アメリカでギフトカードをお得に買う方法

アメリカでギフトカードをお得に買う方法

アメリカではギフトを渡すことがとても多く、今だとクリスマスギフトをいろいろな人に渡します。
学校の先生などやマンションのスタッフにも渡す場合があるのですが、そのときは現金(チップ)ではなくてギフトカードにする人も多いですね。

そこで、今回は「アメリカでギフトカードをお得に買う方法」を紹介します。

★こちらもおすすめ!
かわいいケースが無料で付いたAmazonギフトカードを買う方法

ギフトカードの種類

ギフトカードにはいろいろな種類があります。

ギフトカードは、このような TGI FRIDAYS とかスターバックスといった、カードに書かれているお店限定で使えるカードと

VISAやMasterなどのほとんどどこの店舗でも使えるギフトカードとがあります。

じゃあ~、どこでも使えて便利なVISAなどのギフトカードが良いよね!と思いたいところですが、便利な分、購入の時の別途費用(Purchase Charge)というものが必要になってきます。
ちなみに、お店限定カードだと、この費用はかからないものがほとんどだと思います。

このPurchase Chargeというのはカードの種類によってまちまちで、$3程度のものもあればこの写真のように$7ほどかかるものもあります。
$7って、ちょっと高すぎますよね!$7ですよ~~~!!!!

これらのカードは、店頭のレジに持っていき、幾らの金額にする?と聞かれるので、希望の金額を入金してもらってください(例えば、上の写真のVisaカードだと、$20から$200までの金額を商品券として入れることができます)。
そして、希望の金額プラスPurchase ChargeプラスTaxを支払えば完了です。
カードの裏に入金した金額を書いて、ギフトとしてプレゼントしてください。

カードの購入場所

ギフトカードは、CVSなどのドラッグストアー、Staples、Walmartなどのスーパー、USPSなどで販売されています。

また、giftcard granny raiseというサイトだと、ギフトカードが余っている人が売りに出した商品券を安く買うことができます。
店舗限定のカードがよく安く出ているのですが、商品によっては額面の30%オフで買えるものもあり!!
自分の買い物用にチェックしてもいいですよね。

クリスマスシーズン前など事前にこういうところで買っておくと、良いんですね~!
事前準備って、大切なんだなーー。。(事前準備、苦手です。私)

※写真はSephora HPから

あとは、各ショップのオンラインサイトなどでも購入できますが、例えば、化粧品のSephoraでは上のように好きな写真を入れてカスタマイズしてくれるサービスもあって、かなりおすすめです。

気をつけて!プリペイドカード(Prepaid Card)

ギフトカード売り場には、このようなプリペイドカードというものも一緒に陳列されています。

プリペイドカードというのは、銀行口座を開設して作るデビットカードやクレジットカードのように使うことができるカードですが、銀行口座から引き落とし、ではなくて、このカードにチャージした金額から引き落とすタイプです。

銀行口座を開いていない、クレジットカードを持っていない人でも、これだと通常のギフトカードよりも支払いの幅が広いというメリットがあります。

でも、いろいろ曲者のカードでして。
最初、購入の際には、通常のギフトカード同様、希望金額をカードに入れて購入することができます。
しかし、残高が少なくなってきたらプリペイドカードはお金をチャージすることができます。
ただ、チャージするには、手数料とソーシャルセキュリティーNo.が必要になってきます。

また、カードによっては月額使用料がかかったり、買い物ごとの手数料がかかったり、、、とどんどんお金を使われる商品!

そもそもこれは、ギフトカードには不向きかな、、と思う商品なので、ギフトカード用には間違えて購入しないようにしてください。

まとめ

と、いろいろなギフトカードがありますが、渡す人がよく使うショップがわかっているならば、その店舗限定のカードをあげると喜ばれると思います。
あげるほうとしてもFeeはかからず、探すとお安く手に入れることもできるので、おすすめです。

また、今だとAmazonで買い物をする人も多いと思うのでAmazonカードも便利ですよね。
上の商品はPurchase Chargeもかからず、$10ごとのカードになっているので、何人もの人に渡す時にとても便利でした(ある方は$20、ある方は$10などと分けやすかったです)。

ギフトカードを買う時には、一応、有効期限があるかどうかをチェックしてから、購入してくださいね。