アメリカ コロナ簡易検査キットの使いかた

スポンサーリンク

先日、息子に風邪のような症状が出たため、コロナの簡易検査キットを使用してみました。
会社によっては毎日検査キットで確認しなくてはいけないところもあるようですし、これからもう少しコロナは続きそうなので、不安な時にサッと調べれるようにしておくと良いと思います。

そこで、今回はコロナ簡易検査キットとは、使用方法は?を紹介します。

コロナ簡易検査キットとは

ワクチン接種、マスクをすること、物理的距離を置くことと並んで、COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2を広める機会を減らすためのリスク軽減策としてコロナ検査はとても有効です。

セルフチェックは、自宅や外出先で簡単に受けることができ、結果は早いものでは15分、検査機関に送っても24時間~2日ほどですぐに出ます。

自己診断結果が陽性であれば、ウイルスが検出されたことになり、感染の可能性が高いので、10日間自宅待機または隔離、屋内の集まりを避けて、他の人に病気を広げるリスクを軽減する必要があります。

自己診断の結果が陰性であれば、検査でウイルスが検出されず、感染していない可能性がありますが、絶対に感染をしていない、というわけでもありません。少なくとも24時間以上の間隔をあけて、数日以内に検査を繰り返すことで、感染していないことの確信を得ることができます(CDCガイドラインはより。こちら

自宅でテストできるキットには、PCRテストRapid抗原検査とがあります。

PCR テスト

PCR検査の場合、鼻や唾液からサンプルを摂り、その中のコロナウイルス遺伝子が少量でも検出できるように、遺伝物質を増幅させます。これには熟練した検査技師と特別な装置が必要で、さらに増幅プロセスには開始から終了まで1時間以上かかることもあります。病院の研究所といった比較的大きい施設でのみがPCR検査を実施することができるため、小さな病院や薬局でサンプルを採取した後には郵送でPCRができる専門機関に送り、データーを待つ、という流れになっています。

ですので、PCR検査は高感度で正確な検査が可能ですが、結果までに比較的日数がかかり、検査費用も100ドル以上と決して安くはありません

Amazon COVID-19 Test Collection Kit DTC

しかし、キットを使用すればサンプルを自宅で採取し、そのサンプルを検査機関へ郵送、検査機関はサンプルを受け取ってから1-2日で結果を出してくれます。さらに費用も抑えることができます。

ここ1-2週間、私の住むNYでは感染者数の急増と比例して、PCR検査を行う人がとても多く、街角のUrgent careといったウオークインの病院は長蛇の列ができています。検査までに5-6時間並ばなくてはいけない、とも言われているので、こういったキットを使用することで、並ぶ時間などを省略することができます。

Rapid抗原検査

iHealth COVID-19 Antigen Rapid Test, 2 Tests per Pack
Amazonで一番売れているキットです。

Rapid抗原検査は約15分程度で結果がわかる迅速な検査です。
体内の抗原の有無を調べることで、COVIDの感染を検出します。

使いかたが非常に簡単で、どんな人でもどんな場所でも検査や結果を確認することができます。結果が出るのも早く、費用も比較的安価で1回あたり10-15ドル程度です。

しかし、体内に大量のウイルスがある場合には抗原検査はとても正確ですが、感染初期の体内に抗原が多く含まれていない場合にはCOVIDの初期症例を見逃してしまうことがあります。
つまりすでに症状がある場合に、有効な方法だと言えます。

実際にRapid antigen testsを使ってみた

では、実際に息子にCOVIDと思われる軽い症状が出たので、 Rapid抗原検査を使ってみたので、その方法を紹介します。

緊急ということもあり、何軒か廻った後にようやくCVSで見つけたこの商品を購入しました。
1人6箱までの購入制限がされていました。
1箱約$10です。

箱の中には(左から)
検出プレート、鼻をぐりぐりとして検体を採る棒、液体の入ったチューブ、取り扱い説明書が入っていました。

さて、早速検査をします。

液体の入ったチューブのキャップを開けて

綿棒のようなこの棒を袋から出します

この説明書のように、子供の鼻の奥に綿棒を入れて、ぐりぐりとします。

チューブに刺して、液体に浸しゴリゴリとして液体に検体を抽出させます。

その液体を検出プレートのSの箇所に4滴、垂らし、15分待ちます。

が、ものの30秒でラインがでました。
Cはこのテスト自体がうまく行っている時に出るライン。
Tはポジティブだとラインが出ます。
見事に陽性反応が出ました。
急いで学校の先生と保健室の先生にメール連絡。10日間に自宅待機になります。

残念ながらもうしばらくこういった生活が続くかもしれません。
ですので、こういった簡易キットを用意しておくと、いざという時に助かりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました