アメリカでキムチは基本、手作りしてます

スポンサーリンク

アメリカに来て、そして韓国系スーパーに行って”キムチおいしい~”と感動したことを覚えています。日本のキムチとはちょっと違う、シンプルでいてさっぱりしたキムチ。大好きです。

で、韓国系スーパーに行くとよく分かるのが、キムチを自作できる調味料がたくさん売っているってこと。
実際にどれぐらいの人が作っているのかは知らないのですが、でも、粉トウガラシとか作るための材料はたーくさん売っているので、・・・私でも作れるのか??と2年前ぐらいに作り始めたのが最初で、今ではキムチを自分で作っています。

簡単に作れて食べれるようなレシピなので、本場の作り方とはちょっと違うかもしれませんが、まずはお試しください。味の変化が癖になります。

材料

白菜–500g
塩–16g
水–85g

リンゴ–35g
ニンニク–6g
生姜–6g
ネギ–8g

Hマートの東南アジア系コーナーで見つけたナンプラー(Fish Sauce)を使用しています。

ナンプラー–大1

Hマート韓国コーナーで見つけた粉トウガラシ。やや粗目。粗さに応じて辛さが少し違う気がするので、輪切りトウガラシを加えるなどして調整してください。

粉トウガラシ–大4
(+輪切りのトウガラシ二つまみ)
小エビの塩漬け–少々
白ごま–少々

作り方

1.白菜を良く洗い水気をきります。
2.白菜に塩と水をかけ、ざっとあえて30分ほどそのままにします。

その間に、素を作ります。

3.リンゴ、ニンニク、生姜をすりおろし、ネギを小口切りにして混ぜます。
4.ナンプラー、粉トウガラシ、白ごまを加え、混ぜてペーストにします。

今回、粉トウガラシはHマート(韓国系スーパー)で購入したこの粉トウガラシを使ったのですが

いつも使っている粉トウガラシよりも少し粗く
ちょっとなめてみたら結構辛かったので、輪切りのトウガラシを追加するのを止めました。

5.そして、もしあればこの小エビの塩漬けを少々加えてください。
むっちゃコクがでます。

かなりショッパイので、加えるのは少量で充分です。
ちなみに韓国スーパーでは塩漬けのエビの他に、牡蠣の塩漬けなども売っていて、キムチに入れる場合もあるそうです。

また、日本っぽいキムチが食べたい時には、和風だしのパウダーを少量加えると良いでしょう。

6.では、塩をかけた白菜をざっと洗い、絞りながら水をよく切ります。
7.そこにキムチの素のペーストを加え、よく混ぜ合わせます。

手に傷などがあるととてもしみるので、使い捨てのビニール手袋やなければビニール袋の中に手を入れて作業してください。

8.あとはこれをジップロックやコンテナに入れて、完成です。
浅い味がお好みならその日から食べることができます。日が経つにつれて味が染みて落ち着いてくるのですが、その変化も楽しいです。
粉トウガラシや加えるものを替えるなどして、自分のお気に入りの分量を探してくださいね。

クリスマスも終わり、お正月の準備をスタートしました。
お正月はおせちの準備をしつつ、一方で和風じゃない食べ物が反動で食べたくなるので、キムチやジャンクフードの準備もしなくっちゃ。多分、雑煮を食べつつ、キムチ食べたいなーと言われると思うので、ちょっと多めに仕込んでおこうと思っています。

 

※こんな内容について知りたい、などのご要望などはこちらからお問い合わせください

コメント

タイトルとURLをコピーしました