アメリカで日本の家電に変圧器が必要・必要でない場合-現地で買えるおすすめ変圧器

アメリカで日本の家電に変圧器が必要・必要でない場合-現地で買えるおすすめ変圧器

日本からお気に入りの家電を持ち込みたい、という方は多いのではないでしょうか。

特に日本のご飯がおいしく炊ける高性能な炊飯器やお気に入りのドライヤーなど、よほど荷物にならないものはできれば持っていきたい、という気持ちはよく分かります。

日米、プラグの形状は同じです。


日本は二股、アメリカは三股ですが日本の二股をアメリカの3穴コンセントに差し込むことは問題ありません。ちゃんとフィットします。
つまり変換「プラグ」は必要ありません。

ただ問題は電圧
日本は基本100V、アメリカは120Vなので日本の電化製品を米国で使うには変圧器が必要では?と思う方は多いはず。

ほとんどの電化製品、変圧器なしで使えるか?と聞かれれば答えは「Yes」、使えます。
しかし、安全かどうか、壊れないかどうか、と聞かれたら答えは「No」です。

一方で日本からそのまま持ち込んで使っても問題がない、というものいくつかあります。

アメリカで変圧器、高性能で精密、消費ワットの高い電化製品には必ず必要!

日本から持ち込む家電で絶対に変圧器を通した方が良い、とほぼ断言できるのが炊飯器

特に最近のパソコン並みに高性能な炊飯器(IHなんちゃらってやつ)はもう精密機械といった感じ。
ちょっとした電圧変化で誤作動を起こしたり、最悪の場合は故障等ケースも聞いたことがあります。(100%電圧の違いが原因とは言い切れませんが)

↑これは日本のアマゾンで現在一番人気、「象印 IH炊飯ジャー 極め炊き 黒まる厚釜 ブラウン 5.5合」という炊飯器の取説に記述されていたものですが、対応電圧は100V。

また、ドライヤーを持ち込む場合も変圧器は必須。
ドライヤーは最近の炊飯器のような精密さはなく、構造は電気を熱に変えるだけの非常に単純な電化製品。そういった意味で炊飯器とは大きく違います。

ただ、1000ワット超えのものも多くあり、消費電力が大きいものほど変圧の影響を受けやすいと思われ、ショートなどの危険が高まります。

アメリカで大抵は変圧器が必要のない家電

基本的にノートパソコンに変圧器は必要ないはず。

確認する方法はアダプター部分をみること。

この東芝パソコンの場合、付属のアダプタに100-240Vに対応と書いてあります。こういった場合は変圧器の必要はなし。

というかノートパソコンのほとんど必要ないはず。
これはおそらくいろんな国に持ち運んで使うことを前提としているからだと思われますが、念には念を入れて一応アダプターの記載事項を確認することは自己責任でお願いします。

またiPhoneやAndroidスマートフォンの充電器なども基本的には100V-240V対応のはず。

ただ、日本から変圧器を持ってくるとなると重いんですよね。
特にワット数の大きいものは最低でも数キロ、という重量に。

という訳で、米国でも手軽に購入が可能な日本の家電を使えるようにする変換器を紹介。

アメリカで買えるおすすめの日本の家電用変圧器

アメリカのアマゾンで購入可能な日本製変圧器、日章工業のNDF-1500U

この並々ならぬダサさは伊達ではなく、その丈夫さ、信頼性では右に出るものはないと思います。(おそらく日本でのシェアもこのクラスでもトップなのではないでしょうか)

米国アマゾンでは他にもありますが、正直これ一択だと思います。

1500Wまで対応なので、炊飯器やドライヤーなど、大抵の家電なら問題なく変圧可能です。(ちなみに500Wくらいで充分、という場合は同じメーカーのこちらがおすすめ)

ちなみにNDF-1500Uの方は日本のアマゾンでも価格も大きくは変わりません。

ちなみにドライヤーについては高性能炊飯器に比べれば価格は安いはず。
しかも炊飯器はキッチン、ドライヤーは基本的にバスルームで使うものなので、そうなると安くない変換器が2つ必要、ということに。

なので個人的にはよほど特殊な機能がついてこれじゃなきゃダメ!というものでなければアメリカで買い替えることをお勧めします。