アメリカで車のタイヤに空気圧を入れる方法・場所

アメリカで車のタイヤに空気圧を入れる方法・場所

私の住む街では、もうしっかり雪が降る季節になりました。
冬になると、、、、そう、車のタイヤの空気圧が下がること、知っていましたか?

突然、車のエラーランプが点灯してびっくりしてしまいますが、空気が冷えて縮小し、空気圧が下がっているのです。

そこで、そんな時のために「アメリカでタイヤの空気圧を入れる方法」を紹介します。
自分で入れることは難しくないので、ぜひお試しください。

タイヤに空気を入れる手順

①ガソリンスタンドで空気が入れれる機械を探す

ガソリンスタンドの片隅にあるこのようなAIRと書かれた機械が、タイヤに空気を入れる機械です。
コードが届くように近くに車を停めてください。
そして、コインを入れる箇所が詰まっていないか、ホースの先の金具が壊れていないか、チェック!

②タイヤのキャップをはずす

次に、タイヤの空気キャップを前輪・後輪 計4箇所、外してください

③ホースをさして、圧力を測る

機械には細いホースが付いていて、その先端にはこのような金属が付いています。

黒い細いホースの先から空気を入れ、ハンドル部分の金属で圧を測ります。

この黒いホースの先端

タイヤにまっすぐ差し込みます。

するとゴールドの部分からにょきにょき、っと金属が出てきて、圧力が表示されます。
(もちろん機械によっては、こんなアナログじゃなくてデジタルのところもあるでしょう。。)

④空気を入れます

そこで、空気圧が不足しているようであれば、ノズルを握り、空気を入れてください。

目安の空気圧は、運転席のあたりに↑このようなシールが貼ってあると思います。
このFront, Rearの空気圧を参考にしてください。前輪と後輪で圧が異なるので、注意!

空気圧はまめにチェックすることで、燃費がかなり違うみたいですね。
これを機に、ぜひタイヤチェックを行ってみてくださいね。