アメリカのキッチンペーパー ペーパータオル Bountyの種類や内容まとめ

アメリカのキッチンペーパー ペーパータオル Bountyの種類や内容まとめ

アメリカではキッチンペーパーが日本よりも安く、ふきん、という習慣もないため、どんどん使いがちですよね。
便利なので、私ももちろんキッチンに常備していますが、様々なメーカーがあるなかで、いつもBountyを使っています。

が!!!今まで買う時に、適当に買っていたんですよ、なんとなく安いかなー程度で。

だってBountyってさ

2×の吸収力って、書いてあるけど、何と比べてるわけ?

とか

あ~、Aサイズって、小さくカットのタイプでしょ、うん、普通サイズよりも小さいわよね、
これは知ってるわ。

とか

なんで8本入りなのに8=18なわけ?
と、隣の棚を見ると、


こちらは12=20になってて、もうハチャメチャですよ。
どれが一番安いの???!状態で、一番在庫が少なそうなやつをいつも買ってしまうんです。。。それが一番売れているのかな?と思って。。。

そんなこんなで、何年同じことをやってるんだか。

というわけで、今回は

「アメリカのキッチンペーパー の種類や内容を整理してわかりやすくしました」

これから自信をもって購入できるように(自分が)、がんばってまとめます!

Bountyとは

アメリカのConsumer Reports でのPaper Towel テスト(2013年)で、上位3位がBountyというすばらしい品質を証したBounty.
こちらはアメリカのP&Gが1965年から販売するペーパータオルブランドです。

Bountyの Select-A-Sizeという商品は、2015年にはプライベートブランドに次いで売れており、販売シェアは24%を超えています。
もちろんこの他にも、Bounty,Bounty Basicといったラインもあるので、全ての売上を総合するとBountyというブランドはペーパタオルのトップブランドといえると思います。

Bountyの種類

Bountyのキッチンペーパーは、現在

計5種類。

Bounty とBounty Essentials の2ラインナップで、紙のサイズとロールサイズにより、Regular roll, Full size, Select A sizeに分かれます。
Bounty Select A sizeが一番売れているようです。


黄色のBounty Essentialsは、紙が2層になっており、他社の主要ブランドに比べて濡れたものを拭く時に1.5倍の強度があります。

こちらのグリーンのBountyは、他社の主要ブランドに比べて2倍の吸収力です。

黄色のBounty Basicでは、1.5倍の強度と表現していて、お互いに表現の仕方が微妙に異なっているのが、販売戦略なんでしょうね。

ペーパーの大きさ

また、ロールの紙が点線で切れる大きさは、
フルサイズ(パッケージに何も書いていない)で11 x 11 inch
Select-A-Sizeでは、11×6 inch .

え!??
上のイラストを見ると、フルサイズの1/3がSelectAサイズのように見えませんか?
だから、Select A sizeが3倍ものシート数がありそうに見えますよね??!
でも実際は大体1/2サイズ。おおおー、なんだか発見した気分です。

でも、イラストの注意書きは、小さく、とても小さく、「Custom size it brand or Premium Green leaf」などと書いてあります。

1ロールの大きさ

ペーパーの1ロールの大きさは、簡単に上の図のようになっています。
他にも種類があるので、全てをまとめると

ロール名
Regular1
Big 1.33
Giant 1.5
Super 1.83
Double 2
Double Plus2.5
Triple3

つまり12Double Rollは24本分のRegular Roll
8Giant Rollが12本分のRegular Rollに値するので、
12 Double Roll =2セット分(8Giant Roll)のロールサイズに値します。

この表をチェックすれば、スーパーで買い物をするときも、どれぐらい得なのかがわかりますよね!?

単純にTripleを買えば単価は安いはずなんですが、そこはただただ大きいんです。車で買い物しても、トランクパンパンになりますし、なによりスーパーから車、車から家まで運ぶのが大変~!

そんな時にはぜひ、AmazonやWalmartのオンラインオーダーをしましょう!

Bounty Paper Towels 6 Huge Rolls

こんな大きいHuge Rollが6本入りがオーダーして家に届くんだから、なんて便利なの!!
自宅の収納スペースをなんとかして、お得に買い物ができるようにしないと!

★こちらも参考にしてください。
節約にもエコにもなるキッチンペーパーいらずの便利な布 ふきんやお手拭きの代わりにマルチに使える布