カーシートの種類とカーシートルール(ニューヨーク州)

カーシートの種類とカーシートルール(ニューヨーク州)

アメリカで車を利用する時やタクシーを利用する時に「カーシートって必要なんだっけ?何歳まで必要?」などと気になることが多いですよね。
また「カーシートを買おうかな」と思ってもいろいろなタイプがあって何を選んで良いのやら。

そこで今回は「カーシートの種類とニューヨーク州のカーシートルール」について紹介させていただきます。

交通ルールは各州で少しずつ異なりますので、かならず車を利用する州のルールに基づいて行動してください。

NY州でのカーシートルール

4歳未満の子供は、チャイルドシートを使用しなくてはいけません。
8歳未満の子供は、ブースターを含むチャイルドシートを使用しなくてはいけません。
16歳未満の人は、シートベルトを使用する必要があります。
これらに違反した場合、 $25から$100の罰金、さらには 3 points がドライバーに課せられます。
またNY州のルールでは、子供を前のシートに乗せてはいけない、というルールはありませんが、前の席よりも後ろの席のほうが事故の場合に怪我や死亡する確率が低くなるので、12歳未満の子供でも後ろの席に座ることをおすすめします。

公共のバス、イエローキャブ、ハイヤーは、カーシート着用の義務はありませんので、小さなお子様でもカーシートなしで乗ることができます。

しかし、首の座っていない赤ちゃんがいる場合やカーシートなしが不安に思われる方などは、カーシートを用意してくれるハイヤーなどもあるので、事前にチェックすることをおすすめします。
アプリで簡単に呼ぶことができるカーサービスUberLyftでも、カーシートのオプションがありますので、ピックアップリクエストの際にカーシートを選択してください。

さらに、NY州では出産の退院時には、たとえタクシーを使って帰宅するとしても、カーシートを病院に持参しなければ、退院することができません。
また、カーシートを持った状態でキャブを呼ぶと、きちんとカーシートを装着してくれますので、安全に赤ちゃんと一緒に帰宅することができます。

カーシート、ブースターの種類

カーシートやブースターは、いくつか種類があります。
また安全を保つためにカーシートの保証期限が明記されていますので、人から譲り受ける場合など、特に注意してください。

カーシートやブースターは、それぞれの車によって合うもの、合わないものがあります。
購入前に車にちゃんと合うものかどうか確認してください。
さらには、子供はどんどん成長していきます。
常に子供の体型、年齢にあったサイズのものを使用してください。

★Infant Car Seat


新生児や小さな赤ちゃん用にデザインされたInfant Car Seatは、車に向かって後ろ向きになっています。
大体8-9ヶ月でサイズオーバーして使えなくなります。

Graco Fastaction Fold Sport Click Connect Travel System Stroller


※写真が見にくくてすみません。

AmazonのInfant Car Seatで一番人気のこの商品は、このようにストローラーとセットして使用することもできるので、ストローラーとセットのものを購入する方も多いようです。
(カーシート単体でも販売していますGraco SnugRide Click Connect 35 Infant Car Seat

車からパコっとカーシートをはずして、赤ちゃんを運ぶことができるのは嬉しいポイント。
いちいち赤ちゃんのハーネスを外して、抱っこして、、、、としていたら、買い物や移動も大変すぎます。
カーシートごと移動できれば、赤ちゃんを起こさなくてもいいですよね。


Graco SnugRide Click Connect 30/35 LX Infant Car Seat Base

また、車を2台以上お持ちの場合はカーシートの台だけを余分に購入しておき、各車に設置しておおくと、車を替えて使う時にはとっても便利です。
もちろん、ご自身の使用しているカーシートにあった台(Base)を購入してくださいね。

★Convertible Seat

このシートは、 子供が小さいときには車に向かって後ろ向きに(rear-facing)、子供が大きくなったら前向きに(forward-facing)使用できるカーシートです。

後ろ向きに座ると、首などへのストレスが軽減され、小さな子供が使うのに安全なので、子供が2歳になるまで、またはメーカーが許す最大体重に達するまでは、車に向かって後ろ向きに座らせることをおすすめします。

Graco Extend2Fit Convertible Car Seat

Amazonで見かけたこちらは、Convertible Seatでよく売れている商品の1つです。
フットレストやヘッドレストが伸びるので、子供の成長に合わせて使用することができます。

★Booster seat


Evenflo Big Kid High Back Booster

こちらはシートベルトが正しく身体にフィットするために使用するものです。
※少なくとも4歳までは使用しないでください。
シートベルトを使用するので、小さい頃に使うチャイルドシートについているようなハーネスはついていません。


Graco Backless TurboBooster Car Seat

背当てのないブースターもあります。
上の商品は、背当てのないブースターの中で人気の商品です。
ブースターが小さく車に載せ替えるのも楽なので、サブのブースターとして用意すると良いかもしれません。


Evenflo Maestro Booster Car Seat Thunder

また、Toddlerの時期から使うブースターも販売されています。
ハーネスがついているので、小さい年齢の時にはハーネス付きで、大きくなったらハーネスを取ってシートベルトで着用することができます。

★All-in-One Car Seats


Graco 4Ever 4-in-1 Convertible Car Seat

このAll-in-oneタイプは、赤ちゃん(4パウンドから)が使えるrear-facing、少し大きくなって使うforward-facing、そしてBoosterにまでなる商品です。
上の商品はAmazonのAll-in-oneタイプカーシートで人気の商品です。

赤ちゃんのときから

大きくなってブースターにしても使用できます。

カーシート、ブースターの種類と使用年齢の目安

この表はUnited States Department of Transportationに掲載されていたものです。

もちろんお子様の体重、身長に合わせて使用するチャイルドシートを決めなくてはいけませんが、おおまかな年齢と使用するチャイルドシートの種類が表になっているので、ぜひ参考にしてください。

また、rear-facingタイプはforward-facingタイプより、forward-facingタイプはBoosterタイプよりも、子供をカバー・サポートする場所が多いので、より安全です。
どんどん新しいタイプのものにするよりは、なるべく長くrear-facingタイプ、forward-facingタイプを使用することをお薦めします(チャイルドシートの体重、身長限度内で)。

グッズ

カーシート周りのグッズはいろいろ販売されています。


Munchkin Auto Seat Protector, 1 Count

チャイルドシートを購入する際には、このようなシートプロテクターを買う人も多いようです。
車のシートを保護し、チャイルドシートが動きにくくなります。
しかし、チャイルドシートのサイズは各種様々ですので、メーカー推奨のシートプロテクターがあれば、そちらを購入したほうが良いと思います。
購入前には必ずチャイルドシートのサイズをチェックして、そのサイズに合ったプロテクターを購入してください。

Kick Mat Seat Back Protectors with PVC Pockets Seat Covers For Car BackSeat

脚が前の席の背に届くようになると、みごとに子供が背もたれにキックしたり、汚れた靴をベターっと付けてきたりします。
そこで、椅子汚れ防止のために、このようなキックマット・シートを付けると便利です。

ドライブなどでは子供が暇を持て余す時期もやってきます。
そんな時にはどうしてもいくつかおもちゃが必要になってきますので、車内がおもちゃで乱れがちになりますが、これならおもちゃも収納できるので良いですね。


J.L. Childress Ultimate Backpack Padded Car Seat Travel Bag, Black

旅行の時などはカーシートをレンタルすることも可能ですが、このようなバッグを使って持ち運ぶこともできます。
荷物にはなりますが、日頃使い慣れたカーシートを使い続けることができるのは、子供もぐずらず、助かります。

★(最後に)
車両のオーナーズマニュアルとカーシートのマニュアルをしっかり読んでからお使いください。特にカーシートの取り付け方法が間違っている場合が多いようです。各自治体などではカーシートの取り付け方講座なども開かれていますので、ぜひ利用してください。