アメリカのお土産に最適なグミ特集 

アメリカのお土産に最適なグミ特集 

最近気が付いたんです。
グミがアメリカのお土産でとってもいい!ってこと。

といっても、ハリボーね、って思うでしょ。
違う~、ハリボーだけじゃない!!いろいろ有名なグミがあるんです。
おまけにハリボーだって、いろいろな味があるんですよ。

というわけで、今日は、アメリカのお土産に最適なグミ特集 です。

※こちらもおすすめ
スーパーやドラッグストアーで買えるアメリカの定番人気お菓子11選。安くてお土産に最適です

HARIBO ハリボー

まずは、やっぱり有名なハリボー。
でもメーカーは、、、ドイツなんですよね。実は。

でも、でも、、アメリカにも工場を持っているし、、、
だからお土産に!、、、、って無理がありますかね。

ただ、アメリカではハリボーがすごくド定番で、いろいろな種類があるんです。
面白いので、お土産というか、買ってみるのも良いかな?と思って、紹介します。

例えば、このHaribo Twin Snakes
なんでグミを蛇の形にして、しかも2匹をくっつけてるわけ?と突っ込みどころ満載の形ですが、一方は甘く、一方は酸っぱいので、一緒に食べても、ちぎって別々に食べてもおもしろい商品です。

そして、この奇妙なキャラクターが描かれたSour S’ghettiもおすすめ。
グミが少し分厚く、少し硬くなって、さらに酸っぱくなった商品です。
甘い砂糖がコーティングされていて、意外と食べ始めたら止まらなくなってしまいます。
でも、なんでこのキャラクター、なんでネーミングがスパゲッティ?と突っ込みどころは満載です。

Sour Patch Kids サワーパッチキッズ

こちらの商品はもともとカナダの会社で1970年代から製造され、1985年にアメリカへ紹介されてから爆発的に人気になりました。
1990年代後半に、アメリカのCadbury-Adams 社に買収され、今ではイギリスでも販売されるなどとっても人気、ド定番のグミです。

ド定番なことは、この商品が様々な商品とコラボしていることからも分かります。
シリアル(写真)やヨーグルト、アイスクリームなどにもなっています。

実際のグミは、このように、、、、、笑っちゃうぐらいにパッケージのキャラクターを見る影もありません。
グミ自体は少し固めで、普通に甘いのですが、外側にとっても酸っぱいパウダーがコーティングされています。
食べると、酸っぱい~甘い~のコラボレーションが癖になるお菓子で、子供も大好きです。
たくさん食べると、舌が痛くなります!

お手軽価格ですし、小袋のファミリーパックも出ているので、お土産におススメです。

トレジョ SCANDINAVIAN SWIMMERS

人気スーパー、トレーダージョーズで売っているグミです。
といっても、ハリボーのようなグミとはちょっと違っていて、ゼリー菓子っぽいといいますか、ぐにゅっとした弾力感が少なくて、噛みきるのが簡単。

グミはこの4つの形と味。
黄色:タツノオトシゴ ピーチマンゴ味
赤:ロブスター ベリー味
ブルー:イルカ ハックルベリー味
オレンジ:普通の魚 オレンジ味

カラフルですがこれらは野菜や果物から抽出された自然由来のもので着色しています。
食べた一口目は、なにこれ?グミじゃない!と思うのですが、ついつい2-3個食べてしまって、これもアリだな~と思ってしまう、謎のお菓子です。
形もグミではなかなか珍しいロブスターやタツノオトシゴなので、お土産で渡すと、形で遊びながら食べてもらえて、人気です。

Swedish fish スウェディッシュフィッシュ

これもね、すごく有名なグミ。
もともとはスウェーデンのお菓子会社Malaco が1950年代後半にアメリカ向けに作ったお菓子。
魚の形をしたグミです。

味はアメリカっぽく、香料強め、甘め。
グミっと言っても食感は固めですが、魚の形が気に入ってくれる場合多し!

Twizzlers ツゥイズラー

これね、ほんとどこでも売ってるし、味もいろいろあるし、びっくりするぐらい一つの袋にたくさん入ってるんだけど、
むちゃくちゃ不味い!!!

リコリスっていう独特の薬草みたいなエキスが入っていて、スーッとしてちょっと甘いといか、、、、まあ、薬草の味なんです。
そして、グミかな?と思うと、それよりも結構固い。ゴムかな?ちがうよ、それぐらい固い。
なのに、なのに、アメリカで売れてる~~!

ってか、うちの息子も平気で食べてる~~!
というわけで、興味がある人は買ってみて。