アメリカでトイレトレーニングをする方法・便利グッズまとめ

アメリカでトイレトレーニングをする方法・便利グッズまとめ

アメリカで育児を行うとなると、育児法が少しずつ違うので、日本式、アメリカ式、どちらの方法で行おうか迷うことが多いですよね。
初めての育児だと、どっちか、、、っていうよりも、どっちもわからない!!

で、例えば、アメリカ式に決めたっ!と思っても、アメリカじゃどんな道具やグッズがあるのかもわからない~!

トイレトレーニングもその一つ。
アメリカのトイレトレーニングがいまいちわからない、そんな人も多いでしょう。
そこで今回は、「アメリカでトイレトレーニングをする方法」を紹介します。

我が家の息子も、気が付けばトイレトレーニングが終わっていましたので(長期戦でしたが、、、)実体験を含めて紹介させていただきます。

アメリカ式は、いつから始めるの?

オムツばなれのためのトレーニングはPotty training、もしくはToilet trainingと言います。

トイレトレーニングは2歳か3歳ぐらいで始めましょうか~(えっ!1年も差があるよ!!)と小児科の先生が言うくらい、結構ざっくりの時期。
18ヶ月からトレーニング可能!と言っている人もいますし、子供によっては4歳ぐらいまで興味なし!の子もいるわ、という人もいます。あまり焦ってやりなさい~!とは言われません。

デイケア などでは先生達がトレーニングをしてくれるところも多いようですが、3歳入園のPre-School、および4歳入園のPre-Kあたりだとトレーニング完了、が入園条件になる場合も多いようなので、その子の環境によって、スタート時期を決める人も多いようですね。

ちなみに息子は3歳ちょっと前から始めました。

その時期が早かったか遅かったかは、トレーニングが終わった今でも正直よくわかりませんが、息子は1週間でトイレに慣れてくれたものの、自分からトイレ~と言ってトイレに走るようになるには、、、、半年はかかりました。
長かった~~。

でも、平均は3ヶ月で終了するそうです。。。(こちらの記事から)うらやましい。

季節

日本では、トイレトレーニングは夏が良い、とよく言いますよね?
汚してしまったパンツを洗濯してもすぐに乾くし、パンツで部屋をウロウロさせても寒くないから。

では、アメリカでは・・?
当初は私も夏が良いのかな、、と思っていたのですが、実際は、意外と「冬」がお薦めかな、と思いました。

というのも、我が家は、部屋の多くにカーペットがひいてあるので、おもらししたらカーペットがしっかりと濡れてしまいます(仕方ありません)。
洗剤で汚れを拭くと、さらにカーペットは濡れてしまいます。

そんな時、冬だと部屋にはヒーターもあり、空気も乾燥もしているので、夏よりも冬のほうがカーペットが乾きやすいと思います。また、濡れたパンツをためて洗濯・乾燥機も良いのですが、私はさっと手洗いをして室内に干していたので、パンツも乾きやすくて助かりました。

一方、外出時のトイレ練習は、寒い冬にパンツが濡れた状態で、「トイレどこ~!」と探すのもちょっとかわいそうなので、気候が良くなってからが良いですよね。また、暖かい季節のほうが、薄くて軽い生地の服なので、着替えを持ち歩くのも楽ですし、着替えも何枚も脱がせて・着せて、、、をしなくてもいいです。

どうやって行うの?

私の小児科の先生が教えてくれた方法

1. 2-3日じっくりと家にいる日を決めて、その時はジュースでもかまわないのでとにかく飲み物をたくさん飲ませる。
2.15-30分に1度ほど声をかけ、トイレに連れて行く。
3. 偶然にもおしっこが出たら、もう大盛り上がりで喜んで、ほめまくる。
4. ご褒美をあげる(シールとか)

とにかくテンション高く、パーティーパーティーな感じでほめまくり、トイレを大好きにさせること!がポイントだそうです。

3 Day Potty Training
3Day Potty Trainingという「3日間でトイレトレーニングが完了する!」という本も人気です。
トイレトレを始める日から、子供には何も履かせず、おしっこが漏れる、おしっこを漏らすと床も濡れて嫌な感じがする、ということをわからせることを勧めています。

必要・便利なグッズ

トイレトレーニングに必要・便利なグッズを紹介します。

◎本

Potty (Leslie Patricelli board books)
トイレトレーニングを開始しよう!と思う1-2ヶ月前から、本などで読み聞かせをして、トイレでおしっこをすることをイメージさせておくことが重要です。
この本Pottyは、トイレトレーニングの本として有名です。

◎おまる

【おまるで一番人気】Summer Infant Lil’ Loo Potty
トイレの便座に、子供用の便座をつけるタイプがありますが、それよりも、すぐに部屋の片隅でトイレができて、自分でしっかりと座ることができるので、最初はおまるのほうが安心する子が多いようです。
また、トレーニングの当初は、何度もトイレに誘わなくてはいけないので、部屋の片隅に置いたほうが誘いやすくて手軽です。

Arm and Hammer Secure Comfort Potty Seat
おまるで成功する確率が増えてきたら、トイレに子供用の便座を付けて、トイレでの練習を始めましょう。

私は、上の製品を購入しました。
これは、取っ手が付いているので、洗面所の低い見えにくい位置にフックを付けて、使用しない時にはフックにかけて収納できました。
でも、一方で、子供が座っていた状態から立ちあがるときに簡易便座の一方が少し浮くことがあり、大人用便座とこの簡易便座の間に手を挟まないかとハラハラしたので、一人でトイレに行くようになってからは早々に撤去し、大人用の便座でできるようにしてもらいました。

取り外しが大変かもしれませんが、しっかりとして動きにくい子供用便座があれば、そちらの方が子供にとっては使いやすくて良いのかもしれません。

また、トイレでトレーニングを始めると、トイレがなんか怖いとか、嫌いだ、と思う子も出てくるようなので、トイレに好きなキャラクターのシールを貼ったり、お気に入り、楽しい場所というイメージをつけてあげましょう。

Dual Height Step Stool for Kids
同時に、自分で座れるようにこのような台を用意すると良いですね。また、このような台があると、自分で手を洗う時にも使えるので、便利ですよ。

◎Pull-Ups Pants

Pull-Ups Cool & Learn Training Pants
自分でおむつを下ろせて、おむつよりも下着に近いように作られたのがPull up パンツです。
このHuggiesのCool & Learn は、おしっこをするとすぐに冷たくなるので、子供に「おしっこをした」ということをはっきりと分からせることができるそうです。
また、外出時はプルアップを履かせている人が多いです。

◎Training Pants

布でできたトレーニングパンツです。
股の部分だけが厚手の布になっているもので、中にはビニールなど漏れない加工がしてあるものもあります。

「Gerber Little Boys' 4 Pack Training Pant」の画像検索結果
Gerber Little Boys’ 4 Pack Training Pant
上の商品は、どこのスーパーでも取り扱うGerberのトレーニングパンツ
肌ざわりがよく、股の部分がいくらか厚手になっています。

私はこれを何枚も買って愛用していました。
ものすごーく厚手ではない(しかも、股の部分にビニールなどの加工がされていない)ので、これだと漏れますが、まあ多少漏れるのも仕方ないし、本人に自覚させるには良いかな、と思いこれを使いました。
それより、洗って早くに乾くので、便利。さらに、肌触りが良かったので、気に入っています。(肌ざわりが良いので、トイレトレが終わった今もまだ使っています)
ちなみに、Gerberの商品は、アメリカでいうグンゼ。
そこそこ安くて、質が良いので、おすすめです。

日本製だと、トレーニングパンツは、股のカバーの厚みが何段階かに分かれていて、ステップアップしていくようですね。
そういう細かな商品は、やはり日本のほうがすばらしいです。

◎夜用オムツ

昼間のオムツは取れたけれど、夜はまだ不安、、、というときには、夜用のパンツタイプのオムツを使う場合があります。

GoodNites Bedtime Underwear for Boys (Size L/XL, 58 ct.)
このように125lbまでの大きめサイズもあるので、安心です。

◎Time to Potty App

 Time to Potty- スクリーンショットのサムネイル

トイレに行こう!とアラームで知らせてくれるアプリです。
Time to Potty (iTune, Google Play)などが有名です。

アラームが鳴ったから行くよ!!と声をかけると、子供はノリノリでトイレに行く場合が多く、我が息子もアラームが好きで、アラームのいうことは聞いてくれます。
アラーム効果、すごいです。

◎Folding Travel Potty Seat

OXO Tot 2-in-1 Go Potty for Travel – Green
外のトイレだと、大人サイズなので大きすぎて怖い、などと外出時のトイレを嫌がる子もいます。
そのような場合には便座シートを外出時も持ち運ぶと良いですね。
家でも同じシートを使っておくと、家と同じだ!と安心するようですし、子供サイズのシートになれば、しっかり座れるので良いようです。

上の写真の商品は、簡易のおまるにも、簡易の便座シートにもなる優れものです。
我が家では、外出時の緊急用のおまるとして購入したのですが、折りたたむことができるので、車に置いておいても邪魔になりません。
また、おまるの形にすると結構低いので、子供は気に入るのか?これで外でトイレができるのか??と、ちょっと心配でしたが、その点はすんなり嫌がらずに使っています。


OXO Tot 2-in-1 Go Potty Refill Bags, 30 Count
ちなみにこの商品は、専用のトイレ袋が売っています。

しっかりしたビニールの袋の中央には、厚手の乾いたワイプが付いていて、これでおしっこなど水分を吸収してくれます。

でも、アマゾンのレビューを見ると、結構高額なのでスーパーの袋で代用している人が多いようです。
でも、スーパーの袋ってお店によってはちょっとだけおまるにサイズが合わない、とか、うわ~破れていた!ってこともあるので、私は小さめのゴミ袋を購入して使用していました(それでも、正規品よりも安いので)。

ちなみに、外では、このようなおまるを使わせている人が結構いますよ(驚き!!)。
トイレがない公園などでは、車の横や中で子供がこれを使っているのをかなり目撃しますので、思い切って外出して、おまるを使いましょう!

また、トイレトレーニングが終わってからも、ドライブ中など、いざという時にこのようなタイプのおまるが車につんであると便利だと思います。

◎チャイルドシートカバー

Summer Infant Deluxe Piddle Pad, Black
Summer Infant Deluxe Piddle Pad, Black
チャイルドシートでおもらししてしまったときに汚れるのを防ぐためのカバーです。
長距離のドライブや、予期せぬおもらしに備えておくと、安心です。

◎ご褒美シールとシート

トイレに座った、トイレでおしっこができた、などでご褒美シールをあげると、やる気を出す子供続出です!
息子も最初はシール欲しさでトイレに行っており、気が付けばトイレは苦手ではなくなっていました。

★最後に

息子の場合、トイレに座るのは比較的早くできるようになったのですが、その後、トイレに行くのが面倒くさい、おむつでいいじゃないか、とトイレに行かない反抗期がとても長かったです。
だいぶ経ってきてから、おもらしはなんか気持ち悪い、と思うようになり、、、、気が付けば自分でトイレに行っています(でも、いまだに私がそばで見ていないと嫌みたいですが)。

途中、親が焦って怒ってしまったりしたこともあったのですが、最後のほうはいつかはするようになるでしょ、と、どーにでもなれ~状態で、怒らずに淡々とやっていたら、、、、、あ、濡れたパンツが干されていないな、今日は一度もおもらししてないじゃん!という日が増えた気がします。

いろいろな方法があると思いますが、みんながみんな、最短の道ですーっとできるようになるわけではないので、気長にがんばりましょう。