アメリカの人気スーパー Whole foods ホールフーズってどんなスーパー?スーパーの様子・おすすめ商品などを紹介します

アメリカの人気スーパー Whole foods ホールフーズってどんなスーパー?スーパーの様子・おすすめ商品などを紹介します

みなさんの町にはスーパーのWhole Foodsがありますか?
私は何度か引っ越しをしているのですが、長い間、Whole Foodsは”近所”にはなく、行ったことはあるけれどお菓子を買った程度、、、で、どんなスーパーかよく知らないままでした。

しかし、数年前に引っ越しをしてからは、近所にWhole Foodsがあり、利用することが一気に増えて、なかなか詳しくなりました。

そこで今回は「Whole foods ホールフーズってどんなスーパー?スーパーの様子・お得商品など」を紹介します。

Whole Foodsとは

1978年、John MackeyとRenee LawsonがAustinにSaferWayというベジタリアン・ナチュラルフードショップを開設したのが始まりです。
1984年ごろからヒューストン、ダラス、カリフォルニアと店舗を拡大し、現在では北アメリカおよびイギリスに計479店舗も展開しています。

2017年8月にはAmazonが買収したことで、今までと少しづつ変わり始めています。

どんなお店?

日本でいう・・・「成城石井」?のような位置づけでしょうか。
価格は少し高めです。
下記で紹介しますが、以前はとーっても高いスーパーでした。しかし、AmazonがWhole Foods を2017年に買収してから、価格の見直しが行われています。一部の商品はTrader Joe’sやWalmartの商品価格と同じにして、安い!という印象を与えていますが(牛乳、卵など安い商品を出しています)、それでも全体的には少々高いかな?期待したほどじゃないな、といったところでしょうか(庶民の私が厳しい目線で観察した結果です)。

一方で品ぞろえは豊富で、高級食材も多く扱っているので、ほかのスーパーにはないようなものも売っているのがとっても魅力的。たまに気分転換に行くと、珍しい商品が購入できて、「よっし、料理がんばろう~!」という気持ちにさせてくれます。
また、オーガニック食材、商品もたくさん扱われています

商品の品質としては、状態が良いと思います。
魚などは、少し高めですが、おいしいです。
価格を考えると、個人的には日系か韓国系のスーパーで”新鮮でおいしい”ところを見つけたほうが種類・価格ともにうれしいのですが、それが難しい場合には、Shop riteなどのスーパーで試してみて”大外れ”になるような魚介類を試すよりは、Whole Foodsで”絶対おいしい”ものを買うことをお勧めします。

ただ個人的に、野菜やフルーツは、Trader Joe’sや韓国スーパーで充分かな?と思っています。
正直アメリカのスーパーでは、野菜やフルーツを買うときには、商品が傷んでいないか?など自分でしっかりチェックしないといけませんが、それをすればWhole Foodsでなくてもおいしい野菜や果物は手に入れやすいと思います。
特にTrader Joe’sだと商品の回転が良く、そこそこおいしいものが入荷している、韓国スーパーですと、品質管理がよく、フルーツなどは甘くてジューシーなものが多いです。

一方で、Whole Foodsでは、各部門でたくさんの自社評価を行っているので、商品を購入するときの品質の参考になると思います。
例えば、シーフードは天然魚に対してサステナビリティ・レーティング・システムを利用し、養殖のものは、第三者審査機関が行う水産養殖基準に適合しなければなりません。
2018年度までにGMOの製品表示を行う、と発表もされており、見た目や味だけでは見えにくい部分も消費者を安心させてくれます。
商品の味なども重要ですが、Whole Foodsが好きなカスタマーは、上のような見えない安心の部分も好んでいる人が多い気がします。

Amazonが買収したことで変わったこと

2017年8月Amazonが買収してから、Whole Foodsがいろいろ変わってきています。

①オンラインオーダー

Amazonは一部の地域で、Whole Foodsからの2時間のデリバリーを開始しています。
オンラインで新鮮な生鮮品、シーフード、肉、花、ベーカリーなどが注文でき、2時間以内に届けてくれるそうです。
しかしそのためには、Prime メンバーがAmazon Freshに登録(毎月14.99ドル)しなくてはいけません。

②キャッシュバック

※写真はAmazon HPより抜粋。

Amazon Rewards Visa Cardを使って買い物をしたプライムメンバーは5%のキャッシュバックがあります。プライム会員でない人で上記のカードを使用した場合でも、3%のキャッシュバック、とAmazon Rewards Visa Cardを使用している人にキャッシュバックしてくれます。

また、キャッシュバックではありませんが、プライムメンバーの人は、この黄色いセールサインが付いていると、価格がなんと10%オフになります!

App Store,Google Play, もしくはAmazonからWholefoodsアプリをダウンロードして、Amazonの登録メールアドレス、パスワードでログインすると、バーコードが出てくるので、レジで見せればOKです。

このほかにもプライム会員限定セールがあったり、、、、と、Amazonのプライム会員がお得に買い物できるようになっています。

こちらの記事にも書いてあります。

③価格が少し安くなった

※写真はWhole Foods HPより

Whole Foods’の自社製品「365 line」やSiggis Yogurt, Chobani, といったブランドや、卵、フルーツ、魚、冷凍食品などの価格が見直されました
これにより、Trader Joe’sと同じか近い価格の商品もいろいろ出てきています。

④Amazon商品

Amazon Echos や Echo DotsといったAmazon商品が販売されています。

⑤Amazonロッカー

Amazonで注文した商品を、ロッカーで受け取ることができるAmazonロッカーが一部店舗に設置されています。
買い物が終わると同時に荷物も引き取れる、のは忙しい人にはとてもうれしいサービスです。

おすすめ商品

Whole Foodsのおすすめ商品を紹介します。
買い物の参考にしてください。

パンやクッキーなどのベーカリー

Whole Foods 店舗には、ベーカリーセクションがあり、多くの商品が店舗で焼かれていて、なかなかおいしいです。
種類も豊富で、選ぶのも楽しくなります。

卵の記事(こちら)でも書きましたが、Whole FoodsではPastured Eggs を販売しています。
生で食べる・食べないの話として書きましたが、Whole Foodsの卵は味がとてもおいしく「卵らしい味」がしっかりしていました。

上記に示しましたが、魚は比較的安定のおいしさです。
またとても清潔にされていて、鮮魚売り場が全然臭くありません。

調味料


こちらの記事に書きましたBetter Than Bouillon シリーズが売っています。
まろやかな味なので、使い勝手がとても良いです。

また「365 Olive oil」はとってもお手頃価格でおすすめです。
もちろん味もよし!なので、人気商品です。
知人の家でもよく見かけます。

スキンケア・化粧品

Whole Foodsはオーガニックを中心としたスキンケア商品・化粧品・ビタミン剤などが充実しています。

こちらのGood Soapはシアバターを使った石鹸です。
香りは優しく、使っていると肌がしっとりする、とかなり好評です。
しかもとっても安い!フェアトレード商品です。

※写真はWhole Foods HPから

毎年3月に期間限定で販売されるAnnual Beauty Bagはとってもおすすめ。
なんと、洗顔料や化粧品、化粧品、シャンプーなどが含まれたこのコスメポーチは約$100分の商品が入って約$20!で買うことができます。

ポーチもかわいいので、毎年買う人続出の人気商品です。
3月になったら、Whole Foods をチェック!

Bulk Food

米、穀類、小麦粉、パスタ、豆、穀類、ナッツ、ドライフルーツ、などを必要量だけ購入できるBulk販売をしています(一部の店舗ではハーブ、スパイスなども)。

料理の時には、必要な量だけを購入することができますし、コーヒーなどは少量ずつ試してお気に入りのものを見つけることができます。

買い方はとっても簡単。
近くにあるバッグに商品を欲しい量だけ入れ、袋を止めるツイストやラベルに、商品のPLU番号を書いてください。
あとは通常通り、レジに行けばOKです。
Bulkコーナーは何度も利用して愛用しています!

★Whole Foodsは、パッケージがかわいい商品も多いです。
買ったことない商品だけど、、、とパッケージ買いをすることもよくあります。
また、お土産を買う場所、としても重宝しています。
見ているだけでも楽しいので、ぜひ利用してみてくださいね。