アメリカで安く歯を治療する方法

アメリカで安く歯を治療する方法

アメリカって医療費がとっても高いですよね。
で、保険に入っていない。保険に入っていたとしても、歯の保険が別だったり、保険は一部の料金をカバーするだけで、結局は高額な料金を払わなくてはいけなかったり、、、と、「歯の治療」は頭が痛い人も多いです。

そこで、今回は「アメリカで安く歯を治療する方法」を紹介します。
治療に行きたいな、、、と困っている人がいれば、ぜひ参考にしてください。

①大都会を避け、現金で値段交渉する

数年前のことですが、NYのマンハッタン某所の歯科で治療の見積もりを出してもらったことがあります。
なんと歯1本の治療で$3500と言われました。

・・・・日本に帰って治療したほうがいいかも、、、と思った瞬間でした。
あまりに高額だったので、一旦帰宅し、知人にいろいろ聞きまくり、NYでもマンハッタンから少し離れたクイーンズ某所の歯医を紹介してもらい、見積もりを出してもらったら、$2000と言われました。
もちろん医師にもよりますが、大都会よりは、庶民的な土地の歯医者のほうが、見積もりが安くなる、傾向が強いと思います。

そして、現金で払うから!と思い切って価格交渉してください。
「え?医者で値切るの?!」と思うと思いますが、ここアメリカでは価格交渉は医者でも可能。
さらにはキャッシュだと交渉が有利です。
交渉後、何だかんだと結局$1500にしてもらった経験があるので、恥ずかしいとか考えずに「交渉」すべきです。
そして、治療はきれいに終わりましたし、数年経った今でも問題なしです。

②コミュニティ・デンタルクリニックを利用する

コミュニティー・デンタルクリニックとは、質の良い口腔ケアをローコストで行うことで、地域住民の健康向上を目指す理念を持っており、すべての州に低価格もしくは無料治療のデンタルクリニック(コミュニティーデンタルクリニック CDC)があります。
dentalclinics.orgのウェブサイトに、それぞれの州の低価格もしくは無料治療のデンタルクリニックマップが掲載されています。

③Dental Schoolを利用する

デンタルスクール (American Dental Association)では、学生が免許を取得する前に、技術と経験の習得をしなくてはいけません。
そのため、治療は無料ではありませんが、かなり低価格で行ってくれます。
学生は、認められた条件下で、認可のある歯科医の監督下で働いていますので、学生ではありますが、慎重に治療してくれます。
しかし、治療に比較的長い時間がかかる、という欠点があります。

また、歯科衛生士スクール(American Dental Hygienists Association)は、歯科衛生士の訓練・経験習得の一環として、デンタルスクール同様に低コストの予防歯科治療を行っているところもあります。

こちらにデンタルスクールの一覧があります。

これをもとにYelp!などでチェックすると、治療の評価等が書かれているので、参考にしてから連絡をしてみてください。
例えばNYだと、NYUが安く治療してくれた!などとブログや掲示板などで見かけると思いますが、NYU以外のデンタルスクールでも治療は行っていますので、確認してみてください。