アメリカのクレジットスコア クレジットヒストリーを上げる 改善する方法

アメリカのクレジットスコア クレジットヒストリーを上げる 改善する方法

アメリカでは、ローンで何かを買う時だけでなく、携帯電話を契約する時などでもクレジットスコアーの良し悪しが関係するほど、クレジットスコアーというものが重要視されています。

そこで、今回は「クレジットスコアーとは。また、クレジットスコアー クレジットヒストリーを上げる 改善する方法」を紹介しようと思います。

クレジットスコア、クレジットレポート、クレジットヒストリーとは?

日本では「ローンをすることは、借金を持つこと」と、マイナスなイメージがありますが、アメリカでは「ローンを組めることは社会的に認められていること」とプラスのイメージで解釈します。

「クレジットヒストリー」とは、ソーシャルセキュリティーナンバーで管理された「支払い履歴」のことです。
所有するクレジットカードの利用・支払い状況、そして車や住宅などのローンの借り入れ金に関する状況が細かく記録されています。

「クレジットスコア」はクレジットヒストリーを基に算出されたスコアです。
アメリカにはEquifax、Experian、TransUnionという機関があり、それぞれが独自にクレジットヒストリーからクレジットスコアを算出しています。スコアー算出にはいくつか方法がありますが、有名なものはFICOです。

さらに、これらは「クレジットレポート」にまとめられています。
レポートにはすべてのクレジット、ローンなどの借り入れ・支払い状況が掲載されています。

クレジットカードの契約、住宅ローンの契約、住宅賃貸時、車のローン契約、携帯電話の契約時などには、このクレジットスコアーが確認され、契約をするかどうか、スコアーに合わせた金利などが決められます。
携帯電話の契約に行くと、ソーシャルセキュリティーナンバーを聞かれると思いますが、それはクレジットスコアーを確認しているのだと思います。

クレジットスコアーを確認してみる

1カード会社やローン会社で確認する

最近では、カード会社やオートローン会社でステートメント発行の際にスコアーを掲示してくれるところも多いです。
まずは、ご自身のカード会社やオートローン会社のマンスリーステートメントを確認するか、各社顧客アカウントにオンラインでログインしてみてください。

昨年から、よく利用するChaseがオンラインでスコアーを教えてくれるようになりました(別サイトへ移行しますが)。私は、たまにそこから確認をしています。

2クレジットスコアーサイトで確認する

クレジットスコアーは、幾つかのサイトで閲覧できます。
有料か無料か、スコア計算の種類、スコアについてどこまで詳細にすることができるか、といったことが異なります。

Credit Karma
有名なサイトです。
TransUnionとEquifaxのスコアを無料で確認できます。
カードやローンの提案などもしてくれます。

FICO
myfico.com  からクレジットビューローのスコアが全て掲載されたレポートを購入することができます

Annual Credit report
アメリカでは年に一度、三大クレジットビューローが発行する各クレジットレポートを無料で入手することができます。
しかしこの無料レポートではスコアを見ることはできません。

クレジットスコアーに影響すること・スコアを上げる方法

では実際にスコアーには何が影響しているのでしょうか。スコアーに関係しそうな要因を、より詳細にみていきましょう。

①借り入れ残高

借り入れ可能額と実際の借り入れ額の状況は、クレジットスコアの30%に影響すると言われています。

これは、クレジット限度額内で余裕をもって借り入れし、きちんと返済していることがとても重要です。
つまり、支払いできる金額を考えた上で、計画的に借りているのか、が判断されます。
しかし、全く借りていない場合は、この能力があるのかどうか判断できないので、それはデメリットとなります。
たくさんのクレジット限度額があり、少ししか借り入れしていない状態がベスト

また、カードを数枚持っている場合は、カード全体での平均ではなく、1枚ずつで判断するので、すべてのカードをバランスよく利用してください。

また、借り入れの種類も重要です。
どのようなものを、どういう会社から借り入れているかといった情報も、クレジットスコアに関係します。
たとえば車を現金で買うことができる状態でも、スコアを上げるためにあえてローンを組み、きちんと返済をする、などということを行うのも手段の1つです。

また、どのような会社から借り入れているかについては、銀行のクレジットカードやローン、車のメーカーのオートローンなどは良い会社と判断されますが、ディーラーやストアの発行するローンは、クレジットスコアがある程度悪くても組むことができるため、あまりよくない会社と判断されます。
あまりよくない会社のローンを組むということは、そのようなローンしか組めなかった、と判断され、スコアは下がります。

良い会社の良いローンを、無理をせず借り、もちろんしっかり返す、ことがクレジットスコアを良くするために重要です。
近所の小さな中古車屋さんで、ローンを組んで車を購入するのはやめましょう。

支払い履歴

期限までにきちんと支払ったかを記した支払い履歴は、クレジット・スコアの35%を占めるとても重要な内容です。
支払い履歴には、支払いを期日にしているか、延滞がある場合はどのくらいの期間の遅延か、延滞の金額はいくらかなどが記されています。

通常クレジットカードは、期限に最低支払い金額を払えば問題ありません。
期日を過ぎてしまっても遅延料金は発生しますが、スコアには影響しません。
一方で、一回の支払いの遅れでも、しっかりとクレジットスコアを下げます。
最低支払額だけでも良いので、必ず期日には対応してください。

ちなみに、クレジットカードのような月に1度支払いをして、時には最低支払額を払えば良いリボルビング、公共料金のように毎月全額支払わなくてはいけないもの、住宅ローン、自動車ローンなどの各3種類の支払いが10年以上記録にあると、スコアがかなりよくなるそうです。

Derogatory Marks

裁判所の支払い命令や差し押さえがあったかもクレジットスコアには大きな悪影響があります。
自己破産の場合、その後きちんと支払い履歴を残していけば、スコアがだんだんと改善されるのに比べ、支払い命令や差し押さえは、支払いが済んだ後でも長い間ヒストリーに残るので、絶対に避けてください。

Age of Credit History

全てのアカウントの平均保持年数と、一番長く持っているアカウントの年数との両方が考慮されます。
これは、クレジットスコアの15%を決めるとされています。

クレジットヒストリーは長いほどスコアには良いので、複数のアカウントを持ち、それらが何年もたったアカウントであることが、クレジットスコア上は有益です。
何年ももっているカードがあれば大切に使うようにして、古いアカウントを安易にクローズすることはやめましょう。

また、アカウントの利用状況も重要です。
ただ持っているだけで利用していなければ意味がありません。
持っているカードを使い続けることがスコアーを良くします。

新規のクレジット・アカウント状況

自身でスコアをチェックすることは問題ありませんが、車のディーラー、住宅のローンオフィス、銀行やカード会社によるスコアチェックや、新規にアカウントを開いたかどうかは、スコアに影響を及ぼします。

たとえば、短期間の間に複数のスコアチェックがあった場合、クレジットスコアを大きく引き下げます。
なので、ただ、クレジットカードの勧誘メールが届いたからとたくさん申し込んでしまうと、カード会社によるスコアチェックが幾つも行われ、点数が下がってしまうので注意しましょう。
しかし、45日以内であれば、複数のスコアチェックがあっても一回とカウントされます。
家を買う時、車を買うときなどには、最適なローンを探すためには、複数のスコアチェックが生じますが、必要なので行ってください。

もしスコアが良くない場合、まずはその原因を突き止めましょう。
年に一度はクレジットレポートをチェックして確認することも重要です。