子供の間で流行っている謎ダンス Flossing danceについて解説します

子供の間で流行っている謎ダンス Flossing danceについて解説します

先日、公園で兄弟そろって、志村けんみたいな(古いですかね)腰をふりふり・手をくねくねさせる謎のダンスを、すごいスピードでやっていました。

そして、さらに先日、病院の待合室で、またも謎ダンスをする少年を発見。
あっ!このダンス見たことあるぞ!と、思い切ってその少年のお母さんに話しかけてみました。
「。。。何ですか?そのダンス??公園でも見かけたんですけど、、、」
すると、なんだかすごく流行っているらしいこと、Flossというダンス名ということがわかりました。

そこで今回は「子供の間で流行っている謎のダンス Flossing dance」を紹介します。

どんなダンス?

握りこぶしをした腕を、背中から前部にかけて振り、動きを繰り返し実行するダンスです。

・・・といってもわからないと思うので、この動画をどうぞ。

こんなダンスです。
・・・公園とかで、子供がやっているのを見たことありませんか?

なにが始まり?

この謎ダンス。
Koinonia WSC 2012といったサマーキャンプで行われたのが最初、のようです。

そして、2013年にコロラドのLakewood High Schoolが制作したYou tube(3分27秒あたり)でこのダンスが登場したのが、インターネットの動画でダンスが広まったきっかけと言われています。

そして、 16歳のRussell Horning君が2016年8月にInstagramにこのダンスの動画を投稿し、人気となり

ついには、Katy Perry – Swish SwishのミュージックビデオにBack pack Kid(5分09秒あたり)として登場して、子供やティーンエイジャーを中心にダンスが流行りました。

そして最近では、2017 年のビデオゲーム Destiny 2(上の動画)、2018 年のビデオゲームFortnite内でダンスが登場し、再び流行っているようです。

また、ダンスがキュッキューッと糸ようじしているみたいだから、Flossing danceと呼ばれているとか。

ダンスの仕方

では改めて、ダンスの方法をおさらいしましょう。

1 基本として、握りこぶしにした腕を振る方向と反対の方向に、お尻を振ってください。
2 腕を一方に振った後、もう一方に振る際に、片方の腕はお尻の方に動かします。
3 お尻はサイドからサイドに、腕と反対方向に振りましょう。
4 次は腕全体を反対のサイドに移動させて、同様のことを行います。
練習は、とってもゆっくりからスタートして、徐々にスピードアップしてくださいね。