2重国籍の場合のアメリカ~日本間パスポートの使い分け方

2重国籍の場合のアメリカ~日本間パスポートの使い分け方

アメリカで生まれた子は、例えば親が日本人の場合は、アメリカと日本での2重国籍が可能です。
しかし、2重国籍にした後、日本~アメリカ間、または第3国などを飛行機で行き来する場合、パスポートはどのように使い分けたらいいのでしょうか?

今回は「2重国籍の場合のアメリカ~日本間でのパスポートの使い分け方」を紹介します。

パスポートの使い分け

航空チケットの購入・サービスカウンター

チケットは、アメリカ在住でしたらアメリカのパスポート情報で購入してください。
この場合、航空券とパスポートの名前を一致させてください。

ちなみにアメリカのパスポートと日本のパスポート名が異なる場合、理由を提示することで日本のパスポート名にカッコ書きで追加表記してもらうことが可能です。

そして、サービスカウンターでのチェックインは、同じくアメリカのパスポートを提示します。

アメリカのチェックインカウンター:アメリカパスポート
日本のチェックインカウンター:アメリカパスポート

出国・入国

出国、入国はそれぞれの国のパスポートを提示してください。
そうすることでビザが無くても大丈夫になります。
第3国に入国する場合には、その国に適した(ビザの条件など)ほうのパスポートを使えば構いません。

アメリカから出国:アメリカパスポート
日本へ入国:日本パスポート
日本を出国:日本パスポート
アメリカに入国:アメリカパスポート
国籍を持たない第三国の場合:便利なほうで。ただし入出国は同じパスポートを使うこと

二重国籍について

アメリカでは2重国籍は合法です。
日本においては、22歳までに国籍をどちらか(日本か他国)に選ばなくてはいけない法律があります。

パスポートケース

8 Multiple Passport Document Family Travel Holder Wallet Organizer w/RFID Blocking & Removable Wrist Strap

パスポートがいくつもあると、サービスカウンターではこっちを出して、出国審査ではこちらを出して、、、とバタバタします。
そういう場合にはこのようにたくさんのパスポートがまとめて持ち運べ、さっと出せるフォルダーを持っていると便利です。
これはパスポートを入れる場所のほかにも数枚カードもいれることができ、小銭などジッパー付きの場所もあります。
このパスポートケース、実際に購入して使ってみたのですが、とっても便利。
家族みんなのパスポートが一緒になると、とにかくささっと出せる。
チケットも挟めるし、使わないお金やカードも入れておける。
とっても使いやすかったです。
ただ、家族分を私が持っているので、責任重大すぎて、何度かパスポートケースをチェックしました。