アメリカで手軽に買える人気のリップクリーム・リップバーム9選 レビュー

スポンサーリンク

さて、乾燥が激しい季節がやってきましたが、うるおい強化してますか?!
今回はアメリカで人気の「リップクリーム・リップバーム」を紹介します。

化粧品屋さんなどでは、いろいろな化粧品ブランドから出た高級なリップクリームがたくさんありますが、今回は最寄りのドラッグストアーやスーパーで手軽に買える商品を紹介しています。

そうそう、アメリカではリップクリームのことをリップバームと言います。なので、商品名はリップバームですが、説明の時にはリップクリームと言わせていただきます。

私は唇が少し荒れやすく、また口紅やリップによっては、逆に荒れてしまう肌質を持っています。そんな私の辛口かもしれないレビュー付きで紹介します。
お気に入りの一品を見つけてください。

※人気の10品は、Amazon 2018年11月1日現在の売り上げ、レビュー数、★の数、ドラッグストアーで見かけたことがあるか?などを理由に選びました。

★2018年11月11日 追記あり

自然派で低価格①Burt’s Bees 100% Natural Moisturizing Lip Balm

カサカサリップにおすすめ ★★★/3点中

Burt’s Bee 100% Natural Moisturizing Lip Balm, Beeswax, 2 Tubes in Blister Box

アメリカで人気のBurt’s Bee.
低価格で自然派、保湿力も高いので人気です。
いろいろなドラッグストアー、スーパーでコーナーが設けられていて、基礎化粧品、化粧品、歯磨き粉など幅広い商品があります。

※Burt’s bees バーツビーズ については、こちらにまとめてあります。

そんな幅広い商品の中でも、ダントツに人気なのはリップバームです。
1本2-3ドル程度とお手頃価格で高品質なことから、Amazonリップバーム部門でも人気Best3には常時入っています。

これは、ビーワックスがベースになったリップクリームで100%天然成分で作られています。蜜蝋の保湿力の高さも魅力的ですが、パラベン、フタル酸エステル、ワセリン、SLSなしで配合されている点もうれしいポイントです。

人気ラインということもあり、上の写真のようにたくさんの種類のリップバームが出ていますが、中でも前列一番左のシンプルなBeeswax lip balmが売れ筋です。ペパーミント配合です。

また、とても安いので、数本入りのものを買って、車に1個、キッチンに1個、バスルームに1個などといろいろな場所に置いたり、まとめ買いをして職場などへお土産にしても良いですね。そして、とてもシンプルな材料なので、リップ以外でもピンポイントで肌が乾燥した場所、例えば鼻の周りとかにシュッと塗る人もいるようです。

レビュー

私は、ずーっと使用している商品なのですが、ちょうど使い終わったのでいくつか他社のものを試してみようと、この記事を書いています。
というわけで、Burt’s Beesの写真がありません。ごめんなさい。

蜜蝋のせいか少し固めなリップクリームです。なので、唇に伸ばすときに若干引っかかります。しかし、唇に塗るとしっかりとカバーされている感じがします。
それが重たい、と感じる人もいるかもしれませんが、私はこのちょっと野暮ったい感じが好きです。

その後、瞬時にウルウルにはなりませんが、しばらくすると唇は自然なうるおいで、シャキッとします。
また、こちらでも書きましたが、このメーカーでは私は唇が荒れません。こまめにリップを塗ると逆に唇が荒れる商品もあるのですが、これは何度もこまめに塗っても大丈夫。敏感肌の人でも安心して使えます。

種類は一番人気のBeeswax lip balmを使っていましたが、ほのかなペパーミントさが意外と癖になる商品です。甘ったるいキャンディーのような香りがするクリームではありません(ペパーミント以外はわかりませんが、 pomegranate flavorも人気らしいです)。

自然派商品が好きな人におすすめです!

日本のメンソレータムみたいな位置づけ②Blistex Medicated Lip Balm

カサカサリップにおすすめ ★★/3

Blistex Medicated Lip Balm SPF 15, 3 Count

Blistexは1947年創業のスキンケアブランド。リップケア商品は創業当初からの主力商品です。
というわけで、リップバームもたくさん売られていて、上の写真のMedicated Lip Balmや

Blistex Lip Medex, 3 Count

このLip Medexをドラッグストアーでよく見かけます。
私は指で塗るタイプが好きではないので、スティックタイプのMedicated Lip Balmを試してみました。

レビュー

キャップを開けると、ミント系の歯磨き粉っぽいスーッとした香りがします。
香りはきつくはありませんが、塗っても1-2分ぐらいは香ります。
私には嫌な香りではありませんが、歯磨き粉っぽい、、、と気になる人がいるかもしれません。

テクスチャーとしては、硬すぎず、柔らかすぎず。塗り心地としてはちょうど良いです。
唇に塗るとすぐに唇がうるおい、柔らかくなりました。これなら唇がかなり乾燥しているときや、ひび割れしているときでもスーッと伸びて潤うと思います。
なんとなく日本のメンソレータムみたいな硬さと塗り心地な気がします。
しかもとっても安いです。そういうこともあってか、このリップはどこでも売っており、アマゾンでもリップ部門で1位です。SPF15なのもうれしいですね。

★2018年11月11日 追記

かなり唇が荒れてしまったので、Blistexを使ったところ、唇が少しめくれていたところにもスーッとうまくなじんで、使いやすかったです。

小さなケースがかわいい③Vaseline Lip Therapy Lip Balm Mini

カサカサリップにおすすめ ★★/3

Vaseline Lip Therapy Lip Balm Mini

とっても小ぶりなパッケージがかわいいこの商品は、手荒れクリームでも有名なVaselineの商品。Vaseline wonder jellyというベースオイルとワックスから作られた純度の高いワセリンから作られているので、乾燥をすばやく修復し、保湿をキープしてくれます。
Vaselineの商品は、National Eczema Associationに認められ、医師も推奨しています。

レビュー

※写真はAmazonから。

こちらも以前使ったことがあるのですが今は持っていないので、写真はありません。
とっても小さいパッケージで、持ち運ぶのに最適です。

少し脂っこいかな?という印象ですが、指に取るととっても柔らかいクリームなので、唇にはスッと伸びます。
オイリーでテカテカするのですが、夜寝る前に塗ると朝プルプルになっているので、リップマスクとしての使い方がおすすめです。

私は手でつけるのが苦手だけれど、小さなケースがかわいくて好きでした。

ユニークな丸いパッケージ④eos Visibly Soft Lip Balm

カサカサリップにおすすめ ★/3

eos Organic Lip Balm Sweet Mint

パッケージがとてもかわいいこの商品。


コロコロしたリップバームは、このOrganic Lip Balm以外にもたくさんあり、お気に入りのカラーを選ぶだけでも大変です!

このEOS社は2006年創業のニューヨークにある会社です。ユニークな形のリップバームがうけて、現在ではリップバーム以外にも、ハンドローション、ボディーローションなども手掛け、世界18カ国で商品が展開されています。

このリップバームは、オーガニックで天然素材100%から作られています。皮膚科医がテストしたアレルギー性の低い商品で、パラペン・ワセリンは入っていません。ビタミンEが豊富な、形がかわいいだけじゃなく、中身もしっかりした商品です。

レビュー

コロンっとしたかわいいこちらのパッケージ。


へこんでいる箇所があるので、そこをパカッと開けるのかな?と思ったけれど、、、、


ひねって開けるタイプでした。
開けると、ユニークな卵型

。。。でも実際に塗ってみようと思うと、唇に当てる箇所が大きすぎてなんだか変な感じがします。まあ、すぐに慣れるんでしょうが。

塗ってみるとクリームはとっても軽く薄く広がり、サラーっとしています。でも、すぐに唇がしっとりと柔らかくなるのがわかります。
塗って少しするとほのかにスーッとします。香りも薄いので、嫌な感じはしません。
いろいろな香りがあるので、何色か買う人が多いそうなのですが、それも納得です。

ただ私には、なんだか少しすると唇がふやけるような気がして、落ち着きません。
基本的に硬いクリームが好きだからでしょうか。それともワックスフリーなのが、不慣れだからでしょうか?

かわいいパッケージですし、日本へのお土産にも良いですね。

★2018年11月11日 追記

風邪をひいたためか、かなり唇が荒れてしまったので、リップクリームを再度、幾つか試してみました。EOSは荒れた唇にもよく伸びるので使いやすかったですが、やっぱりクリームが薄い気がして、ひと塗りでは唇がしっとりしませんでした。

⑤Dr. Bronner’s Organic Lip Balm

カサカサリップにおすすめ ★★★/3

Dr. Bronner’s Organic Lip Balm set

こちらにも書きましたが、Dr. ブロナー好きの私としては、リップバームもやっぱりおすすめです。
オーガニックの蜜蝋、ホホバオイル、アボカド、ヘンプオイルにエッセンシャルオイルが加わっただけのシンプルな商品。合成成分が含まれていないので、敏感な唇の人におすすめ。
唇だけではなく、ちょっと乾いた手や指先、指でちょっととってチークや目じりに、、、と乾燥したな、と思った様々な場所に使用できます。

レビュー

よくあるスティックタイプのリップクリーム。
クリームは硬すぎずちょうどいい柔らかさで、唇に塗るとふわーっとクリームが広がります
薄すぎず濃すぎず、しかもちゃんとカバーされている感もある。香りはすこしだけで、人工的な香りではありません。私はクリームのうるおい自体も比較的自然な感じがすることと、香りが自然なので気に入りました。

こちらもお手頃価格なので、日本のお土産にもおすすめです。

値段の割に結構良い ⑥Chap-Ice

カサカサリップにおすすめ ★★/3

Chap Ice Assorted Lip Balm + Display Box – 24 pack

1880年ヴァージニア州リンチバーグの医師・薬理学者のチャールズ・ブラウン・フリート博士が作り出したリップクリームがもともとの製品で、今では世界中で販売される商品となりました。
日焼け止め成分が入ってるものや、保湿が○○時間持続!とうたわれている商品もあり、商品は多岐にわたります。
また、価格がかなりお手頃上の商品は、24パックで約$10(2018年11月5日現在)。
1本が50セント弱なので、お土産に最適‼

★レビュー

カバンの中で永い間転がっていたので、ガサガサのラベルになってしまったChap Stick(きたなくてすみません). はははっ。

よくあるリップのカラーです。すこーし甘い香りがします。

塗ると柔らかくて濃厚なクリームが唇をカバーします
ギトギトしているわけでもなく、値段の割に結構いいです。
オーガニック系ではありませんので、個人的に甘い香りが人工的なのがちょっといやですが、よくあるリップクリームとしては、充分だと思います。

柔らかくてスムーズ⑦Carmex Original Flavor Moisturizing Lip Balm

カサカサリップにおすすめ ★/3

Carmex Original Flavor Moisturizing Lip Balm Tube

1930年代初めにウィスコンシン州で作られました。
1988年に製造を開始したチューブタイプが人気で、1993年には、Carma Labsがリップクリーム市場の9%を占めたそうです。
現在では、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、アジア、アフリカで販売されています。イチゴやチェリー味も人気です。

レビュー

こちらも以前使用したことがあるので、写真なしですが書きますね。

チューブタイプがかわいいので、使ったことがあります。ちなみにチェリー味でした。
チュルっとかなり柔らかいクリームで、指で伸ばすのも簡単です。
ひび割れしているときなどはとっても便利ですね。
ただかなり薄く、唇が傷んでいるときは何度も塗らないとすぐに乾燥してしまいました

チェリー味は、すこぶる人工的な味です。
キャップを外すとクリームがどばっと出てしまうことが多く、私はもう買うのをやめました。

濃厚で持続性高い⑧Palmer’s Cocoa Butter Formula Swivel Stick

カサカサリップにおすすめ ★★★/3

Palmer’s Cocoa Butter Formula Lip Balm


こちらPalmer’sブランドは、妊娠した時のおなかのクリームで有名です。
パッケージを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

E.T. Browne Drug Companyは19世紀半ばから続くNJ州にある企業です。
その中の Palmer’s Cocoa Butter Formula シリーズ(上の妊娠時のクリームや今回紹介するリップクリームも含みます)は主力商品で、80か国以上で販売されており、ココアバターのブランドとしては世界1位です。

レビュー

今回試したスティックタイプは、下のくるくる回すところが一部だけ出てるデザイン
デザインとしてはユニークだけど、使いにくいなあ。。。

そして円柱ではなくて、楕円柱。これもちょっと慣れていないので、変な感じ。

じつは私、ココアバター系の商品、苦手なんです。
元々香りが強い商品が好きではなく、また特に甘い香りが苦手なので、ココアバター、、、、どうしましょ。と思いながら、レビューが結構いいのでいざ挑戦!してみました。

確かにキャップを開けてすぐにココアバターの良いかおりが。
うーん、甘い香りって、、、、ちょっとおいしそうで、リラックス効果は高そうです。
そして、塗ってみると一瞬硬いかな?と思いますが、唇に当たった瞬間からスーッと柔らかくなって、クリームはきれいに唇に広がります濃厚な状態で唇をカバーしてくれますが、同時にさらにココアバターの香りがガツンっと香ってきます。
クリームはしっかりカバーしてくれ、さらに一気に唇をみずみずしく潤ってくれます。
比較的、持続性が高く、これ、意外と気に入ってしまいました。(でもやっぱり私は香りが気になりますけど、、)
ビタミンEが豊富で、唇ケアとしての効果も高いと思います。SPF15です。

★2018年11月11日 追記

荒れた唇にもよく伸びるので使いやすく、クリームもしっかりと唇につき、カバーしてくれる気がします。これを2-3度塗っていたら、唇が落ち着いてきました。

パッケージがポップ⑨Maybelline New York Baby Lips Moisturizing Lip Balm

カサカサリップにおすすめ ★/3

Maybelline New York Baby Lips Moisturizing Lip Balm, Cherry Me

これはパッケージがNYっぽいデザインで、ポップなカラーが素敵な商品。
マスカラなどで有名なメイベリンがリップバームも出しています。
といっても、やっぱりメイベリン。
ちょっとカラーが入ったリップクリームに仕上げています。
※カラーなしもあります

レビュー

こちらNo.15のCherry meを試してみます。
結構強いピンクのこちら。

ティッシュペーパーにサッと描いてみると
うーん、やっぱり強いピンク。

でも、肌につけると、、、薄いんです。
こちら、見た目よりは断然薄付きで、唇に塗ってもちょっとピンクかなーという程度。
ちょっとそこまで~といった買い物のとき、さっと塗ると少しだけ顔が明るく見えるかな?

でも、問題は、むちゃくちゃ匂いが甘い!
キャップを開けた瞬間から、塗ってだいぶ時間がたつまで、ずーっと香る甘さ。
小学生ぐらいの子だったら、その甘い香りとちょっと色が付くリップクリーム、ってことで喜んでくれる気がします。

色付きリップクリームだったら、Burt’s BeesのTinted Lip Barmの方が断然好きだなー(こちら)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました