アメリカの小麦粉・粉の種類について

スポンサーリンク

今回は「アメリカの小麦粉・○○粉の種類について」紹介したいと思います。

さーて、クックパッドを見ながら料理しようかなーと思った時に、「おおお!!強力粉ってアメリカの粉だと何フラワーになるの?!」とか、「から揚げ粉、、、そんなもの無いってば、、、日系スーパー?!遠いんだって!」と思うこと、多々ありませんか?
そこで、そんな疑問を解決すべく、アメリカの小麦粉、○○粉について紹介します。

そして、日本では当たり前の天ぷら粉など、アメリカで簡単に買える粉でなんとか近いものが作れるので、そちらも紹介します。

アメリカの小麦粉

※King Arthur flour やBob’s Red millなどが粉も多彩でオススメブランドです。

グルテン含量で小麦粉の種類を分類する

  • Hard flour(グルテン含量 13.5-16%程度)
  • Bread flour(グルテン含量 11.5-13.5%程度・強力粉) イーストを使ったパンやピザの生地に使われる
  • all-purpose flour(グルテン含量  9.5-11.5%程度・中力粉)hard wheatsとsoft wheatsのミックスで作られる。うどんなどに使われる。
  • Pastry flour・cookie flour(グルテン含量  7.5-9.5%程度)パイ生地、クッキー、マッフィンなど。普通のスーパーではあまり売っていません。
  • Cake flour(グルテン含量  6-7%程度・薄力粉)soft wheatから作られる。粘り気が弱いので、サクサククッキーに最適。

しかし、スーパーでお手軽に買えるのは、Bread Flour、All purpose flour程度でしょうか。たまにCake Flourを見かけますが、どこにでも売っているというほどではありません。

グルテン含量から分類するとそれぞれ
Bread Flour(強力粉)、All purpose Flour(中力粉)、Cake flour(薄力粉)が日本の小麦粉各種に対応します。グルテン含量が似ていても、小麦の種類が違うなど異なることもある、正確には食感も異なるのですが、料理ではこれでカバーできることも多いですよ。

このほかに

  • Bleached flour(反対:Unbleached flour)漂白された小麦粉。Unbleachedよりもなめらかな口当たりです。
  • Enriched flour通常、精製過程で欠けてしまう小麦粉の栄養分を補ったもの。
  • Self-rising flour小麦粉にベーキングパウダー、塩などが加わったもの。マフィン、スコーンづくりが簡単に。
  • Whole-wheat flour hard red spring やwinter wheatから作られます。胚芽、胚乳、ブラン(糠)を含み栄養価が高いです。
  • White whole-wheat flour whole wheat flourよりも少しなめらかで軽く、一方で栄養価は同じなので、whole wheat flourよりも使いやすいです。ブリーチされてWhiteなわけではなく、使っている小麦の種類が異なるだけです。
  • Rye flour小麦ではなくライ麦を使った粉です。ドイツなどのサワードウ・ブレッドやクラッカーを作るときなどに使われます。

グルテンフリー Gluten-free

小麦などに含まれるグルテンは、グルテン過敏症やセリアック病といった人には大敵です。その場合には、グルテンが含まれていない「グルテンフリー」の商品を選んでください。
また、最近では健康やダイエット目的からグルテンフリーの商品を好む傾向が強いですね。

  • Corn flour (Corn starch)とうもろこしのデンプン。我が家では、片栗粉の代わりにこれを使っています。
  • Corn meal 乾燥させたトウモロコシを挽いて粉にしたもの。コーンブレッドやアメリカンドッグの材料として使われます。ちょっとポソポソします。


Mochiko (Sweet Rice Flour) – 16oz [Pack of 1]

Mochiko(もち粉)なんと、もち粉がアメリカで手軽に買えます!絶対ではありませんが、2-3軒スーパーを回れば売っているこのもち粉。いちご大福とか、手軽に作れるのでありがたい~!

もち粉(MOCHIKO)で大福を簡単に作る方法

アメリカの小麦粉で日本の粉を代用する

さて、日系スーパーが遠くにあってなかなか買い物ができない、料理しようと思ったけれど日本の粉がない!というときに、アメリカの粉で代用してみましょう。
まあ、出来上がりがしっかりとして堅めになる場合が多いのですが、なんとかできる場合も多いです。
そこで、アメリカの粉で代用できる方法を紹介します。

天ぷら粉をアメリカの粉で代用する

小麦粉にベーキングパウダーなどを加えたものが天ぷら粉なので、Allpurpose flourにコーンスターチを入れると、近いものができます。
比率は2:1~2:1.5です。

でも、意外と近所のスーパーでこのような天ぷら粉が売っていたりします。
韓国系スーパーでも天ぷら粉がありますよ(こちら)。

お好み焼き粉をアメリカの粉で代用する

小麦粉に昆布やカツオダシ、ベーキングパウダーなどを加えたものです。

このような材料で作れます。
詳しくはクックパッドの自家製 我が家のお好み焼き粉 海外で♪を御覧ください。

パン粉をアメリカの粉で代用する


このようなパン粉も、意外と普通のスーパーで売っています。
日本のパン粉に比べると少し粉が細かく、サクサク感が強いです。

また、パンなどをすりおろしてフライパンで軽く炒っても作ることができます。

薄力粉をアメリカの粉で代用する

上記で書いたように、日本の薄力粉はアメリカではCake flourにあたりますが、All purposeで代用する人も多いですよ。
All Purpose Flourとコーンスターチ を6~7:1で混ぜてください。
薄力粉よりは重い出来上がりになります。

コメント

  1. […] rだけで一度パンを作ってみました。それでも問題なくおいしく焼けましたので、割と適当でも良いのかもしれません。粉についてさらに詳しくは、こちらのページで説明されています。 […]

タイトルとURLをコピーしました