アメリカ ペットボトル・瓶・缶 リサイクルマシーンの使い方

アメリカ ペットボトル・瓶・缶 リサイクルマシーンの使い方

少し大きなスーパーにある、こういったリサイクルマシーンを見たことがある人も多いかと思います。
今回、初めてこれを使ってみたので報告します。

今回は、トレジョの紙袋、満タン(弱)の缶とペットボトルを持ってきました。

機械の使い方はとても簡単で、ペットボトル、缶、瓶それぞれ○の箇所に1つずつ入れるだけ。
一つ入れると○の箇所でローラーが回転し、バーコードを読み取ったらシュレッダーに自動で送り出されます。
※バーコードを読み取るので、ペットボトルなどラベルははがさずに持って行ってください。

ちなみに換金額はラベルやボトルに書いてあります。
私が住んでいるところでは5セントです。


持ってきたすべてのものを入れ終わったら、穴のそばにある”グリーン”ボタンを押してください。レシートが出てきます。

このレシートを機械を設置しているスーパーのサービスカウンターに持っていけば、換金してくれます。
今回は全部で$1.35でした。

今まで捨てていた缶やペットボトルですが、換金してみると、侮れない金額だなーと驚きました。息子は”リサイクル”という意味と”お金がもらえる”という意味から、すごく興味を持って自分で機械に持っていく!と言っています。