アメリカで精米機を使っておいしいご飯を食べる方法

アメリカで精米機を使っておいしいご飯を食べる方法

アメリカでも、おいしいごはんが食べたい、おいしいごはんが食べたい~~!!と、在米数年、ずーっと思い続けてきました。

そこで、思い切って「精米機」を買ったところ、みごとにおいしいご飯がアメリカでも食べれています!
今回は、その精米機を使っておいしいご飯を食べる方法を紹介します!

どんな精米機を買ったか

さすが、アマゾン。困ったときにはアマゾン。と、アマゾンで「精米機」と検索するといくつも出てきます。アメリカでも精米機が買えるんですね。すごいなー※アマゾンUSAで調べました。

Zojirushi rice mill brown rice BT-AF05-HA
象印とか


YAMAMOTO RC41 Red YE-RC41R
精米機で人気の山本電機とか。

そこで、価格.comで精米機を比較してレビューなどを見てみると、大まかなにメーカーごとの違いが分かりました。

象印

Zojirushi rice mill brown rice – 5 people gray BT-AF05-HA

象印は、家庭用で圧縮循環式を採用している唯一のメーカー。
圧縮循環式とは、圧力で玄米同士をこすり合わせながら糠を取り除く方式で、かくはん式に比べてお米が割れにくく栄養素も損なわれにくい、また、運転音が静かなことが特徴です。
しかし、価格が少々高めで、器械が大きめになります。

上の商品は、Amazon usaで購入できる象印の精米機の中で一番人気(価格.comから)のものです。
サイズは幅x高さx奥行き 150x380x405 mm、重さは10.5kg。
糠や精米したお米は手前から取り出すことができますが、玄米は上部から入れなくてはいけません。重さから考えると、据え置いてお米を入れたりできる場所を用意したほうがいいでしょう。

ツインバード


Twinbird Mr-e500w
ホームセンターなどでよく見るメーカー、ツインバード。家庭用精米機では上位3位には食い込む人気メーカー
操作パネルもシンプルですが、デザイン性は、、、シンプルです。
静穏性はイマイチ、というレビュー多し。

上の商品は、Amazon usaで購入できる象印の精米機の中で一番人気(価格.comから)のものです。
サイズは幅x高さx奥行き 195x235x265 mm、重さは3.1kg。
軽くてコンパクトな商品です。

山本電機

Yamamoto MB-RC52W
もともとは、モーターを作っているメーカーですが、精米機も1位2位を争うほどの人気です。
さすがモーターの出来がよく、マイコン制御しているので、お米のかけを防ぎます。

上の商品は、Amazon usaで購入できる象印の精米機の中で一番人気(価格.comから)のものです。
サイズは幅x高さx奥行き 200x238x274  mm、重さは3.1kg。

そこで、よく考えた結果


Twinbird Mr-e500w

ツインバードにしてみました。

ポイントは、
①お求めやすい金額だったこと($200以下)
②サイズが小さくて棚にしまいやすかったこと

でしょうか。

①とにかく初めての精米機だったので、もし失敗したら、、、の時に、ショックが少なそうな価格のもの
②いつもキッチンカウンターに出しておくのが嫌で、使う時だけ棚から出して使いたい、ので、小さいサイズで軽いものがよかった
といった理由からです。

使ってみました。

大きさはこんな感じ。ボールペンを持ってみました。参考になりますか?
コンパクトで、棚にしまいやすく、軽いので棚から出して使うのも苦になりません。

操作部分は、そこそこシンプルなボタン
アナログが好きなので、精米度合いやお米の量のボタンが、まわすアナログタイプなのは、とってもうれしい。
スタートボタンですら、アナログのボタンになってくれたら最高だ、と私は思う。

なお、コードは巻き取り式。アメリカで巻き取り式コードなんて、全然ないので、こういうの日本ぽくて便利でとってもうれしい。

早速お米を入れて、ふたをしっかりセットして、操作ボタンを調整して、スイッチオン!
・・・うん、確かにうるさい。静かではない。
例えば、、大きな掃除機や、コーヒー豆のグラインダーぐらいの音の大きさぐらいかな。
他の精米機がどれほどの音の大きさかわからないので、精米機の中でもうるさい方なのかどうか、はわかりかねますが、まあコーヒー豆を長めにひいてますよー、と思えばOK.
時間は、お米3合5分づきで大体2分30秒。
マンションでしたらさすがに夜中に行うのはNGでしょうが、昼間でそれぐらいの時間なら、OKじゃないかな。

Kagayaki Brown Rice 4.4 lbs

玄米は、この「かがやき」を使っています。

この玄米を3分づきにすると

こうなります。
まー、多少米粒が割れているものもありますが、食べたときなどにその割れたものが気になる程度ではありません。

中央の部品を取り出し

金網の取っ手で取り出せば、精米したお米だけを簡単に取り出すことができます。
圧力鍋で7分30秒炊いていますが(※精米前米3合、水650ml、圧力7分30秒)むちゃくちゃおいしい~~!!
おいしいおかげで、以前よりもお米の消費量が上がってしまいましたが、息子がお米大好きになってくれたので、よかったです。
また、お米がおいしいので、ふりかけとか何もいりません!

おまけに精米機のうれしいところは米ぬかがとれること!(精米したお米のかごを持ち上げると、上の写真のようになります)
この米ぬかを使って、我が家では漬物を漬けています。

米ぬかは、漬物のほかにも
・園芸肥料
・洗顔
・ふりかけて油汚れを吸着させる洗剤代わりとして 使えます

米ぬかのケースは、このように持ち上げて取り出すことができるので、お手入れも簡単です。

(私が思う)アメリカで買うおいしい日本のお米

ちなみに、私が思うアメリカで買えるおいしいお米(精米済み)は


Kagayaki Select Short Grain Rice 15 lbs


Shirakiku Rice, Koshihikari
この2種類が結構おいしくて、よく買っていました。

このほかにも


Sekka Extra Fancy Premium Grain Rice
Tamanishiki Super Premium Short Grain Rice

雪花や玉錦もそこそこおいしいのですが、最初の2つに比べるとパサパサします。

Tamaki Gold – Signature Quality California Koshihikari Short Grain Rice
田牧米もおいしいほうだと思いますが、結構高いので、期待するほどではなかったです。

なにより、精米済のお米は、新しいものがおいしいと思います!!
どっちを買おうかな、などと悩んだら、新しい方を買ってください!

Rice Storage Bin with Pour Spout by Asvel 2kg
お米の保存は、このような容器がアマゾンでも買えるので、ぜひ保存容器を使ってください
または、開封したらジップロックで小分けをして(使う量ごとに分けておくと使う時に楽ですよ)、極力空気に触れさせないようにする方法もおすすめ。おいしさを保てます!(これ、結構重要です!)

アメリカでもおいしいお米が食べれると良いですね!

Inomata Japanese Rice Washing Bowl with Side and Bottom Drainers, Clear

Inomata Japanese Rice Washing Bowl with Side and Bottom Drainers, Clear 

お米を研ぐのによいボウルが売っていました。6ドルちょっと。便利そうですね。