アメリカのおすすめ節約キャッシュバックアプリ!swagbucks, rakuten, ibotta, receipt hog, Fetch Rewards 

スポンサーリンク

節約ってやっぱり気になりますよね。
ケチケチするのは嫌だから買うものは買いたいけれど、コレを使えば・すれば得するってわかっているなら、やりたくないですか?簡単ならぜひぜひやりたい!ですよね?!

というわけで、今回は「アメリカのおすすめ節約アプリ!swagbucks, rakuten, ibotta, receipt hog、Fetch Reward」を紹介します。
特に”大変だ~”ってことはせずにポイントなどが集めれるものばかりですので、ぜひお試しください。

※2021年4月にアプリ Fetch Rewardsを追加しました。

このサイトからオンラインショッピングするとポイントが貯まる

まずは、SwagbucksRakuten.

これらSwagbucksやRakutenは、そのサイトから買い物したいショップのサイト(アマゾンとか)に移動すると、買い物した商品に応じてポイントがたまり、SwagbucksやRakutenからキャッシュバックがもらえるというものです。

いろいろな方法でもポイントが貯まる  Swagbucksとは

2008年創立のポイントサイトです。こちら
このサイトの特徴は、いろいろな方法でポイントを集めることができる、そのポイントはAmazonなどのギフトカードんい還元することができます。

以前、よくこのサイトを使っていたのですが、子育てとともに忘れてしまい、最近このサイトを思い出して、またよく使うようになりました。

ポイント集まるのにどうして使うことを忘れていたのか、、、そんな自分に怒りすら覚えるぐらい、このサイトではちゃんとポイントをためて、何度も商品券に変えています。
今までAmazonの商品券を$400以上もらっていて、ちゃんと換金してくれる安全なサイトです。

方法としては、買い物をする、ビデオを見る、アンケートに答える、体験してみる、検索する、ゲームをするとポイントを集めることができ、ポイントを集める方法が多いのがこのサイトの特徴です。

そのなかでも、アンケートとかビデオとか面倒なので、私は「買い物をする」だけでポイントを稼いでいます。

方法はとっても簡単、このサイト内にあるお店のバナーから、お店のショップに行くだけ。
ショップで買い物した価格や商品によって、ポイントが付くのです。

Targetやebay、Walmartなどはよくオンラインで買い物をするのですが、そのまま各サイトに行かずに、Swagbucksのサイトから行くだけで、ポイントがたまるので、すごく得でしょ?!
ひと手間かけるだけですから!!

で、気が付いたら結構ポイントがたまっている、という流れです。
商品券から計算すると、大体1SBは1セントになり、キャッシュバックはアマゾンをはじめ多くのショップギフトカードと変更できます。
ちなみにアマゾンギフトカードは2200SBで$25カードと交換できます。

なお、入会して30日以内に300SBゲットすると、さらに300 SBがボーナスプレゼントとしてもらえます!

入会で$10もらえる Rakuten

Rakuten日本でも有名なあの楽天です。
アメリカでもともとあったeBuytsを買収し、アメリカではショッピングサイトではなくて、キャッシュバッグサイトになっており、Rakutenのページから買い物をすると購入金額に応じてキャッシュバックがもらえる仕組みです。

キャッシュバック方法はとても簡単。


①まずこちらからアカウントを作ります。
②アカウントができたらRakutenトップページで買い物をしたいショップを検索します。
(トップページにショップが出ていればそこをクリックすればOK)

今回は”H&M”と入力してみました。

③目的のショップの”Shop Now”をクリックする(絶対忘れないで!!)

④自動で目的のお店のサイトに移行する。ので、そこからいつも通り買い物をする

これをすることで、”Rakuten”と”ショップ”での購入状況がリンクされ、購入金額分のキャッシュバックがRakutenにつくのです

Rakutenのアカウント”Shopping Trips”というページを見ると、購入して得たキャッシュバックがあれば✔マークが付き、そこにカーソルを持っていくといくらキャッシュバックされたかも見ることができます。

ちなみに、Rakutenにアカウントを作り、上の方法で買い物を$25以上すると$10キャッシュバックがあります。
しかし必ず登録後から90日以内に買い物を$25以してください。そうしなければキャッシュバックされませんので、気を付けてください。

クーポンの代わりに

対象商品の購入でキャッシュバックされる ibotta

ibottaは、指定された商品・製品”を購入したら、キャッシュバックできるアプリで、2012年にコロラド州デンバーで設立されました。
クーポンがアプリに入っている、と思えばいいでしょうか。

ibottaでは今までに2億ドル以上のキャッシュバックを支払い、アプリは2000万回以上ダウンロードされています。

アプリでは様々な商品が紹介されていて、例えばこの場合だと、Nature’s Ownという食パンを買うと、後で$0.75のキャッシュバックがもらえます。
商品は、牛乳、りんご、パン、パスタなどなど。
1個のキャッシュバックは1ドルに満たない少額ですが、こちらも”ちりも積もれば、、、”で、意外とためることができます。

商品は、ブランド名・商品名が指定されている場合と、”炭酸水ならなんでもOK!”といったブランド名なし、の場合とがあります。
また、ストアーも指定されている場合と、指定されていない場合とがあります。
TargetやWalmartなどの大手のスーパーならば、登録されていると思うので、そういったところで買い物する方に便利だと思います。

キャッシュバック方法は、対象商品を購入後、レシートと対象商品のバーコードをスキャンすればOKです。

レシートを送るだけでポイントが貯まる

かなりどんなレシートでも対応してくれる Receipt Hog

Receipt Hogとは、レシートを送ることでポイントがもらえたり、ポイントがゲットできるスロットを回せるアプリです。

レシートで何の役に立つの?と思うでしょうが、ここは市場調査の会社。
顧客がどのような商品を、どの価格で購入するか?といったデーターをレシートから得ることができるので、みなさんのレシートを集めるのは、意味があるんですね。

例えば上記のようなグロッサリー、スーパーマーケット、ドラッグストアーなどのレシートではコインが、ホームデポなどそれ以外のショップではスロットの券をゲットすることができます。

対象商品の購入とレシートの両方でポイントゲット Fetch Rewards

対象商品の購入と、レシートを送ることの両方でポイントが集めれるのがこのFetch Rewardsです。
集めたポイントはAmazon、Target, スターバックス、Ultaなどなどのかなり多くのギフトカードと交換することができ、1000ポイントは1ドルに相当します。

ウィスコンシン州マディソンに本社を置くFetch Rewardsは、このカテゴリで最も急成長しているリワードアプリです。 2017年のリリース以来、アプリは1900万回以上ダウンロードされ、700万人近くのアクティブユーザーがいます。現在までに、10億近くのレシートを処理し、買い物客に1億2000万ドル以上の節約をもたらしました。

方法はとても簡単で、過去2週間までのレシートをスキャンするだけ。
買い物前に対象商品のデジタルクーポンをクリップする面倒な作業は必要ありません。
Receipt Hogなどのレシートスキャンをしているならば、このアプリでも同じ作業でポイントが貯まるので、Fetch Rewardsも試すと良いと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました