシャル集です。
なかなか面白いですよ。

そして翌日

18~34歳の65%、35~54歳の52%、55歳以上の36%の人が翌日、仕事をずる休みする、なんてデーターも出ているそうで、盛り上がりすぎてそのまま翌日までぐったり、、、、ってな状況のようですね。

というわけで、今年2019年のスーパーボウルは2月3日(日)に行われます!