BOIRON SINGLE MEDICINESのレメディーについて

BOIRON SINGLE MEDICINESのレメディーについて

皆さん、これ↑、見たことありますか?
私は、オーガニックスーパーやホールフーズの薬品・コスメ系コーナーでよく見るのですが、小さくて同じパッケージがずら~っと並んでいる、これ。なんだろう?

手にとって見ると、、、、なんて書いてあるのか、分からない~~!
何かのビタミン剤かなあ?なんだかコンパクトでかわいいんだけど、なに??

ということで、今回はこちら↑の正体を調べてみました。

ホメオパシーの薬でした

A variety of single medicines - aka Blue Tubes - in blue, purple, and green tubes depending on dilution

BOIRON SINGLE MEDICINESというホメオパシーのレメディーでした。

ホメオパシーって、なんだろう?と調べてみると、

ドイツの医師ハーネマンが確立した。「健康な人間に与えたら似た症状をひき起こすであろう物質を、その症状を持つ患者に極く僅か与えることにより、体の抵抗力を引き出し症状を軽減する」という理論、およびそれに基づく治療行為であるとされている。「その病気や症状を起こしうる何か(成分、薬など)を使って、その病気や症状を治すことができる」という考え方に基づいて、具体的には、極度に希釈したその成分を投与することによって、病気の治癒をめざす。そのやり方はいくつかあるようだが、ひとつは(一般的には)「レメディ」という球形の錠剤を飲むことによって行われる。この「レメディ」は様々な物質を一定の方法によって水で希釈を繰り返したものを砂糖玉に染みこませたものである。
ホメオパシー団体はレメディーを服用することによって体内の毒が排泄され、一時的に症状が悪化する「好転反応」が起こると主張している。
(ウィキペディア ホメオパシーより)

うーーん、素人にはかなり難解な感じなんだけれど、治癒力を高めるためにこのレメディーを飲んで、症状の変化を期待するものなんですね。

横に書いてある記号は?

ちょうど手に取ったレメディーは「30C 」と書いてありました。
これ、30セントってこと?
そんなわけありません!

これは、レメディーというのは、ホメオパシーでいう「その病気や症状を起こしうる何か(成分、薬など)」を希釈したもの。
その希釈の度合いをCで表しているそうです。この他にも、X,Kといった希釈濃度記号があるそうです。

何を摂取すればいいか?

といっても、たくさんの種類が棚に入っていて、さっぱりわからないので、BOIRON SINGLE MEDICINESのHPの一覧表(こちら)を、Products 名と、Main Indication 一覧表にしてみました。

Products 名と、Main Indication 一覧表

Aconitum napellusFever(熱)Belladonna Fever(熱)Causticum Bed-wetting & Bladder Incontinence(おねしょ、膀胱疾患)Drosera Cough(咳)
Aesculus hippocastanum Hemorrhoids(痔)Borax Canker Sores(口内炎)Chamomilla Teething(乳歯が生える時)Dulcamara Joint Pain(関節痛)
Allium cepa Allergies(アレルギー)Bryonia Muscle & Joint Pain(筋肉痛、関節痛)Chelidonium majus Indigestion & Nausea(消化不良、吐き気)Eupatorium perfoliatum Bone Pain(骨の痛み)
Antimonium crudum Indigestion(消化不良)Calcarea carbonica Craddle Cap(新生児頭部皮膚炎)Cimicifuga racemosa Menstrual Cramps(月経痛)Euphrasia officinalis Eye Irritation(目の刺激)
Antimonium tartaricum Cough(咳)Calcarea fluorica Sprains(捻挫)Cina Sleeplessness(不眠)Ferrum phosphoricum Fever(熱)
Apis mellifica Allergies(アレルギー)Calcarea phosphorica Growing Pain(成長痛)Cinchona officinalis Diarrhea(下痢)Galphimia glauca Allergies(アレルギー)
Argentum nitricum Stress(ストレス)Calcarea sulphurica Boils(できもの)Cocculus indicus Motion Sickness(乗り物酔い)Gelsemium sempervirens Stress(ストレス)
Arnica montana Pain Relief(痛み緩和)Cantharis Blisters & Bladder Infection(水ぶくれ、膀胱感染症)Coffea cruda Sleeplessness(不眠)Glonoinum Headache(頭痛)
Arsenicum album Food Poisoning(食中毒)Carbo vegetabilis Gas(ガス)Colocynthis Cramps(痙攣)Graphites Scars(傷跡)
Arum triphyllum Sore Throat(喉の痛み)Caulophyllum thalictroides Menstrual Cramps(月経痛)Cuprum metallicum Cramps(痙攣)Hamamelis virginiana Hemorrhoids(痔)

Hepar sulphuris calcareum Cough(咳)Kali phosphoricum Fatigue(疲労)Natrum sulphuricum Cough(咳)Ruta graveolens Eye Irritation(目の刺激)
Histaminum hydrochloricum Allergies(アレルギー)Kali sulphuricum Cold(風邪)Nux vomica Nausea(吐き気)Sabina Menstrual Cramps(月経痛)
Hydrastis canadensis Postnasal Drip(後鼻漏)Lachesis mutus Hot Flashes(ホットフラッシュ)Petroleum Chapped Skin(肌荒れ)Sepia Bloating and Lower Back Pain During Menstruation(生理中のむくみ、腰の痛み)
Hypericum perforatum Nerve Pain(神経痛)Ledum palustre Insect Bites(虫刺され)Phosphoricum acidum Fatigue(疲労)Silicea Fatigue(疲労)
Ignatia amara Nervousness(緊張)Lobelia inflata Tobacco Craving(タバコの衝動)Phosphorus Headache(頭痛)Spongia tosta Cough(咳)
Ipecacuanha Nausea(吐き気)Lycopodium clavatum Gas(ガス)Phytolacca decandra Sore Throat(喉の痛み)Staphysagria Scars(傷跡)
Kali bichromicum Colds(風邪)Magnesia phosphorica Cramps(痙攣)Podophyllum peltatum Diarrhea(下痢)Sulphur Skin Rash(皮膚発疹)
Kali carbonicum Muscle & Joint Pain(筋肉痛、関節痛)Mercurius solubilis Sore Throat(喉の痛み)Pulsatilla Cold(風邪)Sulphur iodatum Colds(風邪)
Kali iodatum Colds(風邪)Mezereum Colds(風邪)Rhus tox Joint Pain(関節痛)Symphytum officinale Bone Trauma(骨の外傷)
Kali muriaticum Colds(風邪)Natrum muriaticum Allergies(アレルギー)Rumex crispus Cough(咳)Tabacum Motion Sickness(乗り物酔い)

Thuja occidentalis Warts(いぼ)
Urtica urens Skin Rash(皮膚発疹)
Zincum metallicum Leg Cramps(脚の痙攣)

こちらのページだと、症状などからレメディーを検索することができるので、参考にしてみてください。

私は、花粉症があるので、まずはApis mellifica あたりを試してみようかと思います。