アメリカのスーパーで売っているTAHINIで、胡麻ダレを安く作る方法

アメリカのスーパーで売っているTAHINIで、胡麻ダレを安く作る方法

今日は「アメリカのスーパーで比較的普通に買える調味料 TAHINIで、日本風の胡麻ダレを作る方法」を紹介します。

アメリカのスーパー(日系ではなくても)では、TAHINIという調味料が比較的ふつうに売っています。
その調味料を使うと、お安く手軽に日本の胡麻ダレを作ることができるので、ぜひ試してみてください。

TAHINI タヒニとは

タヒニとは、いりごまの皮を取り、すりつぶした調味料。少量のオリーブオイルや塩が加えられている場合が多いです。
ただ種類によっては、生の胡麻を使っていたり、砂糖を加えて少し甘くしてある商品もあります。

中東や地中海、北アフリカ、中国などで料理に使われる一般的な調味料で、例えば中東だとディップで使うフムスの材料になります。
・・・というか、いりごまをすりつぶした調味料、、、って、まさに日本の「練りごま」とほぼ一緒じゃないですか?!

ではこのタヒニを使って、胡麻ダレを作ってみましょう!

TAHINIタヒニを使った胡麻ダレの作り方

今回は近所の韓国スーパーで売っていたこちら↑を使用しました。

材料は、いりごまと塩。

Joyva Sesame Tahini, 15 Oz

今回は使用しませんでしたが、こちらのTAHINIはとってもよく見かける商品です。

中身はトロトロ濃厚なペーストです。
胡麻ペーストが分離して、ペーストと油の2層になっていると思いますが、少し暖かい室温に置いておくとちょっとだけ柔らかくなるので、使用する時にはしっかりと混ぜてくださいね。

タヒニ–大さじ2
砂糖–大さじ2
–大さじ2
サラダ油–大さじ1
ごま油–小さじ1
醤油–小さじ2
–大さじ3
ニンニクすりおろし–少々

そして、上の調味料を混ぜると、胡麻ダレの完成です!

私はこういった使っていないパッケージに調味料をそのまま全部加えて、蓋をしてシェイクシェイクして作っています。
2-3回分ぐらいを1度に作って、冷蔵庫で保存です。
水が含まれているので、早めに使用してください。

このタヒニからドレッシング、ディップソース、担々麺なんかも作れますので、少しずつ工夫していろいろな料理にTahiniを使ってみてくださいね。

★このほかに、アメリカで買える・作れる 日本らしい料理に使える調味料も参考にしてみてください。