冬休みにスライムを作って遊ぼう アメリカ

冬休みにスライムを作って遊ぼう アメリカ

お子様がいる家庭のみなさ~ん。
この寒い中、どうしていらっしゃいますか?
もしくは
この長い休みをどうやって過ごしていらっしゃいますか?

私は、息子の休みがようやく半分ほど消化され、折り返し地点!
がんばれ~~、もう少しだ~~、の状態です。

そして、そんな中、息子が半日ほど遊んでくれる”スライムづくり”を2種類紹介します。
子供ってスライム作り好きですよ~。くにゅくにゅずーっと遊んでくれるので、助かります。
ぜひこのスライムづくりで、お母さん達、助かってください!

①ふわふわスライムの作り方

用意するもの

Glue —2/3cup
—1/4cup
baking soda— 1/2 tea spoon
Shaving form— 2C
contact lens solution (boric acid, sodium borate含むもの)—1.5 Table spoon

Glueとはボンドのことです。
Michealsなどのクラフトショップに行くと、こういったボンドを使ったスライムキットが売っています。
まあ、いろいろな材料がセットになっているので、とっても便利なのですが!!なかなかいいお値段するので、自分で材料をそろえたほうがいいですよ。
というわけで、Michealsの50%オフクーポンがある日に、ボンドだけ買ってきました。

続いて、Baking Sodaはこちら。
スーパーの小麦粉コーナーか、洗剤コーナーに売っています。
上の商品は食品でも使える精製度が高いものですが、掃除用の精製度が低いもので構いません。

続いてシェービングフォーム
ジェルじゃないです、フォームにしてください。
上の商品と同じものでなくても構いません。
薬局のカミソリコーナーにあります。

最後に、contact lens solution
成分表にboric acid, sodium borateの2つが含まれているものにしてください。

20 Mule Team Borax Detergent Booster

というのも、スライムを作る時にはよくBoraxというものを使う、と書かれている場合が多いのですが1箱買ってもそれほどスライムには必要ないのでたくさん残ってしまうのも嫌だし、、、、と、今回はBoraxを使わないレシピを探したのです。
で、おそらくその成分をカバーするのが、contact lens solution 。コンタクトレンズを使っているので、この液は買わずに家にありました。成分に、boric acid, sodium borate含むものを使用してください。

作り方

とっても簡単。
Glue、水、baking soda、Shaving form、contact lens solutionの順にボウルに加えて混ぜるだけ。

ビローン

②別のスライムの作り方

Glue –1/2cup
Baking soda– 1/4 tea spoon
水– ~1/4cup
contact lens solution (boric acid, sodium borate含むもの)– 3/4 table spoon

作り方

こちらも同じく混ぜていくだけ。

写真ではわかりにくいかもしれないのですが、①のほうがふわふわしたスライムです。
2日連続でスライムづくりをして楽しんでくれましたよ。
遊び終わったらジップロック袋に入れて空気を抜いてしまってみました。
2-3日経ったけど、まだ遊べるみたいです。