子供と美術館に行くならグッゲンハイム美術館がおススメ NY

子供と美術館に行くならグッゲンハイム美術館がおススメ NY

先日、息子をつれてグッゲンハイム美術館に行ってきました。
元々、美術館巡りが好きなのですが、子供ができてからなかなか行くことができませんでした。
一人の時間を充分に作る余裕がなかったことと、子供を連れて美術館に行く勇気がなかったからです。美術館って、シーンとしていて子供連れにはハードルが高いように思えたのです。

で、息子も学校に行けるようになったころだし、トイレ行きたい!とも言えるしね(笑)、そろそろ美術館も大丈夫かな?とトライしてみたら、とっても楽しかったです。

というわけで、今回は「グッゲンハイム美術館」を紹介したいと思います。

The Guggenheim museum

グッゲンハイム美術館はNY 5th Ave, Between 88th & 89thにあります。
セントラルパークの東側なので、子供連れで余裕があれば、帰りにちょっとセントラルパークに寄ってみてもいいかもしれません。

このグルグルした素敵なデザインの建物が目印です。
建物全体をしっかりと写真に収めたい時には、セントラルパーク側の道路に渡って、写真を撮るといいでしょう。

入り口は赤い○側のドアの1か所です。
赤い○の壁側の警備員さんに手荷物の中を見せる荷物検査があります。

その後、青い○の場所でチケットを購入してください。
そして、黄色○のお兄さんにチケットを渡して会場に入ってください。
また、会場はリュックサック(バックパック)や大きな手荷物はNGなので、チケットを渡した後、その奥にクロークがありますから、そこで荷物を預けてください。
私はバックパックとコートをクロークに預け、小さいトートバッグに財布と携帯だけを入れて、会場をうろうろしました。

建物自体がアート

グッゲンハイム美術館が子供連れにおすすめな理由①として、建物自体がアート、だから子供にもとってもわかりやすいことです。
ほらっ、館内天井の美しいこと!!

写真はWikipedia より

また、建物はこのような渦のようになっていますが

写真はグッゲンハイム美術館HPより

なんと館内も渦まきのようにらせん状
そして多くの展示物は、そのらせん状の壁に展示されています。

写真はグッゲンハイム美術館HPより

なので、エレベーターで建物の最上部に上がり、上からグルグルーっと展示を見つつ降りれば良し。
子供もなんだか楽しそう。
子供の目に入った絵や、自分が気に入った絵の前で立ち止まり、ちょっと説明や気に入ったポイントを子供と話すだけで、彼らはそれで充分”アートしている”と感じることでしょう。
この”子供に自然と絵を見せやすい”というのが、グッゲンハイム美術館が子供連れにおすすめな理由②です。

カフェもあるので、子連れでも安心

写真はグッゲンハイム美術館HPより

3階には、小さなカフェCafe3があります。
クロワッサンやカップケーキ、サラダやスープ、ジュースが売っていて、かなりカジュアルなので、子供連れでも気軽に入ることができます。なんと、ワインも売っています!

Cafe3に貼ってあったグッゲンハイム美術館の建築家”フランク・ロイド・ライト”の写真や

建築過程の写真は、必見です。

また常設展示としてモディリアー二、ピカソなどが展示されています。
基本的に注意書きが無ければ、写真撮影可能です。

さすがグッゲンハイム美術館。
とにかく人が多いです。
50%以上が観光客なんじゃないかな?と思えるほどです。
なので、館内はザワザワしています。
おかげで、子供連れでも緊張せずに、子供とゆっくりしゃべりながら絵を見ることができますよ(子供連れにこの美術館がおススメなポイント③)。

写真はグッゲンハイム美術館HPより

そして、私たちは参加できませんでしたが、週末や一部の平日にはFamilyイベントとして、子供の教室が開催されています。2歳から参加できるイベントもあるようなので、ぜひお試しください。


Address:1071 5TH AVE, NEW YORK, NY
BETWEEN 88TH & 89TH ST.

Site こちら

施設Map こちら

Fee :大人 $25、学生や65歳以上(ID必要) $18、12歳以下 Free
なお、毎週土曜日5–8 pmは希望の料金を払って入場することができます。$1でもOKです。

Parking lot :なし