アメリカ NY州の交通ルール⑦

アメリカ NY州の交通ルール⑦

Driver’s manual bookはDriver’s schoolやDMVで販売しています。
こちらでダウンロードすることも可能です。

NY州の交通ルール①Chapter1.2.3
NY州の交通ルール②Chapter4
NY州の交通ルール③Chapter5
NY州の交通ルール④Chapter6
NY州の交通ルール⑤Chapter7
NY州の交通ルール⑥Chapter8
NY州の交通ルール⑦Chapter9
NY州の交通ルール⑧Chapter10.11

Chapter 9. アルコールとドラッグ

アルコールとは
アルコールは迅速に反応する能力を低下させます。
はっきりものを見る、スピードや距離の判断などができにくくなります。
ヘッドライトのまぶしさからリカバーするのも時間がかかるようになります。
通常、夜は視界が悪くなるので、暗くなってからアルコールを摂取して運転することはさらに危険です。

他のドラッグ
ドラッグは運転に影響を与えます。
アルコールと同様、もしくはより悪い影響を与えます。
薬の処方箋やラベルに書かれていることをよく読み、使用量を守りましょう。
さらには、薬とアルコールの両方を摂取すると、影響がより悪化します。

アルコール、他のドラッグの罰則
NY州では以下の行為を行うと逮捕されます。
・酔っている状態でのアグレッシブ運転(Agg-DWI)
・酔って運転すること(DWI)
・0.08%以上の血中アルコール量での運転(.08BAC)
・ドラッグにより判断能力の悪化での運転(DWAI-drug)
・アルコールにより判断能力の悪化での運転(DWAI)、アルコールとドラッグの両者

アルコール血中量(BAC)は、血液中のアルコール%のことで、0.05%からimpaired としての法的証拠となり、0.08以上ではIntoxication、0.18以上では酔っている状態でのアグレッシブ運転(Agg-DWI)とされます。
また、アルコールやドラッグはケミカルテストをしなければ証拠にならない、と思う人も多いでしょうが、警察官は運転の仕方、会話やしぐさの様子から判断するので、テストをしなくても証拠になります。
アルコールやドラッグ関与での罪になると、ドライバーライセンスの取り消し、もしくは停止されます。

YOUR BAC
BAC(血中アルコール量)は、
・どれぐらいのアルコールの量を飲んだか
・飲んでからどれぐらいの時間が経ったか
・あなたの体重
に関係します。
アルコールの種類や体質は関係ありません。
5%の12oz缶ビール1本は0.02%BACに相当し、一般的に0.02%BACを取り除くには、約1時間かかるといわれています。
BACを減少させるには、時間の経過を待つしかありません。コーヒーやエクササイズ、冷たいシャワーなどの行為でBACは減少しません。

Chemical Test
BACを測るために行うケミカルテストでは、血液、息、尿、唾液などを使用します。
アルコールやドラッグ下での運転により逮捕された場合、警官はケミカルテストを要求します。NY州の”Implied Consent”下では、この場合、テストに応じなくてはいけません。
もし逮捕された後にケミカルテストを拒否した場合、裁判所で罪状を言い渡されたときに、ドライバーライセンスは停止します。

THE CONSEQUENCES
NY州ではアルコールを含む飲料を購入できるのは、21歳からです。
そこで21歳未満の人が0.02~0.07のBACで運転した場合、”zero tolerance”law により罰則があります。
6か月間のドライバーライセンスの停止、サスペンション料$100、ペナルティー$125がかかります。
2度目に行うと、ドライバーライセンスは少なくとも1年、もしくは21歳になるまで無効になります。