アメリカで日本のネギは売ってる?ネギの種類いろいろ紹介します

アメリカで日本のネギは売ってる?ネギの種類いろいろ紹介します

アメリカで生活していても、やっぱり必須なのが”ネギ”。
これだけは譲れない~!という人も多いはず。

とりあえず、近所のスーパーで見かけたネギっぽい種類は3種類。

さて、どういう野菜なのでしょうか?

Scallion

すごくネギっぽいけれど、白いところが少し短い
Big green onion

太めのネギなのか?Leeks

さて、それぞれ解説してみます。

Scallionとgreen onion

こちら、ネギっぽいけれど1本がかなり細いScallion.
アメリカンスーパーでも結構目にするこの商品。
日本名では「わけぎ」

タマネギとネギ(A. fistulosum)の雑種です。

といっても、かなり風味がまろやか。
小口切りにして、お味噌汁や納豆に使えますが、ネギより風味は少ないです。
食べやすいけどね。

アメリカだとサラダに混ぜたり、そのサラダっぽいものをサンドイッチに挟んだり、、とハーブ的に使われています。

一方、それがもう少し成長したのがGreen Onion.
このお店では”Big Green Onion”と書かれていました。
ビッグなんでしょうね、普通のよりも。(適当ですみません)

Scallionよりも少し緑の部分が長くなり、白い部分が少しだけぷくっと膨らみます。
こちらも辛みもなく、まろやかな風味です。

さらに成長するとSpring Onionになります。
白い部分がもっと丸くなって、”玉ねぎ”らしさを主張してきます。
玉ねぎ部分は、一般的な玉ねぎよりもまろやかな味です。
一方、緑の葉の部分は、Scallionよりも風味が強くなります。

Leeks

実はこれ、根深ねぎにそっくりな西洋ネギなんです

スープなどに加え煮込むと、ねっとりとした甘さが出てきます。
ただ、生のままだと、ゴワゴワしているので、納豆などに加えるには不向きです。
しかし、加熱すると甘みが出て、ネギっぽい辛さなども無いので、とても食べやすいです。

ということで、我が家ではScallionを納豆やお味噌汁ように購入しています。