アメリカにいるなら絶対食べて!レストランBuffalo wild wings でバッファローウイングを食べよう

アメリカにいるなら絶対食べて!レストランBuffalo wild wings でバッファローウイングを食べよう

こちらの記事(アメリカに来たならぜひ食べてほしい おすすめアメリカ料理)でも書いたのですが、アメリカらしい料理といえば、、、、の一つに”バッファローウィング”というチキン料理があります。
そのバッファローウィングで有名なレストランの一つBuffalo Wild Wingsに先日行ってきたのでレストランBuffalo Wild Wingsとバッファローウィングについて」紹介しようと思います。

バッファローウィングとは?

※写真はWikipediaより

バッファローウィングは、ニューヨーク州バッファローで1964年にテレサ・ベリッシモによって発明されました。
チキンウイング(手羽先)を揚げた後、ビネガーベースのカイエンペッパーホットソースと溶かしバターからなるソースを絡めたもので、箸休めとディップソースとしてブルーチーズドレッシング、セロリとニンジンのスティックを添えるのが定番です。

現在では、様々なレストランやピザ屋などで、バッファローウィングは提供されており、同時に様々なオリジナルソースが作られています。「ボーンレスウィング」という骨なしのチキンも登場しています。

基本的に辛いチキンウイングは、ビールが進む最高のおつまみ。
ということもあって、アメリカ最大のイベントの一つスーパーボール」の週末には、アメリカ全土でなんと13.8億本のチキンウイングが消費されたそうです。これは、アメリカにいる人全員が一人4本のチキンウイングを食べたことになり、それらは地球を軽く3周する量になるそうです(The National Chicken Council 2018)。
多くの人がたくさんチキンウイングを食べているんですねー。改めて驚きです。

レストランBuffalo Wild Wingsについて

レストランBuffalo Wild Wingsは、1982年のオープン以来、アメリカ、カナダ、インド、メキシコ、オマーン、パナマ、フィリピン、サウジアラビア、 アラブ首長国連邦、ベトナムへと展開するダイニングレストランとスポーツバーのレストランです。
アメリカでは、50の州とDCで1238店舗を展開しています(2017年6月時点)。
B-Dubsというニックネームで呼ばれています。

ここでは、バッファロースタイルの12種類以上のソースが選べれるチキンウィングが有名ですが、その他に前菜、ハンバーガー、タコス、サラダ、デザート、ビール、ワイン、その他の飲み物もあります。

レストランには、たくさんのテレビやスクリーンがあって、それぞれ様々なスポーツが放映されています。この写真の位置はテーブル席ですが、カウンター席、2階席もありました。
テレビのほかにも音楽も流れていて、かなりザワザワしており、まさに”スポーツバー!”
ちょっと暗い雰囲気、ザワザワ感が、子育て中の私には軽い夜遊び気分で、ワクワクしてしまいます(でも、今は夕方5時、そして子連れです)。

スポーツバーっぽくビールなどもありますが、健全なレストランなので、子連れ家族も多いですよ。

さて、早速チキンウイングをオーダーしましょう。

チキンウイングは全部で3種類。
Traditional Wings(トラディショナルウイングス): 骨付きチキン
Boneless Wings(ボーンレスウイングス):骨なしチキン
Traditional & Boneless Combo(トラディショナル&ボーンレスコンボ):骨付きと骨なしのミックスセット。ポテト、コールスロー、野菜スティックも付いています。

ボーンレスは骨なしチキンで、そのほうが安いのですが、”チキンウイング”といえば”骨付き”です。
手羽先といえば、骨付き、と同じですね。
なので、私は骨付きにします。

では次に本数を選びましょう。
写真はSmall の9本です。
今回は大人2人子供1人で行ったので、Medium(14本)をオーダーしました。

では、チキンに絡めるソースか、振りかけるパウダーを選びましょう
ミディアムサイズの場合は、3種類まで選ぶことができます。
ソースの辛さは、MILD、MEDIUM、HOT、WILDと辛くなっていきます。

さてさて、パウダーやソースの種類が多すぎて、旦那と一緒にオロオロしてしまいました。
考えても全然決まらないので、ウエイターさんを呼んで相談。
Honey BBQ(Medium)、Mango Habanero(Wild),Buffuro Mild(Mild)の3種類にしました。

Wild ソースのBlazinにしよっかなー?っとウエイターさんに言ったら、”死ぬぞ、やめておけ(笑)”と言われたので、それよりマイルドだ、とウエイターさんがいうようにMango Habaneroにしてみました。

ちなみに、ランキングではMild,Thai Curry,Honey BBQあたりが人気です。

そして最後に添えるDipや野菜スティックを選んでください。
個人的に、辛いチキンウイング、ブルーチーズ(のディップ)、セロリとニンジンのスティックは絶対必須アイテムです!
ということで、Blue Cheese、Carrots, Celeryを注文しました。

食べてみた

店内が暗く、フラッシュライトが嫌だったので、がさつな写真になってしまって、申し訳ありません。

こんな風に、学校給食のプレートみたいなトレーにガサガサ~とチキン、セロリ、ニンジン、ディップがのって、運ばれてきます。

端には味付けのシールが張られているので、よーく見てチキンを手に取ってください。

さて、味ですが。
チキンおいしい~~~!!!!
ソースがしっかり絡んでいて、そして外はパリパリ。
中はジュワっと、とにかくおいしい~!!

Honey BBQは、甘くてちょっと酸っぱい、息子もおいしい~!と叫んでいました。
Buffuro Mildはちょっとだけ辛いシンプルなバッファローウィング。
で、Mango Habaneroは、いや~、辛いよ、すごく辛い。最初はマンゴーの甘みがフワーっと口に広がって、辛くないじゃない?!と言ったとたんに、顔の毛穴がパッカーンと開いて、5分ぐらい他のものが食べれなくなる。
でも、恐ろしいことに、また食べてみたいな、、、と10分ぐらいすると思ってしまう、すごい食べ物。
パンチがあって、でも味わいもあって、癖になりますね。

付いてきたディップは、野菜をつけて食べたり、チキンを付けて食べたりしてください。

ちなみに、ソースは買うことができますよ。
ぜひバッファローウィング食べてみてください!

2020年8月追記

Facebook公式ページより

各州で人気のソースが紹介されていました。
皆さんの州ではどのソースが人気ですか?