アメリカで、小銭をお札に、お札を小銭に両替する方法

アメリカで、小銭をお札に、お札を小銭に両替する方法

アメリカで、現金で買い物をすると、まあー、小銭が貯まる、貯まる。すぐにいっぱいになってしまいます。

しかも、1円5円50円という単位になれている日本人にとっては、25セントなどというコインはとても中途半端に見えて、使いやすいんだか、使いにくいんだかわからないし、$〇〇と言われて上手く聞き取れずに多めにお札で払ってみる、そしてたくさんおつりをもらってしまう、、ということも多いでしょう。

一方で、自宅に洗濯機がない場合、ランドリーに行かなくてはいけないけれど、ここも25セントを何枚も使って払う、アメリカ謎方式
パーキングも25セントで支払いしなきゃいけないし、あーー、どうしてそんなに25セント依存なのおお。
25セントが大量に欲しい!!

というわけで、今回は、お札からコインに、コインからお札に両替する方法を教えます!

アメリカ コインの種類

アメリカでは、コインに通称が付いています。
銀行などでも、通称を使って会話するぐらい当たり前に使うので、覚えておきましょうね。

コインは上から25セント、10セント、5セント、1セント。
大きさはバラバラだし、区切り方も日本と違うから、あ~慣れるまで大変!

このほかに特別硬貨などの1ドルなどがあります。

↑ 1セント(通称 ペニー Penny)
第16代大統領、エイブラハム・リンカーンが描かれています。

↑ 5セント(通称 ニッケル Nickel)
第3代大統領トマス・ジェファーソンが描かれています。

↑ 10セント(通称 ダイム Dime)
第32代大統領フランクリン・ルーズベルトが描かれています。

↑ 25セント(通称 クォーター Quarter)
アメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンが描かれています。

ちなみに裏側は、右のようなワシの絵柄が多いですが


このようにアメリカ合衆国各州のデザインが描かれたものもあります。
写真はコネチカット州のものですね。

State Series Quarters Collector Map

趣味で全州集めて、↑このようなパネルに入れる人もいるみたいです。

このコインはクォーターという通称でよく呼ばれます。
コインランドリーや自動販売機などでは、これしか利用できない場合が多く、使用頻度の高いコインです。

1ドル硬貨 (通称 ゴールデン・ダラー GOLDEN DOLLAR)

たまに出てくるコインの1ドル。 めったに出会わないので、うれしい気もするけれど、結局は使いずらいのでとっても迷惑。

お札をコインへ両替する方法

お札をコインへ両替するには、
 1. 1ドル札を25セントに両替する両替機を利用する
 2. 銀行で替えてもらう という方法があります。

1. 1ドル札を25セントに両替する両替機を利用する。

1ドル札を25セントに両替する機械、両替機は、コインランドリーやモールなどで子供が遊ぶ遊具施設のそばなど(25セントを使うおもちゃがあるところ)に設置してあります。
少量のクオーターが必要な場合は、これをササっと利用すればOK.
でも、コインランドリーや遊具を使うわけじゃない場合に、大量の両替をするのはやめましょう。

2. 銀行で替えてもらう。

この方法がいたってシンプル。
銀行では、好きな硬貨、大きなお札から小さなお札などに替えることが可能です。
窓口で$20程度を出して、「Could you change into quarters?」などと伝えればOKです。
でも、なぜかいつもその銀行の「debit card」持ってるなら出してくれる~?と言われます。
※$20札を持っているのに。理由は謎です。セキュリティーの問題でしょうか?
ちなみに、手数料はかかりません。

コインをお札に両替する方法

コインをお札に両替するには、
1 大手のスーパーで見かける両替機(コインからお札へ)を使う。
2 銀行で両替する。 の2種類があります。

1 大手のスーパーで見かける両替機(コインからお札へ)を使う。

※写真はCoinstarのサイトから

大手のスーパーには、このような両替の機械がおいてありますので、これにコインをジャラジャラっと入れてください。
(Coinstarのサイトはこちら

しかし基本的には、現金に換えると手数料がかかります( Coinstarの場合11.9% ぐらいのFeeがかかります。2017年9月現在)。
Coinstarの場合は一方で、ギフトカードなどに変えるとと手数料がかかりません。※寄付もできます。
現金にする場合は、最後に紙が出てくるので、その紙をサービスカウンターなどに持っていくと、現金に変えてくれると思います。

2 銀行で両替する。

銀行によって、お手軽な機械があってコインをじゃーっと入れればいいところ(TD Bankなど)もあるでしょうが

Product Details
多くは、このようなPaper coin wrapper(コインロールでも通じます)に自分でお金を詰めて、銀行に持っていけば、両替してくれます(お札に替える)。
たとえばこの赤いコインロールには、25セント(クオーター)を10ドル分(40枚)入れてください。
※ロールの紙は、Amazonなどでも売っているようですが、銀行の窓口で「Paper coin wrapperください~」と言えば、無料でくれます。

銀行にお金を詰めたロールを持っていくと、なんと銀行は、いちいち中身をチェックせずに、ロールの数だけを数えて紙幣に替えてくれますよ。
グラムとかはかっているのかもしれませんが、うーん、おおざっぱだ!

★というわけで、お札からコインへ、コインからお札へ替える方法を紹介しました。
手数料がかからないことから、銀行を利用するのが、一番スマートな気がします。