アメリカでも運転したい!国際運転免許証を取得する方法 運転するには?などについて紹介します

アメリカでも運転したい!国際運転免許証を取得する方法 運転するには?などについて紹介します

さて、アメリカに旅行、留学、移住する場合に、事前準備として用意するものの一つに「国際運転免許証」があります。
これは海外で自動車やバイクを運転する場合に必要なもの。

しかし、絶対に必要なのでしょうか?国際運転免許証があれば、どこででも運転ができるのでしょうか?そして、取得するためにはどうすればいいのでしょうか?

そこで今回は「アメリカに旅行、留学、移住する方必見。国際運転免許証を取得する方法、実際に運転する方法など、国際運転免許証についてイロイロ」を紹介します。

なお、アメリカは交通法が州によって異なりますので、今回は、NY州について記載させていただきます。ご注意ください。

なお、アメリカで運転するなら、これだけは知っておいて!
アメリカの運転で日本と違う交通ルール 15選 も合わせてご覧ください。

国際運転免許証(International Driving Permit)とは?


※写真はWikipediaより

ジュネーヴ交通条約締結国(+ドイツ)内で、国際運転免許証と日本の運転免許証を所持すると、自動車や二輪車の運転ができるようになります。
アジアだと、インド、韓国、カンボジア、シンガポール、マレーシア、タイ、ラオスなどほとんどの国、そして、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカと幅広い地域で国際運転免許は通用します。

私が取得した時の7-8年前には、「国際運転免許証」なんて大それた名前だし、「国際」で通用する免許証なのでどれほど素敵なカードかしら、と期待していましたが、実際はパスポートをひと回り大きくしたドデカサイズの「厚紙」の冊子でした(紙なんだ~、とがっかりしました)。

国際免許証の有効期限は1年です。
何度も海外で運転する場合には、有効期限内か確認してください。

NY州で運転するには?


NY州の場合、非居住者(Non-residents。90日以内の滞在)は、他国のドライバーライセンスを持っていれば、運転することが可能です。
つまり、日本から短期でNY州に旅行へ来た場合は、日本の免許証を持っていれば、それだけで運転をすることが可能なのです。(驚きでしょ?!)

しかし、警官にドライバーライセンスを見せなくてはいけない場面に遭遇した場合、例えば日本語のライセンスをアメリカの警察官が読めない場合がほとんどなので、トラブルになってしまう場合があります。
そこで、法的には日本の免許証だけでも運転はできますが、トラブル回避のためにも、国際運転免許証を取得し、携帯することをお薦めします。

また、居住者の場合は、NY州に居住することになってから(住所が確定してから)30日以内にNY州のドライバーライセンスを取得してください
居住者がこの期間を過ぎてから国際運転免許証だけで運転すると、無免許運転とみなされる場合があります。

アメリカのほかの州やカナダでのドライバーライセンスを取得している場合は、NY州のライセンスと交換することができます。

日本で国際運転免許証を取得する方法

◎申請場所

国際運転免許証は、各都道府県警察署の運転免許課や運転免許センター、運転免許試験場などで申請することができます。

運転免許センター・運転免許試験場で申請した場合には、即日発行が可能です(私は30分もせずにもらえました)。
警察署で申請した場合には、発行まで2週間程度かかる場合があります。

◎必要書類

・国外運転免許証交付申請書(申請場所の窓口にあります)
・運転免許証
・海外への渡航を証明する書類(パスポート、船員手帳、航空券など)
・古い国際運転免許証を持っている方は、その国際運転免許証
・証明写真1枚(縦5cm×横4cm。無帽、正面、上三分身、無背景で申請前6か月以内に撮影したもの)
・手数料(2500円前後。都道府県ごとに異なります。)
・印鑑(認め印)

◎申請時に注意すること

①運転免許の種類が、大型特殊・小型特殊・原付・仮免許(大型・中型・準中型・普通)のみの場合は、申請できません。
②運転免許証の有効期限内であること。免許停止処分を受ける人や停止中の人は手続きできない。
③国内免許の有効期限が1年未満の場合には国際免許証の発行を受けることができません。(※1年以上の海外滞在期間中に国内の免許期限が切れる場合。この場合は、国内免許の更新を先に行ってください)

※一時帰国で国際免許証を申請するには
海外在住で日本へ一時帰国した時に運転免許証の更新をする方法 を参考にしてください

最後に

国際運転免許証だけでの運転はできませんので、必ず日本の運転免許証を一緒に携帯して下さい。

また、国によって通行の方向、交通ルールがかなり異なります。
免許証があるから、といって過信せずに、免許保持者に同乗してもらい、練習することをお忘れなく。

※アメリカでは、日本と反対の右側通行、さらには信号が赤でも安全ならば右折可能(州による)など、日本と異なるルールが多くあります。注意してください。
(参考にしてください。アメリカの運転で日本と違う交通ルール 15選

※申請方法や証明書は、都道府県によって異なる場合があります。ご注意ください。
※NY州のHP(NY州で運転するには。 ExchangeするにはNY州に引っ越した人へも確認してください。)