アメリカでクリスマスカードを作成して送る方法 オーダー方法/送る時期など

スポンサーリンク
サンタクロースが手紙を読んでいる図
サンタクロースが手紙を読んでいる図

さて、秋の大イベント、サンクスギビングデーも終了しました。
・・・となると街は一気にクリスマスムード。
急いでクリスマスの準備をしましょう!

というわけで、今回は「アメリカでクリスマスカードを作成して送る方法 オーダー方法/送る時期など」を紹介します。
(※各価格等は2023年11月現在のもの)

★こちらも合わせてご覧ください。
クリスマスまでにしたい10のこと。アメリカらしいクリスマスを過ごす方法。

クリスマスカードはいつ送る?

例えば、日本では年賀状は、1月1日に到着するように送りますよね。
となると、クリスマスカードは12月25日に到着するように送る?
これ、ハズレ。

アメリカでのクリスマスカードはサンクスギビングが終わった頃から12月上旬に出すのが定番。そうです、クリスマスよりも早く着くように送るのです。

そして、クリスマスよりも早く届いたカードは、どうすればいいか?
それは、家や職場のデスクに飾って、眺めながらクリスマスを迎えてください。暖炉があるお宅では、暖炉の上に飾っても素敵ですよね。

クリスマスカードを準備する

クリスマスカード
※写真はWalmart HPから

では、早速クリスマスカードを準備しましょう。

カードは見開きタイプが定番ですが、最近では長細いデザインとかいろいろあるので、お好きにどうぞ。WalmartやCVS、本屋さんなどで売っています。

クリスマスカード
クリスマスカード

Doller treeなどの$1ショップも意外では、数枚セット(封筒もついてるよ。なんとこれは16枚入り!)が$1で売っているときもあるので、お得です。

一方で、写真をカードに印刷したものを用意したい場合には、オンラインオーダーがおすすめです。
幾つか有名なサイトを紹介します。


Vista Print
4″ x 8″ Flat 20枚で$8.35と比較的安く、デザインも多いです。
ここ、おすすめですよ!



Costoco
5×7 Stationary greeting card 25枚で$16.49
6×7.5 Photo Greeting cardなら50枚で$13.99.更には翌日ピックアップ可能と早くてお得!
でも、メンバーでないと利用できません。。私、メンバーではないので、、、、使ったことがありません、残念。
 ※Costcoのカードオーダーをクリックすると、下に紹介するShutterflyのサイトに移動するようになっていました。Costco独自で印刷などは行わなくなったのかもしれません。


Shutterfly
Shutterfly

Shutterfly
少し高めですが、デザインが豊富です。
友達から送られてくるカードの半分ぐらいはShutterflyからかな。

観音開きタイプ

外側に印刷がされていて、観音開きのように開いた内側にも印刷されているデザインのカードもありました。珍しいデザインなので、おすすめです。
また、時間がないときには封筒に自分の住所なども書いてもらうサービスも別料金ですがあります。



Walgreens
PhotoCards 20枚 $24.8~

CVS
Flat Photo Cards 40枚 $43.6~

Walgreens やCVSは、店舗が近くにある場合には、ピックアップを店舗ですると送料がかかりません!また、オーダーする前には、○%オフになるコードが出ている場合があるので、必ずチェックしましょう。

写真を撮る

順序が逆になってしまいましたが、子供がいる場合には、近況報告も兼ねて子供の写真をカードに印刷する方が多いですよね。

クリスマスカードには、特にこれ!といった決まりはありませんが、クリスマスツリーをバックに家族写真を撮ったり、クリスマスシーズンになると近くのデパートやモールに出現する、サンタクロースと写真を撮ったものを、カードに載せる人も多いです。

・・・でも、サンタクロースと子供の写真は、初めての場合は特に、子供が号泣して、うまくいかない場合が多いです。でも、アメリカっぽいので、ぜひこの機会に写真を撮りに行ってみてください。

メッセージを書く

メッセージはMerry Christmas!と「どデカく」書きたいところですが、丁寧に、クリスマスのお祝いと共に、送った人の幸せや健康を祈るメッセージを書くのが礼儀です。

・Wishing You A Very Merry Christmas From Our Family To Yours. (素敵なクリスマスを、、私たちからあなたたちへ。)

・Happy Holidays, From Our House To Yours. (ハッピーホリデーとなりますよう、私たちからあなたたちへ。)

・Wishing you joy, peace and good health this Holiday Season. (このホリデーシーズンに、幸せ、平和、健康の祈りをささげます。)
などといった言葉が定番です。

もちろん、定番の文章だけでなく、心のこもった一文を添えることをお忘れなく。

切手にもこだわる

Christmas stamps
Christmas stamps
Christmas Carols
Christmas stamps

さて、この季節には、クリスマスらしい切手が発売されます。郵便局でクリスマスっぽい切手ありますか?と聞くと、いろいろ出してきてくれます。
USPS店頭でも切手は購入することができますが、オンラインでも購入可能です。

アメリカ国内用の封書は(規定サイズ、重量内)上の写真のような切手Forever stampが$0.66です。


また、日本へ送る時の封書は(規定サイズ、重量内)だと、Global Forever Stampが$1.5です。

切手を買いに行ったら、こんなポインセチアのGlobal Forever Stampがあるわよ、と紹介されました。日本などに送るときに良いですね。


なお、封書の規定サイズは、濃いグレー~薄いグレーのサイズと、とにかく意外と大きいです。普通に購入したり、オンラインでオーダーしたカードは、規定サイズだと思いますので、安心してください。

また、住所の書き方こちら(アメリカの郵便局、USPS郵便の基本を参考にしてください。

今日、ようやくオーダーしたカードが届いたので、どんどんメッセージなどを書き込まなきゃ!我が家では、年賀状を廃止し、クリスマスカードをアメリカ・日本の友達や家族に送ることにしています。忙しい季節ですが、一年の締めくくりとして、がんばりましょう。

アメリカの祝日・イベント
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
シェアする
americakifejapanをフォローする
スポンサーリンク
アメリカ生活羅針盤

コメント

タイトルとURLをコピーしました