日本一時帰国時に使うSIMカードを空港で安く簡単に手に入れる方法

日本一時帰国時に使うSIMカードを空港で安く簡単に手に入れる方法

このたび、日本に約3週間ほど帰省しました。
そして今回、SIMカードをある方法で購入してみたのですが、空港で安く簡単に手に入れることができたので、早速、紹介しようと思います。

①Amazon JapanでSIMカードを選ぶ

まずは、Amazon JapanでSIMカードを選びましょう。
SIMカードはたくさん販売されていますが、どれを買うか?悩むところですよね。

私は①期間、②容量、③Amazon.co.jp が発送する商品であること(空港で手に入れるために)、おまけに価格やレビューを考慮して選びました。

IIJ Japan Travel SIM for unlocked phone 1.5GB

3週間の滞在でしたので、30日間使用可能のものをチェックして、この商品に決めました。

このSIMカードの良いところは、SIMカードのアクチベーションがとにかく簡単なこと。

アクチベーションのために電話をかけたり、店頭で対応してもらわなければいけないものもありますが、これはそれら不要。SIMカードを携帯電話に差し込むと、アクチベーションの為に専用サイトだけ立ち上がるようになっており、そこで全登録が可能です。
SIMカードに書いてある説明通りに入力するだけで、問題なく設定することができました。

また、1.5GBの容量を購入しましたが、滞在中の宿泊場所ではほぼWifiが使える環境下でしたし、移動時も車ではカーナビを使い、モバイルでナビをほとんど行わなかったなど、結局、携帯をさほど使わなかったこともあり、半分強の容量が残りました。モバイルで動画を見ないようにしたのも、容量をセーブできた理由の一つかもしれません。

②コンビニ店頭受け取りで購入する

SIMカードを選んだら、早速購入すれば良いのですが、このとき郵送先をコンビニ店頭受け取りにしてください。

そう、空港内にあるコンビニを受け取り場所として選べば、飛行機を降りてすぐ、空港でSIMカードを受け取ることができるのです。

先ほどにも書きましたが、「Amazon.co.jp が発送する商品」でないとこの選択項目は出てこないと思いますので、注意してください。

方法としては、Amazonで注文内容を確認するときに、郵送先の住所などが出てくると思います。その時に赤丸で記した「店頭受け取りも利用できます」の箇所をクリックして、希望する店舗を入力、指定すればOKです。

例えば、成田空港には以下のようなコンビニで店頭受け取りが可能なようです。
参考にしてください。
※コンビニはいくつも空港内にあるので、注意してください。
MAP

第1ターミナル
・ローソン(5FとB1) 千葉県成田市三里塚御料牧場1−1

第2ターミナル

・ファミリーマート(B1)千葉県成田市古込1−1

第3ターミナル

・ローソン (2F) 千葉県成田市取香字上人塚148‐1

③受け取りに行き、設定する

あとは、コンビニに出向いて商品を受け取り、SIMカードを設定すればOKです。
設定はカードの説明通りにすればOK.

Slim SIM Card holder case

このとき、事前にこのようなSIMカードケースとピンがセットになったものを準備しておくと、それまで使っていたSIMカードを収納し、カード交換するのも楽だと思います(ピンもお忘れなく)。