アメリカで使い捨てコンタクトレンズを簡単・安く購入する方法

アメリカで使い捨てコンタクトレンズを簡単・安く購入する方法

あー、アメリカでコンタクトレンズが無くなった~!
目が悪い人にとっては、一大事。
かくいう私もド近眼のため、使い捨てのコンタクトレンズを使用していますが、これ、なくなったら、生活できません。

えーっと、コンタクトレンズは、日本みたいにコンタクトレンズやさんに行って、、、?アメリカだとどこにあるの?
もしかして、アメリカと日本は、コンタクトの買い方が違うの?
そうなんです、アメリカでのコンタクトレンズの買い方、日本と少しだけ異なります。

そこで今回は「アメリカでコンタクトレンズを買う方法」を紹介したいと思います。

①検査の予約を取る

アメリカでコンタクトレンズを購入するには、検眼医(optometrist)のPrescription(処方箋)が必要です。
また、処方箋をもらうためには、Eye Exam(目の検査)を受けなくてはいけません。
そのために、まずは眼科で検査の予約を取りましょう。

・眼科の医療保険に入っている場合

医療保険のカバーする眼科を探して、Eye Examの予約を取りましょう。
費用は、自分で支払い、後でレシートと処方箋を保険会社に送って保険会社に請求し、保険カバー分を返金(reimbursement)してもらいましょう。

・眼科の医療保険に入っていない場合

眼科に連絡して、Eye Examの予約を取りましょう。
一般的に、眼科でEye Examをすると、保険なしで$200-300かかります。
また、Walmartや、Costcoなどにある眼鏡屋さんでは、店舗に検査場所があり、そこでも処方箋を出してくれ、一般的な眼科よりも安く処方箋を作ってくれます。
WalmartのVision Centerは、眼鏡の処方箋は大体$60、コンタクトレンズの処方箋は$120-150程度かかります。
Costcoだと、会員でなくてもコンタクトレンズの検査、購入ができ、眼鏡の処方箋は$60、コンタクトレンズの処方箋は$90です。

眼鏡の処方箋の検査より、コンタクトレンズの処方箋の検査のほうが高額なのは、コンタクトレンズの処方箋を出すときの検査のほうが、検査が多いからです。

なお、コンタクトレンズの処方箋には、眼鏡の処方箋も自動的に含まれていますので、コンタクトを作るときに、同時に眼鏡を新調しても良いですよね。

コンタクトレンズの処方箋は、1年間、眼鏡の処方箋は2年間有効です。

②検査をする

検査は、日本と同じように幾つかの機械を使って検査していきます。
視野、視力、乱視、眼圧、眼球チェックなどがあります。
視神経、緑内障、白内障などのチェックもしてくれることが多いので、日本でコンタクトレンズを買う時の検査よりも検査数が多いです。
検査によっては、目の瞳孔が開き、おさまるまでまぶしいことがあり、車の運転は特に注意されませんが、あまりにまぶしい場合には、タクシーなどを使い自分で運転することは避けた方が良いと思います。

その後、医師が目の状況を見て、問題なければ処方箋を書いてくれます。
この際、コンタクトレンズのトライアルを行うと、1週間ほど装着し、問題なければ処方箋を、不快であればレンズを変え再度トライアルを行い、処方箋を書いてもらう流れとなります。
初めて検査に行く場合や、コンタクトレンズを変更する時などはトライアルを行いますが、このトライアル期間を考慮すると、使い捨てコンタクトの場合、もう残りゼロ!の時に行くよりは、余裕があるうちに検査に行ったほうが良いと思います。
この際、今使っているコンタクトレンズの空き箱を持っていくと、度数などがすぐにわかるので便利だと思います。

③コンタクトレンズを購入する

検査をしてすぐに病院でコンタクトレンズを購入することもできますが、インターネットで購入したほうが安いです。

Wal-Martが運営している1-800 Contacts, Lens.comなどが有名です。

インターネットで購入する場合は、処方箋の写真を添付するなどします。
まとめ買いをするのであれば、処方箋費用を入れてもアメリカの方が日本よりも安く買えるかもしれません。

処方箋なしで購入する

処方箋なしで購入できるウェブサイトでは、決済や発送などが不安な点もありますが、「アメリカで処方箋なし コンタクトレンズ(英語で)」と検索するといくつもサイトが出てくると思います。
時間がないので1パックだけ欲しい、など、緊急の時には仕方がない場合もあると思います。
しかし、度数だけでなく、目の調子を定期的にチェックするためにも、検査を受けてから購入することをおすすめします。

また、英語のサイトは不安、、、という方には、日本から海外発送してくれるお店もありますし、楽天でもコンタクトレンズを海外販売してくれるショップがあります(楽天
「海外販売」の条件でコンタクトレンズを検索して、そちらを利用するのも良いでしょう。
日本から買う場合は、処方箋がなくても購入できるので、処方箋の費用などを考慮すると、日本のサイトからコンタクトレンズを買うのが一番オトクです。

眼科で使われる英単語

眼科に行くとよく使われる英単語を書いておきます。
検査に行くときには、ぜひ参考にしてくださいね。

眼科医 Optometrist / eye doctor
目の検査 eye exam
コンタクトレンズ contact lenses、contacts
目薬 eye drops
近視だ nearsighted ( I am nearsighted)
遠視だ farsighted
乱視 astigmatism (I have an astigmatism)
斜視  squint, crossed-eye
老眼  presbyopic
結膜炎 conjunctivitis
緑内障 glaucoma
かすむ、コンタクトが見えにくい blurry
充血した目 bloodshot eyes
眼精疲労  eyestrain
瞳孔 pupil
眼圧  intraocular pressure(IOP)

★もしアメリカですぐに眼科に行けるか分からないという人は、渡米してすぐに眼科に行くなどするのは大変なので、日本で多めにコンタクトレンズを購入してから渡米することをおすすめします。

★また、アメリカではソフトコンタクトが主流で、ハードの取り扱いは少ないようです。