ダイソーの解凍に便利なエア弁付きレンジパックを試してみた アメリカ 

ダイソーの解凍に便利なエア弁付きレンジパックを試してみた アメリカ 

ちょうど、タッパーを買い足そうか、買い替えようか悩んでいたところなので、ダイソーに行ってみました。

ダイソーでは、ガラスの耐熱容器と、普通のタッパーと両方売っていました。
普通のタッパーばかり使っている私にとっては、ガラスの耐熱容器は重く、洗ったり、冷蔵庫から出したり、、、という動作が重くていやだな、、、と思ったので、やっぱり普通のタッパーを買うことにしました。ガラスの容器、、、衛生的だし、おしゃれなんだけどな。。。。

エア弁付きレンジパック

で、もともと”ご飯”の冷凍がもっと上手にできるタッパーはないかな?と思っていて、このエア弁付きが良いですよ!とどこかのブログで聞いたので、買ってみることにしました。

容器のふたは、このように弁が付いていて、開閉することができます。これのおかげで、蓋を開けずにいい具合に解凍や温めができる!はず。

蓋も容器も固くしっかりしています。容器の底の四隅はカーブしていて、洗いやすくなっています。

日本製なんですね。使用上の注意として[おまかせ加熱]ができないそうです。お気を付けください。

使ってみます

炊いたご飯をタッパーに入れて、事前に冷凍させておきました。冷凍庫からタッパーを出して、弁を開けて電子レンジに入れました。3分加熱。

おお、ふっくらと温まりました。ご飯の解凍むらもなく、ふわふわで、これはとっても良いです。

で、大体1か月ぐらい2-3日に1度はご飯の解凍で使う、ということをしてきたのですが。
気になることが2つ出てきました。

①すこーし蓋がそってきた。
一つの角を押すとわかりやすく浮き上がるので、やってみました。
タッパーのふたとしては、まだちゃんと機能できる状態です。
1000Wのアメリカ版電子レンジじゃ、やっぱりハードすぎるのだろうか。この先どうなるのかな・・

②そしてもう一つ気になるのが、サイズ。

今まで、ジップロックのタッパーを使っていたのですが、こうやって違うサイズ3種類がきれいに重なるんですよ。なので、冷蔵庫や冷凍庫に入れても、重ねやすく、省スペースで便利でした。

が、ダイソーの場合。

購入した950mlのほかに300ml,240ml,430mlとサイズ展開されているのですが

きれいに重ならない。

いろいろやってみたけれど、全然きれいに重ならない。うーん、これじゃあ冷蔵庫とか場所をとっちゃうな。

でも、いい点は

ジップロックのふたは、薄くて柔らかいので、ご飯を解凍するときに蒸気を逃がすために蓋を少し開けるのですが、その時”グギっ”っと割れやすい
でも、ダイソーはそもそも蓋を開けなくてもいいし、蓋自体が固いので割れることがない

さて、どうしたものかねー。
割れないとかの質としてはダイソーのほうがジップロックよりも良いと思うんだけれど、収納としてはジップロックのほうがいいな。