アメリカのリンゴの種類・味・料理法など まとめて紹介

アメリカのリンゴの種類・味・料理法など まとめて紹介

今回は「トレーダージョーズで売っているリンゴを中心に、アメリカにたくさんあるリンゴの種類・味・調理法など」をまとめて紹介します。

アメリカでは、どのスーパーや八百屋さんでも、たくさんの種類のリンゴがどっさりと売っていますよね。
たくさん食べる習慣があるのでしょうが、私にはさっぱり?!どれが良いの!???
ついついいつも、無難に「フジ Fuji」ばかり買っていましたが、いやいや、ここいらで本気で調査!と、トレーダージョーズで売っていたリンゴを全種類買って、食べてみました。
味、食感、オススメ調理法と共に、各リンゴの特徴をまとめましたので、御覧ください。

3月に購入したりんごばかりですので、時期が変わって、りんごの種類が変わったら、また追加していきます。

Fuji

 すごく甘い
料理法 そのまま食べる

皆さんもご存知のフジは、日本の原産種です。
アメリカで人気のリンゴ15種に入っています。
数あるリンゴの中で、フジは「とても甘い」リンゴに位置づけされていて、そのまま食べるのが一番オススメですが、パイやアップルソースを作ることも可能です。

Gala

 甘い・香りがある
料理法 そのまま食べる、アップルサイダー

香り高くてジューシー、比較的甘めで食べやすいので、そのまま食べるのがおすすめです。
加熱すると甘さが弱くなるので、パイなどの加熱調理に使う時には、他のリンゴを混ぜて使うと良いでしょう。
2006年には、フジの次に人気のリンゴとランキングされました。

Granny Smith

 酸味があって、少し後味甘く、ジューシー
料理法 そのまま食べる、パイ、アップルサイダー

グリーンアップル、といえば、これ!ですね。
身は硬めです。

グラニースミスは抗酸化物質、カリウム、食物繊維が非常に高いリンゴです。
ビタミンA、Cなども含み、それらは主に皮に含まれているので、皮ごと食べると栄養価が高いですね。

高い酸度と調理時に形を保つので、ベーキング料理に使用されます。
また、カットしても酸化が遅く、味は酸味があることから、チーズと合わせたサラダにもむいています。

Honeycrisp

 甘い、酸味少しあり、香りあり
料理法 そのまま食べる、パイ、サラダ、ソース

とてもバランスの取れた甘みと酸味が、特徴。
リンゴの成熟度に応じてこれらの甘みと酸味が変化します。
加熱調理しても甘いので、パイで利用してもいいですね。

Envy

 甘い・香りがある
料理法 そのまま食べる、ケーキやパイ

カットしてから10時間、身が白いままで酸化しないので、お弁当に入れたり、サラダに加えると良いでしょう。
皮の斑点が多いほうが甘いです。
フレーバーがしっかりしているので、ケーキやパイにも向いています。
2014.15年と販売数が急増し、現在、人気の品種の1つとなっていますが、少々高価です。

Opal

味 甘い、香りがある
料理法 そのまま食べる

カットしても切った面が茶色になりにくいため、お弁当やサラダに最適。
Non-GMOのリンゴとしてワシントン州のBroetje Orchardsのみで栽培されています。
黄色の皮が特徴的で、リンゴのヘタの周りが、茶色になっていますが、これは古いわけではなくて、この種類は茶色になっているようです。

Pink Lady(Crippes pink)

 少し甘み、酸味、ジューシー
料理法 そのまま食べる、パイ、ソース

よくみると細長く、非対称の形がポイント。
果肉は切れたときに酸化が遅く、チーズボード、サンドイッチ、サラダに適しています。
カラーや甘み、酸味の含有量などのチェック項目をクリアしたものだけ、Pink Ladyという名前が付けられ、クリアしなかたものはCripps Pinkという名で販売されます。

加熱しても形が残るので、パイ、タルトなどで使うのもオススメです。

総評

上にあげたリンゴは、全て生でそのまま食べましたが、どれもおいしかったです。
どのリンゴが朝食に出てきても、ありだな~、と思いました。

GALAやFUJIはド定番なので、比較的安値で購入することができます。
どの品種よりも甘く、酸味は控えめです。
甘いリンゴが食べたいときには、この2種類が良いでしょう。

Honeycrisp、Envy、Opalは、酸味、甘み、香りのバランスがとってもよくて、ジューシーな今どきの品種。私はこの3つがどちらかというと好きですが、GALA等に比べると、価格は高めです。

Granny Smithは、「あー、酸っぱいリンゴが食べたい」時に、ぜひ!