映画パラサイトの謎の食べ物、チャパグリを作ってみた

映画パラサイトの謎の食べ物、チャパグリを作ってみた

先日、韓国料理のチャパグリを作ってみたので、紹介します。
チャパグリは、映画”パラサイト”のワンシーンで出てきたメニューで、とってもお金持ちのセレブの人が、ふっとB級グルメのチャパグリを食べてほっとする~、といったシーンがあるのです。

で、チャパグリを実際に作ってみました。

用意するもの

Chapagettiというインスタント麺と、NEOGURIというインスタント麺を用意してください。
そう、チャパグリ、という名前の名称は、チャパゲッティーのチャと、ネオグリのグリからきています。

プラス
ニンニク1かけと、牛肉があると良いでしょう。

作り方

フライパンに油を入れ、スライスしたニンニクと牛肉を加えて炒めます。

さて、同時に麺も茹でましょう。
それぞれのパッケージに入っている”かやく”も一緒に茹でてください。

茹で上がったら、ゆで汁をお玉2杯ぐらい取って置きます。

麺はザルにあげます

牛肉を炒めているフライパンに麺を投入し

急いで袋に入っているスープパウダーを入れ

急いで取っておいたゆで汁も加えて、混ぜ合わせます。

チャパゲッティーについているオイルもお忘れなく。

完成。

見た目がとってもB級です。
で、味は??
じわーっと辛くて、ビールがすすみます。
麺が太く、モチモチしています。
見た目はソースっぽいのですが、何味?と表現すればいいのか、出会ったことがない味です。
もう少し旨みがあるともっとおいしいかもしれませんが(それこそソースをひと掛けしてもおいしいかもしれない)、「THE B級」っていう味で、嫌いじゃないです。

モチモチの麺をぜひお試しあれ。

2020年8月13日追記

あら、まあ。
ChapaGuriが作れるインスタントカップが売っていました。
あらー、これ、便利ですね。