大掃除の時期 セスキスプレーはアメリカでも作れる!手作りセスキ炭酸ソーダの作り方

大掃除の時期 セスキスプレーはアメリカでも作れる!手作りセスキ炭酸ソーダの作り方

日本の雑誌をついつい見ると、この時期だからか”大掃除”系の特集が多いですね。
いやー、アメリカって大掃除しないからねー、、なんて大掃除しなくてもいいんだ!と思い込むようにしているんだけれど(いいとこどり)、心は日本人なのでちょっとそわそわしています。

そしてそんな大掃除特集につきものなのが「セスキ炭酸ソーダ」
・・・なにそれ?

アメリカで主婦していると、日本の情報にむちゃくちゃ疎くなります。
一方で、日本では”掃除”や”整理整頓”の商品や情報がアメリカよりもすばらしいので、便利なものならぜひ試したい!!

なんだかセスキ炭酸ソーダーのパウダーを水で希釈するようですが、、、、そんなの売ってない!でも、欲しい!
それがあれば、大掃除はしないけど、ちょっと気になっている場所が、すいすいーときれいになる気がする。

というわけで、今回は「セスキスプレーをアメリカで手作りする方法」を紹介します。
作るのも簡単だし、すごくきれいになるのでおすすめです。
今更、かもしれないけれど、セスキ炭酸ソーダって、すごい!!

セスキ炭酸ソーダってなに?

重曹と炭酸ナトリウムで構成された「アルカリ剤」です。
重曹はPH8.2, セスキ炭酸ソーダはPH9.8。
重曹よりもアルカリ性が強いので、汚れを落とす力も強いです。

アルカリ剤は、PHでいう反対の”酸性”の汚れを落としてくれます。
酸性の汚れとは、油や皮脂汚れ
なので、基本的にキッチン汚れ、お風呂の皮脂汚れの掃除で使えるアイテムです。

一方で、水を吸い込んでしまう素材があるところでは使えません。なので、家具や畳などには使えません。また、水垢汚れも、落とすことができません。

手作りしてみよう

といっても、結局売っていないんだよね、そんなミラクルパウダー。
アメリカじゃ。。。
と思わないで!なんとか手作りできますから。

そもそも、セスキは重曹と炭酸ナトリウムを1:1で混ぜたもの。

Arm & Hammer Pure Baking Soda, 8 oz

重曹は、炭酸水素ナトリウム、ベーキングソーダとも言い、アメリカのスーパーで普通に売っています。洗剤コーナーか、ベーキングコーナーにあります。

Arm & Hammer Super Washing Soda 55 oz.

一方の炭酸ナトリウムは、washing sodaともいい、こちらも購入することができますよ!
そこで、重曹と炭酸ナトリウムを混ぜれば完成です!

でも私の家の近所のスーパーでは、Washing sodaが見つけれなかった、、、、
そんな時には、”重曹(ベーキングソーダ)”を加熱することで、Washing sodaに変化させることができるのです。

結局、重曹しか使わないんだ、、、となんだか変な気分になりますが、大丈夫ですよ。
そこで私はちょうど重曹が家にあったので、それを加熱して作っていこうと思います。

重曹からセスキ炭酸ソーダを作る方法

さて、私は家にあったBaking Sodaを使うことにします。
こちらは、箱の右下にクッキーの絵がかいてあるように、料理用のグレードのベーキングソーダです。
掃除用のものより少し割高ですが、改めて買いたくなかったので、私は家にあったこれを使います。
改めて買う場合には、掃除用のものを買ったほうがお得です。

耐熱容器にベーキングソーダを広げます(1/2インチ程度)。

これを、400Fに熱したオーブンに入れ、時々かき混ぜながら1時間加熱すれば、炭酸ソーダの完成です。

加熱後、特に見た目の大きな変化はなく。

ただ、100グラムぐらいを加熱したんだけれど、加熱後は62gになっていた!

さて、Washing sodaが完成したので、重曹と1:1で混ぜて、ストックパウダーの完成です。

水500mlに対し小さじ1杯を混ぜて使用してください。

早速使ってみた

早速使ってみました。

手っ取り早く、キッチンのコンロ。

微妙に掃除していないリアルな汚さのコンロですみません。。。。

これに、セスキ炭酸ソーダ液をシュシューっとかけて、5分ぐらい置いてみました。

おおお!!
擦らずにさっと拭いただけで、むっちゃきれいになった!!!!

で、驚くべきなのが、コンロの火の場所。
コンロもすごく古いので、火が出る金属の場所は、さーっと拭いたりしますが、焦げがもう取れないと思い込んでいました。

でも、試しにセスキをかけて5分ほど置き、たわしで少し擦ったら、すごくきれいになった!!!ホントに少しこすっただけ。ぜんぜん疲れない!

皆がセスキ水、セスキ水と言うわけがわかった気がします。
大掃除は嫌いだけど、セスキ水を使って”おおおー”と言いたいので、ちょっとだけ掃除してみようかな。