1つでOK おすすめFLEXIROAM プリペイドSIMカード 日本一時帰国 海外旅行用

スポンサーリンク

今回、台湾~日本と旅行したのですが、旅行の時に気になることの一つが”SIMカード”ですよね。旅行中せめてインターネットが使えないと、今どこにいるかのMAPも開けないし、Uberも呼べない、、、インターネット無しの旅行はありえません

そこで毎回、旅行の時にSIMカードを購入しなくてはならないのですが、今回「日本一時帰国 海外旅行とっても便利なSIMカード Flexiroam」を見つけたので紹介します。

FLEXIROAM プリペイドSIMカードの特徴

SIMカードを1度購入すればずっと使える

2011年に設立されたFLEXIROAM社のSIMカードのすごいところは、ずばり「100ヵ国以上で使えるSIMカード」という点。何か国もこのSIMカード一つで対応できます。

また、通常SIMカードを購入するとプランだけでなくカードにも有効期限がありますが、このSIMカードは、購入時のプランが終了した後でも、再度プランを購入すればこのカードを使用することができます。
つまりこのFLEXIROAMなら、一度SIMカードを購入すれば、以降はずっとプランを購入するだけです。登録手続きも1度で終わるので、とても楽です。

FLEXIROAM SIMカードは事前購入可能

旅行前にプラン開始日付を指定して購入することができます。
しかも、90日前など早くにプランを購入するとより安くなります。
旅行の予定が決まったら、すぐに購入しておくと良いでしょう。

FLEXIROAM SIMカードが購入できる場所

internet data sim card -1gb starting at 4.20 usd 4g/3g data – 150 countries

購入はflexiroam社のHPからか、Amazonから買うことができます。

出張などが多い人も、SIMカードの購入やプランについて、すべて事前にアメリカから準備できるので、とにかく楽です。

例えば価格ですが、日本に1G24日間有効なプランの場合、通常で$18、早く購入するともっと安くなります。

FLEXIROAM SIMカードを実際に使用してみて

今回は、台湾、日本と旅行したので、Japan/Korea/Taiwanで使えるローカルプランを90日前に購入しておきました。

そして、私の携帯はSIMカードが2つ入るタイプでしたので、事前にアメリカで使っている通常のSIMカードと旅行時に使う予定のFLEXIROAMのSIMカードを2枚入れておきました。
使用する国に入国したら、使用するSIMカードの設定を変えるだけです。

台湾、日本に入国の際にはSIMカードはなにもしなくてOKです。

アメリカではRed Pocket.
(アメリカで使っているメインのSIMカードです。とにかく安くておすすめです)

こちらもご覧ください。
アメリカの月$5 Red Pocket Mobile 格安携帯プラン

台湾では中華電信。

日本ではNTT Docomoになりました。でも現在は変わったようで、Softbank,KDDIになるようです。
つながり具合は全く問題ありませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました