アメリカの学校 スナックタイムのスナックにおすすめ商品・厳選トレジョ商品

アメリカの学校 スナックタイムのスナックにおすすめ商品・厳選トレジョ商品

さて、息子は現在アメリカの学校に行っているのですが、学校では午前中にスナックタイムという時間があります。
ランチ前に小腹が空いたでしょ、というわけでスナックタイムがあるようです。
そこでどんなスナックを持っていけばいいのでしょうか?

というわけで、今回は「学校でおすすめされるいわゆる”ヘルシースナック”をベースにアメリカの学校 スナックタイムにおすすめスナック」を紹介していきます。

また、トレーダージョーズでもスナックタイム用のスナックとしておすすめ商品がいくつかあるので、そちらも合わせて紹介します。

野菜


日本から来たばかりの人が見ると、びっくりするかと思いますが、ベイビーキャロット、セロリスティック、プチトマトなどの野菜をおやつとしてパクパク食べているのを見かけたことがあります。
といっても、ヘルシー志向の大人がよく行っていて、子供は・・・まあ、実はお菓子の方が好きなんでしょうが。

ベイビーキャロットをがっつりとそのまま袋に入れて、まるでスナックを食べているかのようにポリポリと食べている人を見かけることがありますが、ひよこ豆のペーストHummusやピーナッツバター、サルサソースなどを付けて食べることが多いですし、これらは学校でも推奨しています。
※ただしピーナッツバターはアレルギーの関係から、校内への持ち込みにルールがある学校が多いです。注意してください。

トレーダージョーズでは、このようなカラフルなキャロットも売っています。

フルーツ

りんご、バナナ、ブドウ、ストロベリーなどなど、甘みもあって満足感も高いので、フルーツもお勧めです。
りんごだと、Envy, Opalなどカットしても切り口が茶色くなりにくい品種があるので、そちらを使うといいでしょう(詳しくはこちら)。

Low Fatの穀物系スナック


Pretzels(写真はトレジョのPRETZEL TWISTS)もいいですよね。
このトレジョの商品は、小さいPretzelsがたくさん入っていて、塩加減も控えめなので、お気に入りです。
私はこれらを小さな容器に入れて、ドライフルーツを加えて子供に持たせています。

※写真はトレジョから
全粒粉(グラハム)を使ったクラッカーもおすすめです。細かく砕いてケーキの土台として使ったり、カナッペやソースにディップして食べる商品です。
ただ甘味がないので、これだけをおやつとするのは、少し食べにくいかもしれません。
例えば、写真のような少し甘味が加わったクラッカーだと、子供も食べやすいと思います。


※写真はTrader Jor’sから
また、このようなBaked tortilla chipsもおすすめ。トウモロコシからできていて、砂糖控えめのおすすめスナックです。
上の商品のように、豆やキヌアなどトウモロコシに何か加えて作られた商品も多いので、不足する栄養価を考えて商品を選んでもいいですね。
ただ、塩分が強い商品が多いので、塩分控えめな商品を探しましょう。

ポップコーンは子供が大好きなお菓子のひとつ。
スナックタイムが終わって少しするとランチタイムなので、小腹を満たす程度のお菓子としては最適だと思います。
このように小袋が何パックかセットになって売っているので、一箱買っておくと便利です。
もちろん子供のために、こちらも味が薄めで、塩分控えめな商品を選んであげてください。

このほかに、グラノーラバーも種類が多くおすすめです。

ほか


Trail mix(トレイルミックス)とは、グラノーラ、ドライフルーツ、ナッツ、時にはチョコレートが組み合わされたお菓子です。軽くて持ち運びも楽、栄養価が高くハイキングに最適、として「トレイル」と名付けられています。

Trader Joe’sにも何種類かトレイルミックスが売られていて、私はGo Raw Trek Mixなどチョコレートが入っていないものを選んでいますが(チョコレート入りは、息子がチョコレートだけ選んで食べそうなので、却下です)、何となく学校にナッツを持っていきたくないので(アレルギー問題とかいろいろあるので)私はやめています。
でも、学校の先生が推奨するお菓子のひとつと言えます。

というわけで、私はドライフルーツをよく息子に持たせています。
程よい甘味があり、また満足感がある割にはランチに響きにくいかな、と思います。

ドライフルーツもトレジョではたくさん売っているので、少しずつ試している最中なのですが、今のところ息子は

このリンゴスライスがお気に入り。かっふかふの食感で、私としては”え?このカフカフ感苦手な子もいそうだな”という感想なのですが、息子はお気に入りです。
ちょっと甘酸っぱいです。

そのほかにこのバナナチップレーズン(写真なし)が好きみたい。
バナナチップは砂糖が加わっているのですが、それでも一般的なバナナチップより甘味は控えめです。

このほかに、Go Gurt(ヨーグルト、ならぬゴーグルト)といったスティックにヨーグルトが入ったものや(スプーンが無くても食べれるので便利です)

とろ~っとしたアップルソースもいいですよ。

★子供のおやつタイムは、学校生活での楽しみのひとつ。ぜひいろいろ工夫してあげてくださいね。