アメリカの缶チューハイ おすすめ人気商品

スポンサーリンク

日本に帰ると、缶チューハイを飲むのが私の楽しみの一つなのですが、アメリカでは缶チューハイってあると思いますか?
そう、実はこのアメリカでも”缶チューハイっぽいもの”はたくさん売っていますよ。

そこで今回は「アメリカの缶チューハイ事情。人気商品」を紹介したいと思います。

甘いアルコールドリンク

アメリカではいわゆる”甘いアルコール飲料”のことを”Alcopops アルコポップ”と言います。
種類はアルコールの種類同様に様々で、ワインベース、ビールベース、ウォッカなどのスピリッツ系などといろいろあります。
それらにフルールジュースや香料などを加えて、甘くしたものがアルコポップにあたります。
言い方としては、それ以外にFAB(フレーバーアルコールビバレッジ)、FMB(フレーバーモルトビバレッジ)などいろいろあるようです。

これらは甘くアルコール度数も様々なので、基本的に飲みやすく若い人がジュースの延長として飲む場合も多いようです(それが少し問題にもなっています)。価格も様々ですし、さらには大量のカフェインが含まれたものも登場しています。

それらの中で、日本の”缶チューハイ”に当たるのが、Hard Seltzersハードセルツァーかな?と思います。
フルーツジュースから発酵させたものもあれば、ウォッカベースのものもあり、フレーバーの種類や炭酸の強さも大きく異なります。

今、このハードセルツァーはとても人気で、種類もどんどん増えています。

というのもまずダイエットに良い、といわれています。このハードセルツァーは12オンスの缶あたり平均2グラムの炭水化物を含み、ケトン体ダイエットに適しているそうです。またカロリーは約100カロリー(ビールは大体150カロリー、ジュース系ソーダは200を越えます)程度でビールよりも砂糖が少ないので、ダイエット中の方はビールを飲むよりもハードセルツァーのほうがおすすめです。

では、人気のハードセルツァーを紹介します。
夏が近づくと、常に新しいバージョンが出てくるようなので、スーパーなどで見かけたらお試しくださいね。

人気のハードセルツァー Hard Seltzers

BON V!V

カロリー:90cal
アルコール度:4.5%Alc/Vol

ハードセルツァーの先駆けブランドがこのBon V!V
すっきりとしたさわやかな味わいで、砂糖やグルテンを含まず、天然成分で作られています。
2グラムの炭水化物と4.5パーセントのアルコール度でわずか90カロリー。飲みやすいドリンクです。

レモンライム、ココナッツパイナップル、クレメンタインハイビスカスなどといったフレイバーデュオが特徴的でココナッツパイナップルセルツァーといったユニークな商品もあります。

Henry’s

ice cream cone with vanilla and chocolate ice cream
カロリー:88cal
アルコール度:4.2%Alc/Vol


ヘンリーのハードセルツァーはわずか88カロリー
ハードセルツァーの中でもローカロリーなので、カロリーから選ぶなら断然コレ!
低炭水化物で、砂糖はゼロ。
軽くてさわやかで、自然な味わいが際立ちます。

レモンライム、パッションフルーツ、ストロベリーキウイなどが有名ですが、中でもストロベリーキウイフレーバーがジューシーでおすすめです。

Smirnoff

カロリー:90cal
アルコール度:4.5%Alc/Vol

わずか90カロリー、1gの炭水化物、ゼロシュガーのセルツァーです(シリーズによって90カロリーではないものもあるので、注意してください)。

なかでも、ロゼセルツァーのピンクの缶はとっても人気のシリーズ
最高のワインフレーバとして、ラズベリーローズがおすすめです。
また、これらにピンクアップルやホワイトピーチなどを混ぜると、より軽くて最高のスパークリングロゼの味がします。
晴れた夏の日にぴったり。

Truly

カロリー:100cal
アルコール度:5%Alc/Vol

天然香料で作られているTruluは人工甘味料が含まれておらず、砂糖1g。また5%のアルコールでたった100カロリーからできています。
ベースはサトウキビから作られたビール、なのでTrulyはハードセルツァーの中でも風味が豊かです。

ベリーと柑橘系・特にライムのフレーバーが最も人気があります。 またパッションフルーツは、他ではあまりないフレイバーです。

White Claw

White Claw Seltzer Works, Seltzer Hard Variety, 12pk

カロリー:100cal
アルコール度:5%Alc/Vol

目を引く、そして意外と覚えやすいパッケージがポイントのWhite Claw.
2019年にはハードセルツァーの全売上高のほぼ60%を占めたブランドです。
このブランドは発酵糖を使用する独自の醸造プロセスと、開発に1年以上かかった酵母菌株を使用しています。 麦芽は使用していませんが、最終製品にフルーツジュースとサトウキビを少し加えており、すこし甘くできています。

ホワイトクローのフレーバーは基本的に、ブラックチェリー、ライム、マンゴー、ラズベリー、ルビーグレープフルーツですが、バランスがとても良いです。

より軽いタイプをお探しの場合は、ホワイトクローハードセルツァー70のシルバー缶を探してください。フレーバーは限られていますが、無糖、70カロリー、わずか3.7パーセントのアルコール度数です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました