アメリカの3月17日のセントパトリックスデーとは?

アメリカの3月17日のセントパトリックスデーとは?


3月17日はセントパトリックスデーです。
パレードなどのイベントも多いこの日。
町中がグリーン一色に染まります。
ん?でも、なんでグリーンなんだろう??
ん??なんでクローバーなんだろう???と思う人も多いことでしょう。

そこで今回は、その「セントパトリックスデーについて」紹介しようと思います。

セントパトリックスデーとは?

3月17日はアイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックの命日です。
そこで、その聖パトリックの功績を讃えて制定された日が、セントパトリックスデーです。
聖パトリックは、432年から461年に他界するまで、アイルランド中を旅しながらキリスト教を広め、各地に修道院・学校・教会を建てたそうです。
アイルランドでは祝日となっており、アイルランド系の人が多く暮らすアメリカやオーストラリアなどでも、セントパトリックスデーは盛大にお祝いされています。

グリーンがシンボルカラー

セントパトリックスデーが近くなると、アイルランドをはじめいろいろなところで緑色をテーマカラーにしたイベントが催されます。
しかし、なぜ「グリーン」がセントパトリックスデーのシンボルカラーなのでしょうか。

「Ileland」の画像検索結果
※写真はnationalgeographic.comから

一つ目の理由は、アイルランドが緑が多いとても美しい国で、国のシンボルカラーがグリーンだからです。

二つ目の理由は、聖パトリックは布教の際にキリスト教の三位一体を説明するために葉が3枚に分かれたシャムロック(クローバー類のこと)を用いたことから、セントパトリックスデーのシンボルとして、グリーンのシャムロックが使われています。

セントパトリックスデーには、だからグリーンのもので町中埋め尽くされるんですね。

アメリカのセントパトリックスデーは?


※写真はchoosechicago.comより

アメリカのセントパトリックスデーとしては、シカゴのシカゴ川を緑色に染めた風景は有名でユニーク。※でも染まっているのは数時間だけだそうです。
またシカゴ市警察では着用する警察バッジを“緑の三つ葉”入りの特別な物にするそうです。

Green-Guinness
※写真は2ndvote.comより

この日には緑色のビールを飲んだり、アイルランド料理を食べたりして盛り上がります。
写真のギネスビールはアイリッシュビールの1つで、この日にはお店によってビールがこのようなグリーンカラーになるかもしれません。※味は同じそうですが。

この日のファッションは?

町中がグリーンに染まるこの日、パレードを見に行ったりする時には、どんなファッションで盛り上がればいいのでしょうか。

◎妖精レプラコーンの帽子

Leprechaun ill artlibre jnl.png
アイルランドの話に登場する妖精レプラコーン(Leprechaun)をイメージして、グリーンの帽子をかぶる人が多いです。
レプラコーンはいたずら好きな妖精で、うまく捕まえれば黄金のありかを教えてくれると信じられているんですよ。

◎三つ葉のクローバー

また、三つ葉のクローバーがモチーフになったものを身に着けたりします。


Disney Mickey Mouse St. Patrick’s Day T Shirt

このTシャツ発見!さりげなくて、良いでしょ~!
長袖に重ね着でもして、息子の学校用に購入です。


Dark Navy Blue with Green Shamrock Design Tie

この日は、さりげなくこんなネクタイをしたり、シャムロックのピンを刺したりしておしゃれしている人も多いですよ。

ちなみに、マンハッタンのセントパトリックスデーパレードは、とても盛況ですが、町中はいたるところでお酒の匂いがします。お酒を結構飲んだ人が街を歩いていたり、街角で騒いでいるので、トラブルも多そう。
結構街も混みますし、特に子供連れの方は、ご注意くださいね。