アメリカの牛乳の種類の説明まとめ – Whole milk, reduced fat milk, etc

アメリカの牛乳の種類の説明まとめ – Whole milk, reduced fat milk, etc

アメリカのスーパーでの牛乳売り場には、たくさんの種類のミルクがずらーーり。日本よりもスペースが大きくて、種類がたくさん。
よくわからない単語も多くて、適当に買うと、、、牛乳じゃなかったりする(うそでしょ。いや、実体験)。
おまけに、スタバやカフェでミルクを使う飲み物を頼むと、牛乳の種類を聞かれるので、牛乳の種類を知らないとつらいかも。

そこで今回は、「たくさん種類があるアメリカの牛乳について」紹介します。
牛乳について詳しくなりましょう!

牛乳の大きさ

※写真はcountrydairy.comから

左から順に
1ガロン(1 gallon、3.785リットル)、
ハーフガロン(1/2 gallon、1.89リットル)
1クォート(1 quart、946ミリリットル) この3サイズが主流です。

一番右のクオートサイズが日本の1L サイズの牛乳に近いサイズにあたりますね。

私は1クオートを週に1本程度しか飲まないのですが、スーパーのレジで見ていると、ガロンサイズをバンバン買っている人をたくさん見かけます。たくさん飲むんでしょうねー。すごいなー。

そして、牛乳だけではありませんが(卵とか)、梱包が甘いのか、取り扱いが雑なのか、漏れている牛乳も多いので、購入するときは漏れがないか、口がしっかり締まっているかを絶対確認してください。

種類が豊富

牛乳は、成分の違いや材料の違いから、いろいろな種類があります。

◎Whole Milk

Whole Milk※写真はOrganic Valley HPから

いわゆる普通の牛乳を、Whole Milkと言います。
脂肪分は3.25%程度ですが、ビタミンAやDなどをさらに添加した商品が多いです。

◎Reduced Fat Milk・Low Fat Milk

Reduced Fat 2% MilkLowfat 1% Milk※写真はOrganic Valley HPから

いわゆる「低脂肪牛乳」のことで、脂肪分2%のものをReduced Fat Milk , 脂肪分1%のものをLow Fat Milkと呼びます。

味はWhole Milkよりも薄い感じがしますが、脂肪を少しでも抑えるためにこれらを推奨する医師も多いです。
ちなみに栄養素はWhole milkと大差ありません。

◎Fat Free・Non Fat Milk・Skim Milk

Fat Free Skim Milk※写真はOrganic Valley HPから

牛乳から脂肪分を取り除いた「無脂肪牛乳」のことで、Fat Free、Non Fat MilkやSkim Milkと呼びます。
もちろん脂肪分は0%。

◎Half and Half Milk

Half & Half※写真はOrganic Valley HPから

牛乳と生クリームが半分ずつ入ったコーヒー用のミルクのことを、Half and Half milkと言います。
脂肪分は10.5%-18%で、日本のコーヒーミルクより少しさっぱりしています。
こってりしたミルクがお好みでしたら、生クリームがお薦めです。

◎Lactose Free Milk Milk

Lactose-Free Milk※写真はOrganic Valley HPから

ラクトースの入っていない牛乳で、ラクトースアレルギーの方に好まれる。
カルシウム、プロテイン、ビタミンD、といった栄養価は普通の牛乳と同じ。

◎Soy milkなど

Soy※写真はOrganic Valley HPから

いろいろな穀物から水と合わせて作られています。

牛乳!ではありませんが、コレステロールやカロリーが牛乳よりも抑えられているものが多いので、牛乳に代わる飲み物として健康志向の方に好まれています。
でも、甘味や、フレイバーが付いている場合が多いです。

Soy milk(大豆)、Almond Milk(アーモンド)、Rice Milk(米)Coconut Milk(ココナッツ)などがあります。

◎Heavy Cream、Whipping Cream

Heavy Whipping Cream, Pasteurized, Pint ※写真はOrganic Valley HPから

生クリームHeavy CreamおよびWhipping Creamと呼ばれます。
それぞれの脂肪分は、Heavy Creamは36% 以上 、Whipping Creamは30~36%です。

◎Condensed Milk ・Evaporated Milk

両方とも牛乳を濃縮した乳製品ですが、Condensed Milkは糖分が加わった甘いもの、Evaporated Milkは糖分は加わっていないので甘くありません。
かき氷の時には、Condensed Milk!!ですよ!

殺菌方法

※写真はOrganic Valley HPから

牛乳のパッケージよく書かれている「PASTEURIZED(殺菌済)」は、LTLT、もしくはHTST処理を示します。
「Ultra Pasteurized」と書かれているものは、UHT処理されたものです。

殺菌方法は以下の3種類です。

LTLT(Low Temperature Long Time)
145°Fで30分処理する低温殺菌方法。値段は高め。

HTST(High Temperature Short Time)
161°Fで15 秒処理する方法。アメリカの牛乳はこの殺菌方法が多いようです。

UHT(Ultra High Temperature)
275-302°F で4-15 秒処理する超高温瞬間殺菌方法。

賞味期限

アメリカの牛乳の賞味期限は、日本に比べて長く決められています。
「Sell by 日にち」と書かれていて、UHT処理はしっかりと菌を殺すために、賞味期限はPASTEURIZEDのLTLT、もしくはHTST処理よりもかなり長く設定されています。

しかし、配送や陳列状況にもかなり左右されるので、賞味期限を丸々信じないほうがいいかもしれませんし、開封したら賞味期限は関係ありませんので、注意してください。開封後の賞味期限は5日程度です。

そのほか

このほかに、よく牛乳に書いてある単語を紹介します。

◎Homogenized Milk

加熱した牛乳を加圧しながら脂肪の粒子を小さくする処理をった牛乳のこと。粒子のサイズを均一化し、分離しないように処理したもののこと。HOMOなどと書かれている場合もあります。

◎non-rBST Milk

成長ホルモンを使っていない牛の牛乳。

◎Raw Milk

直接牛からしぼったままの殺菌されていない牛乳
安全上の問題から、州によって売買可能・不可能と分かれます。

有名な牛乳メーカー

◎Horizon Organic ホライゾン オーガニック

※写真は、Horizon Organic HPから

牛のマークでおなじみのホライゾンは、1992年からのオーガニック製品会社。
牛乳以外にもチーズや卵もオーガニックのものを提供しています。

◎Organic Valley オーガニック バレー

Whole Milk, Ultra Pasteurized, Half Gallon※写真はOrganic Valley HPから

オーガニックバレーは、1988年より設立された農業協同組合です。2016年にはアメリカ、カナダ、オーストラリア、UKの約2000軒の農家がアメリカを含む25もの国に製品を提供しました。

★これでかなり牛乳について詳しくなれたと思います。我が家はトレジョのWhole milkをよく買っています。