【お土産にもおすすめ】電子レンジで簡単にポップコーンを作る方法と味付けシーズニング

【お土産にもおすすめ】電子レンジで簡単にポップコーンを作る方法と味付けシーズニング

最近、我が家では毎週金曜日にムービーナイトとして、家でご飯を食べながら映画をだらだらと観ることをしています。新型コロナでお出かけもできないですし、小さな娯楽として。

ご飯もダラダラムードを盛り上げるべくジャンクフード!
ハンバーガーとかホットドック、タコスとかピザで。いつも和食が中心なので、かなりテンションがあがります。

で!その時に絶対必要なのが”ポップコーン”
ポップコーンの袋入りもよく売っていますが、我が家では売っている乾燥トウモロコシを使ってポップコーンを作っています。

作り方

わたしはトレーダージョーズで売っているこのポップコーンの素を使います。
これ、700g以上入っていて、$2.49と激安です。

電子レンジ対応の容器にポップコーンを入れ
今回は大さじ1程度(慣れるまでは少な目にね)

蓋をして、電子レンジで5分ほど加熱します。
※電子レンジは日本よりもパワーがあるので、日本のレシピなどを参考にするならば、それよりも加熱時間を減らしてください。
ポンポンっと音がして、ポップコーンが出来上がります。
何度も加熱を繰り返す場合には、はぜたポップコーンは取り出して、はぜていないものだけを加熱するようにしてください。加熱しすぎると焦げるので、様子をみながら行ってください。

透明な耐熱容器(ボウル)だと中の様子もよく見えて、便利ですよね。

アメリカだと、お皿の上にバターを置いて、一緒に溶かす人も多いようですが、加熱時間が長くなると焦げそうなので、注意してください。

電子レンジが終わると、ふわふわのポップコーンの出来上がりです。
容器やお皿がすごく熱いので、とにかく気を付けてください。

溶かしバターやカレー粉などお好みのフレイバーをかけてください。

Kernel Season’s Popcorn Seasoning Mini Jars Variety Pack, 0.9 Ounce (Pack of 8)

こういったポップコーン用のシーズニングがスーパーで売っているので、利用するのも良いですね。ベーコンチェダーとかはシーズニングがないと味付けできない味だと思うので、ぜひ一つ用意しておきたいです。

この味を実際に買ってみたのですが

中は粉ミルクのようなサラサラパウダー。
これをポップコーンにかけると一気に買ったみたいな味になります。
溶かしバターをかけてからパウダーをかけたほうが、ポップコーンによく味がからむと思います。

Pop Secret Popcorn, Homestyle, 30 Count

このような商品は、乾燥コーンが小分けになっていて、小分けの袋ごと電子レンジに入れればポップコーンができます。これとシーズニングをセットにしてお土産にしても喜ばれると思います。

息子情報によると、小学校ではお弁当にポップコーンを持ってくる子も多いようなので、少量がぱっと作れるようになると、使い勝手が良いですよね。

Ecolution Original Microwave Micro-Pop Popcorn Popper, Borosilicate Glass, 3-in-1 Silicone Lid, Dishwasher Safe, BPA Free, 1.5 Quart Snack Size, Red

上のような専用の容器でも作ることができるので、よく作るならこういった容器を買ってもいいですね。