【2021年1月版】 アメリカで買えるAndroidおすすめSIMフリースマホ

スポンサーリンク

アメリカでのスマートフォン選び。

ベライゾンやAT&T、Tmobileと大手キャリアから買う、という方も多いとは思いますが、これらは基本的にSIMロックのかかっており、キャリアにロック解除をしてもらわない限り他のキャリアやMVNOで使うことはできません。

そのため、キャリアの販売する機種を避け、アメリカから帰国してもそのままSIMカードを入れ替えて使えるSIMフリー(SIMアンロック)スマートフォンが良い、と考えている方も多い模様。

ただ、iPhoneとことなりAndroidは機種も多くどれがよいのか分からない、という声も良く聞こえてきます。

というわけで、今回はアメリカで販売されているおすすめのSIMフリーAndroidスマートフォンをまとめてみました。

なお、ここで紹介するのは2020年1月時点でのもの.

おすすめ500ドル以下のSIMフリー/格安スマホ

最近のAndroid SIMフリーモデルでは3~4万円も出せば日常使用には全く問題ないレベルの機種がたくさんあります。

ハイエンドモデルを4~5年も使うよりも、最新のミッドレンジに1~2年で買い替えた方が良い場合もあります。

Pixel 4a

価格:349ドル

Google純正スマホ、Pixelの2020年モデルで、最近では逆に珍しくなってしまったが5インチ台(5.81インチ)のディスプレイを搭載。

Pixelシリーズは最新のAndroid OSが最速で提供され、OSのアップデートサポート期間も他のAndroidスマートフォンより長いと言う特徴があります。

また、Pixel 4aのカメラはこの価格帯のモデルとしては非常に評価が高いので、カメラ性能+価格、そして携帯性・持ちやすさで選ぶのならばこの機種一択だと思います。

Pixel 4a 5G

価格:459ドル

Pixel 4aは4G通信なのに対し、このPixel 4a 5Gはその名のごとく、5G通信に対応しています。

また、通信規格だけでなく、搭載CPUもワングレード上(SD765G搭載)なので、全体的に性能に余裕があります。

カメラもPixel 4aが単眼なのに対し、このPixel 4a 5Gはメインカメラと超広角カメラのデュアル仕様となっており、風景写真などを良く撮る方には超広角はかなり利便性が高いと言えます。

ディスプレイサイズは6.2インチとPixel 4aよりは一回り大きくなっていますが、重量は168グラムと同クラスの他機種と比べるとかなり軽め。さらにバッテリー持ちの良さにもかなり定評があります。

大きめの画面、そして5G通信モデルの入門機としては最適だと思います。

Moto G Play | 2021

価格:169.99ドル

モトローラが展開するミッドレンジラインナップ、motoシリーズのひとつ、moto g play 2021。

大手メーカー製で米国で正式に売られている最新機種の中では最も安価なモデルの一つだと思います。

ただ、搭載チップはローエンド向けのSnapdragon 460と、処理能力不足の感は否めません。
よって、ゲームなどをする方には向かないかも。

一方、バッテリーは5000mAhとかなりの大容量ですが、その分端末は200グラム超えとちょっと重いという欠点もあります。

ただ、カメラは100ドル台のスマホとしてはかなり良く出来ているという印象。

長期間使う予定がない、スマホではLINEなどでのメッセージのやり取りやウェブブラウジングくらいしかしない、という方にはお勧めです。

Moto G Power 2021

価格:199.99ドル/249.99ドル

5000Ahバッテリーを搭載の電池持ちを重視したモデル。

また、CPUにはMoto g play 2021よりも高性能なSnapdragon 662を採用しており、よほどの高負荷のかかる動作でない限り、マルチタスクも特に問題ありません。

ストレージも32GB/64GBが用意されており、指紋認証センサーは側面に搭載。
これについては背面の方が使いやすい、という方も多いので、どちらが良いかは微妙です。

全体的なバランスも良く、非常にコスパの良い機種だと思います。

Galaxy A51 5G

Galaxy A5Xシリーズは5万円前後のミッドレンジモデルでは世界で一番売れていると言われています。

Galaxy A51 5Gはクアッドカメラ搭載でストレージ容量も128GBとミッドレンジとしてはかなり余裕があります。

また、バグや不具合の報告も非常に少なくかなり安定した機種という印象。

大きめの画面でミッドレンジでもちょっとしたゲームなどをスムースにプレイしたい、といった方にお勧めです。

おすすめハイエンドSIMフリースマホ

Xperia 5 II

ソニーのαカメラの技術を移植したPhoto ProやCinema Proはカメラ好きにはたまらないかも。
他のスマートフォンのカメラではできない細かな調整などが可能です。

ただ、標準のカメラアプリに関してはライバルフラッグシップに評価で劣っている部分もあるので、簡単に良い写真を撮りたい、という方にはすこしおすすめできない部分も。

一方、バッテリーをバイパスして電源供給が可能なHSパワーコントロールはXperia 1 II/5 IIのみの独自機能でかなり評価が高いようです。

ゲームなど高負荷の動作を頻繁にすると言う方で、バッテリーの劣化などを防ぎたい、という方には非常におすすめな機種です。

Galaxy S21 Ultra

クアルコムの最新ハイエンド向けチップ、Snapdragon 888を搭載したモデル。

カメラ性能から処理速度まで、現行でこの機種以上のものはないと思います。

既存最高の性能、スペックのAndroidスマートフォンを求めるのであればこの機種以外に選択肢はないと思います。

なお、このモデルには兄弟機種、Galaxy S21やGalaxy S21+もあり、価格はこの「Ultra」よりかなり安め。
ただ、カメラ周りの仕様が全くと言って良いくらい異なるので、カメラ性能重視、という方はやはりこのUltraがおすすめです。

なお、ここで紹介している機種はすべて米国で正式に販売されている国内保証付きのモデルです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました