アメリカで人気のストローラー(ベビーカー) 価格・特徴など一挙紹介

アメリカで人気のストローラー(ベビーカー) 価格・特徴など一挙紹介

今回は「アメリカで人気のストローラー(ベビーカー)」を紹介します。

ストローラーは、時には1日に何度も頻繁に使うもの。何度も買い替えるものではなく長く使うもので、まるで車を選ぶかのようです。種類も豊富にあるので、悩んでしまいますよね。
これこそ、満足のいく使い勝手のいいものをじっくり選んでほしいです。
ぜひ購入の際には手に取ってから考えていただきたいのですが、その前にどれを見てみようかな~と選んでおく参考になれば、と思います。

出産予定の方は、Amazon Registryで商品を登録しておくと良いですよ!
リストをシェアして、ベビーシャワーが簡単になりますし、そこから商品を買うと
10%オフになります!
もしもプライム会員だったらなんと15%オフ!!!
ぜひ登録しておいてくださいね。

チェックポイント

まずは、ベビーカーをどのような状態で使うのか、どこに行くのか、よーく考えてください。
スーパーに行く?どうやって?車で?それともベビーカーを押して?
ということは、買ったものはどこに入れる?車からのベビーカーの出し入れは?
というように、家から出かける~~帰ってくるまで、を様々なシチュエーションで考えると、どんなところが自分にとって重要なのかが、見えてくると思います。

一方で、旅行に行くような時には軽い、とか飛行機の手荷物サイズか、とかを考慮して「旅行用」のものを一つ購入しておくと、楽なことが多いです。

具体的には

・荷物置き場の大きさ
・ベビーカーを開けたり閉めたりするのはどうするのか?(その時赤ちゃんはどんな状態か)
・トレイテーブル、チャイルドシート、追加のシートなどオプションは?
・新生児対応にする?
・ブレーキはどこにあるか?
・ハーネスのタイプは?(安全性の高いのは5ポイントハーネスです)
・シートはリクライニング型か?
・タイヤはどういったタイプか?サスペンションはあるか?プラスチックタイヤか空気が入ったタイヤか、では振動の伝わり方がかなり違います。3輪タイプは、簡単に押せるのでジョギングタイプが多いです。
・重さ 階段を上る、混雑した市内バスに乗る、、などいろいろな場面を想定してみてください。高級なベビーカーは丈夫で安全ですが、重量がある場合が多いです。
・折りたたみ方 ベビーカーを折りたたむのは、赤ちゃんを抱えた状態で片手で可能なものですか?両手の場合は、赤ちゃんがどこにいる状態ですか?また、車のトランク、自宅のクローゼットなど、収納が可能であるか、も検討しなくてはいけません。
・収納バスケットどうでしょうか? ベビーカーでスーパーに行くつもりでしたら、そのバスケットスペースで足りますか?またポケットやドリンクホルダーはありますか?スマートフォン、ドリンクなどはどこに置くつもりですか?
・キャノピーはどういった形状ですか?子供を有害な紫外線からブロックするのに役立ちます。
・使用目的は?旅行用ですか、ジョギング用ですか。
・ハンドルバーは固定ですか、調整できますか?通常、ハンドルバーは平均的なサイズのユーザーに対応して固定されています。 一方、調節可能なハンドルバーは背の高い親をサポートするのに適しています。
・予算は?
・住んでいる地区はどんな感じですか?砂利のある地域で使用する場合には、サスペンションがあるものが乗り心地が良いのでおすすめです。
・布の部分は取り外せるか?洗えるか?

いつからいつまで使うの?

ベビーカーが乳児用カーシートに対応している場合、または赤ちゃんが横たわるタイプのものは、出生時から使用できます。 そうでない場合は、赤ちゃんが座って首のコントロールができる6ヶ月頃にベビーカーの使用を開始できます。

モデルによって異なりますが、多くのベビーカーは体重が約50ポンド(22.7㎏)になるまで子供を乗せることができます。

ストローラーのタイプ

All-purpose strollers: 幅広いシーンで使える。
Travel systems:フルサイズストローラーと、ベビー用カーシートのセット
Lightweight strollers: 軽いストローラー。旅行向けにおすすめ。
Double strollers: 双子や小さい年齢の子供が2人いる場合に使うシートが2席あるタイプのもの。
Jogging strollers: ジョギング対応のベビーカー。がたがたした道でも、乗り心地が良いようにサスペンションシステムを備えています。(しかし、すべての商品がジョギング対応ではありません。3輪タイプだとこういう名称をつける場合が多いです)
Stroller frames: ベビーカーの骨組み。カーシートを取り付けることができるので、互換性を確認してください。
Full-size strollers: フルサイズ。十分なバスケットスペースがあります。
Umbrella strollers: 傘のように折りたたむことができ、持ち運びができてコンパクトなタイプ。フルサイズのベビーカーほど頑丈ではありませんが、収納スペースをとりません。

人気ストローラー

人気のストローラーを紹介します。価格、性能、用途など、なんらか特徴があるものがやはり人気になっている傾向があります。

※片手でたためるかどうかは、商品動画などを参考に判断しました。最近は商品紹介のYoutubeがあるので、観てみるととても参考になると思います。
また、購入前には実際に、ご自身で触ってみることをおすすめします。

Baby Jogger

Baby Jogger City Mini GT2 Stroller

Baby Jogger City Mini GT2 Stroller

Amazon価格 $399.99
重量 最大65 lbs
ストローラー重さ 21.4 lbs

片手でたためる ○
カーシート対応 ○(別売)

全地形対応ホイール、調整可能なハンドルバー、ハンドルで作動できるパーキングブレーキあり。
都会に住んでいる人向けで、混雑した通りや地下鉄で簡単に操作できます。 また小さなスペースに保管し、赤ちゃんを抱きしめながら片手で折りたたむこともできます(片方の腕で赤ちゃんをつかみ、もう一方の手でベビーカーのストラップを引っ張ります)。
UV 50+のサンシェードが非常に低くなって赤ちゃんが完全に日陰になります。
チャイルドトレイなど様々なオプションがあるので、便利です。

infant car seatカーシート(別売り)を取り付けることができ、赤ちゃんの時から長く使用することができます。

Joggerと名称に書かれており、サスペンションホイル、車輪が3つ、となっていますが、ジョギング用ではありません。

Baby Jogger City Select Stroller

Baby Jogger City Select Stroller 

Amazon価格 $431.99
重量 最大45 pound weight capacity per seat
ストローラー重さ 34.06lbs

幼児用シート 180度、反対向き可能
片手でたためる △
カーシート対応 ○(別売)

Baby Jogger City Select はタイヤが4輪になり、座席を追加することができるので、2人用にもなります。また、子供の向きを変えることができます。
ただし、ストローラーも重くなり、さらに片手で開けるのは、少し大変そうに見えます。

UPPAbaby

UPPAbaby Vista Stroller

2018 UPPAbaby Vista Stroller

Amazon価格 $899.99
重量 最大50pound(seat)
ストローラー重さ 50lbs

幼児用シート 180度、反対向き可能
片手でたためる ×
カーシート対応 ○(別売)

高額ではありますが、素材など高品質で定評のあるのがこの商品です。
シートは前向きまたは後ろ向きに配置でき、昼寝用に180度リクライニングできます。
また座席を2つに追加でき、さらにステッパーをつけると3人収納可能なので、複数の子供がいる、または予定している家庭にはぴったりです。

バシネットや、infant car seatカーシート(別売り)を使用すれば、新生児の時から使用することができます。
バスケットは大型なので、スーパーに行った帰りも楽々ですし、ハンドルやフックに荷物をかける必要もないので、安定し安全です。
UPF 50+サンシェード対応。

畳むのはとても簡単ですが、収納には少し場所をとります。
頑丈な車輪は定評がありますが、大型で重いベビーカーのため、トランクの出し入れなどは大変です。一方で、非常に滑らかで安定した乗り心地です。

UPPAbaby Cruz

2018 UPPAbaby Cruz Stroller

Amazon価格 $549.99
重量 最大50pound
ストローラー重さ 21.5lbs

幼児用シート 180度、反対向き可能
片手でたためる △簡単にはなっています。
カーシート対応 ○(別売)


Vistaの軽量版がこちらです。価格も安くなっています
機能は基本的に同じで高性能ですが、3人収納は不可能です。
しかし、Vista同様にバシネットやカーシートは取り付けることができます。
折り畳みは少し簡単になっています。
しかし、ホイールが比較的小さいので、押しにくいかもしれません。

Graco

Graco Modes ClickConnect Stroller

Graco Breaze Click Connect Stroller, Pierce

Amazon価格 $123.44
重量 最大 50pound
ストローラー重さ 17.8lbs

幼児用シート 180度
片手でたためる ○
カーシート対応 ○(別売)


シンプルなアンブレラストローラーです。
水筒などを置くケースあり。バスケットはそこそこの収納スペースです。
乗り心地が高価な商品ほどスムースではありませんが、安価で軽量、シンプルで使いやすい商品です。
UV 50+対応。

Britax

Britax B-Lively Stroller

Britax B-Lively Lightweight Stroller

Amazon価格 $239.99
重量 最大55pound
ストローラー重さ 20lbs

幼児用シート ほぼ180度
片手でたためる ○
カーシート対応 ○(別売)


軽量で操作しやすい3輪タイプです。
サスペンションがあるので、乗り心地も良いです。

親トレイやカップホルダーはありませんが、ハンドル側に携帯などをしまうポケットがついています。

Bugaboo

Bugaboo Cameleon 3 Plus

Bugaboo Cameleon3 Plus Complete Stroller with Adjustable Handlebar, Reversible Seat and Car Seat Compatibility

Amazon価格 $1099
重量 最大37.5pound
ストローラー重さ 21lbs

幼児用シート 180度 反対向き可能
片手でたためる ×
カーシート対応 ○(別売)


とても楽に運転できるのがこの商品。大きなタイヤで、1本の指で向きを変えれる、ぐらいに楽々です。
また、調整可能なサスペンションもあり、スムーズな乗り心地で、安定しています。
デザインはオランダのデザインでとてもシンプルで美しく、キャノピーなどのカラーでカスタマイズすることも可能です。
ハンドルの高さを変えることができ、ハンドルブレーキが付いています。
シートの向きを変えるのもとても簡単ですが、重量制限が37.5パウンドのため、他の商品よりも少し早くベビーカーを卒業しなくてはいけません。
アクセサリーも豊富で、他のアダプターと組み合わせることで、多くのカーシートブランドと互換性を持つことができます。
折りたたむ時には、シートと本体を取り外してから、本体を折りたたみます。流れはスムースにできますが、片手で行うことはできません。

Babyzen

Babyzen YOYO+ Stroller

Babyzen YoYo+ Stroller Bundle (Yoyo+ Stroller, Canopy & Newborn Pack) 

Amazon価格 $724(Newbornパック込み)
重量 最大33pound
ストローラー重さ 12.8lbs

幼児用シート 倒れるが180度まではいかない
片手でたためる ○
カーシート対応 ○(別売)


旅行用に作られたumbrellaタイプの高級ベビーカーです。

簡単に折りたため、カバンのように持ち運ぶことができます。操作も片手ででき、機内持ち込みもでき、飛行機の荷物入れにも収まります(航空会社の基準によります)。キャリングストラップ、収納バッグが付いています。
また、ウォークアップに住んでいる人、電車に頻繁に乗る人にも便利です。

フランス生まれのデザインは、やわらかいカラー、かっこいいデザインです。

ベルトは、中央にバックルが付いた5ポイントハーネス、メッシュポケットがあり、そこに小物を入れることができます。
しかし、オフロードやでこぼこした路面では、滑らかではありません。
ハンドルバーは調整できないタイプです。

Baby Jogger

Baby Jogger City Select Lux Stroller

Baby Jogger City Select LUX Stroller

Amazon価格 $531.38
重量 最大45pound
ストローラー重さ 30.4lbs

幼児用シート 180度 反対向き可能
片手でたためる ×
カーシート対応 ○(別売)


ストローラーを畳むことなく、生活の中心となって使用する場合には、このストローラーがおすすめです。
バシネット、カーシート、セカンドシート、グライダーボードなどが追加でき、家族構成が変化しても長く使うことができます。
また、バスケットも十分なサイズですが、フロントにショッピングトートを付けることもできるので、たくさん買い物してもストローラーにのせることができます。
ハンドルブレーキパーキングなので、カーシートに乗る子供が増えても操作が簡単です。
サスペンションあり、キッズ用テーブルなどのオプションも多彩で、子供も使い心地が良い商品です。
しかし、もちろん座席を追加すると重くなり、折りたたむことも大変になりますので、その場合は頻繁に折りたたむことを考えないほうが良いでしょう。

Doona

Doona Infant Car Seat/Stroller

Doona Infant Car Seat & Latch Base

Amazon価格 $499
重量 最大35pound
ストローラー重さ 15.4lbs

幼児用シート ×
片手でたためる △カーシートを持った状態で、たためる
カーシート対応 ベビーカーと一体型


カーシートとベビーカーが一体になった商品です。
ベビーをシートに入れたままボタンをクリックするだけでベビーカーにもなり、カーシートにもなります。とにかく簡単なので、バス・タクシー・車に乗るのがとても簡単です。
重量は35ポンドまでですが、そこに達するまでだけでも、とにかく簡単で便利なので、バスやタクシー、車に乗ることが多い人にはうってつけの商品です。

BOB Gear

BOB Revolution Flex

BOB Gear Revolution Flex 3.0 Jogging Stroller

Amazon価格 $411.38
重量 最大75pound(44inchまで)
ストローラー重さ 28.5lbs

幼児用シート 180度近くまで倒れる
片手でたためる ×おそらく両手が必要、だかかなりスムース。
カーシート対応 ○(他社のカーシート対応、別売り)


ジョギングをするような状況でもとってもスムースに運転でき、乗り心地も良い商品がこちらです。
後ろのタイヤは大きく、さらに空気が入ったタイヤです。サスペンションもしっかりしているので、ビーチでの1日、ジョギング、でこぼこの道での長い散歩といった状況でもスムーズに乗ることができます。また、前輪は自由に回転させることも、直線に固定することもできるので、安定性が向上します。
収納は、バスケットの容量が大きく、キャノピーに荷物を入れるポケットがあります。オプションでさらにハンドルにつけるタイプもあります。
ハンドルバーは9段階で位置を変えることができるので、ベストポジションを見つけてください。後輪のタイヤを外すことができ、収納はコンパクトになります。

gb

GB Pockit

gb Pockit+ Lightweight Baby Stroller

Amazon価格 $164.99
重量 最大55pound
ストローラー重さ 12.3lbs

幼児用シート  少し倒れる
片手でたためる  ×おそらく両手が必要、でもかなりスムース。
カーシート対応   ×


軽量で、折りたたむと驚くほど小さくなるベビーカーです。使用していないときにトランクに収まるほどコンパクトなので、旅行用におススメです。
シンプルな作りですが、5ポイントの安全ハーネス、収納バスケットもあります。
UPF50 +サンキャノピーが付いていますが、あまり深くまでカバーできません。

Joovy

Joovy Scooter X2 Double Stroller

Joovy Scooter X2 Double Stroller

Amazon価格 $210.99
重量 最大90pound
ストローラー重さ 32lbs

幼児用シート  少し倒れる
片手でたためる  ○ ただ重いと思うので、実際は両手で
カーシート対応   ×


双子や幼児が2人いる人におすすめなのが、こちらです。
2人がけ用ですが、幅が30インチと狭いので、狭いスペースを移動することができ、スーパーや買い物などで便利です。
片手でたため、ほとんどの車のトランクに収納可能だそうです。
それぞれ個別にリクライニングやフットレストを使用できます。
大きいタイヤで操作しやすく、ベアリングが付いているので乗り心地も良いです。
パーキングブレーキは足元にあります。
バスケットが大きく十分な収納力があり、他にもカップホルダー、ポケットがついています。
子供用のスナックトレイやカップホルダーは付いていません。

Bumbleride

Bumbleride Indie Stroller

Bumbleride Indie All Terrain Stroller

Amazon価格 $549
重量 最大55pound
ストローラー重さ 24lbs

幼児用シート  180度近く倒れる
片手でたためる  ×
カーシート対応   ○(別売)


このジョギングストローラーはもちろん使いやすい商品ですが、環境にも十分配慮された商品です。有害なものを含まず、この商品はリサイクルされた水のボトル100%ポリエステルから作られています。また染色も有毒性がない方法で行われたOeko Tex Standard です。

空気入りの大きいタイヤは運転しやすく、サスペンションも付いているので乗り心地も良いです。
ハンドルは位置が調整でき、フットブレーキタイプ。ポケットはキャノピーの後ろ側にいくつか付いています。キャノピーはUPF45+です。

5点ハーネスタイプです。子供用のカップホルダーはありません。

Summer Infant

Summer Infant 3Dlite Convenience Stroller

The Summer Infant umbrSummer 3Dlite Convenience  Stroller

Amazon価格 $69.99
重量 最大50pound
ストローラー重さ 13lbs

幼児用シート  倒れるが180度までいかない
片手でたためる  ×
カーシート対応   ○(別売)


低価格で旅行用や簡単な外出用として2つ目におすすめのアンブレラ型商品。
アルミニウムフレームで耐久性があり、とにかく軽いです。
片手で簡単に収納でき、キャリーストラップも付いているので、簡易で使用するときに最適です。
5点の安全ハーネス対応です。
しかし、ハンドルにカップホルダーがつけれるがサイズが小さく、はずれやすいこと、車輪は小さくタイヤは狭いので、砂利などの起伏が多い地形での使用は大変です。

Thule

Thule Urban Glide 2 Jogging Stroller

Thule 10101924 Urban Glide 2.0 Jogging Stroller

Amazon価格 $479.95
重量 最大75pound
ストローラー重さ 25.3lbs

幼児用シート  倒れるが180度までいかない
片手でたためる  ○
カーシート対応   ○(アダプター別売)


ハンドルバーのねじれブレーキが非常に使いやすく安全性が高い商品です。
また、同じように足元のバーをねじることで簡単にたたむことができます

街をジョギングしたり散歩したりするのに最適な、軽量で全地形対応のベビーカーで、基本性能としては、BOB Revolution Flexに非常に似ています。
大型16インチのホイールに、サスペンションが付いていて、運転も乗り心地も良い商品です。
後ろのタイヤを外して収納可能
バスケットはカバー付き、さらに子供用内ポケットなど、細かな収納スペースが多いです。
5ポイントハーネスです。

BRITAX

BRITAX 2017 B-AGILE 35 /B-SAFE ELITE TRAVEL SYSTEM

Britax 2017 B-Agile Travel System with B-Safe 35 Infant Car Seat

Amazon価格 $399.99(カーシート付)
重量 最大55pound
ストローラー重さ15lbs

幼児用シート  倒れるが180度までいかない
片手でたためる  ○
カーシート対応  ○


ポイントを押さえた高性能な商品で、カーシートとセットでさっとそろえたいならこちら。

カーシートは小さなアダプターだけでカチッとはまり、とても軽量。
ベビーカーは片手でたためます。
発泡スチロールを使用したタイヤは、空気でなくても非常に心地よい乗り心地を実現します。
サスペンションも備えており、乗り心地もよく、操作も簡単です。
ブレーキは足元、5ポイントハーネスシステムです。
またキャノピーがとても大きいので、日よけもしっかりできますし、昼寝の邪魔もしません。
ただし、収納バスケットがかなり小さいのが難点です。

Baby Trend

Baby Trend Expedition

Baby Trend Expedition Jogger Stroller

Amazon価格 $86.87
重量 最大50pound
ストローラー重さ 25.5lbs

幼児用シート  180度近くまで倒れる
片手でたためる  × (両サイドのボタンをひかなくてはいけないので)
カーシート対応   ○


低価格で、そこそこの品質、アンブレラ型じゃないストローラーを探している方はこちら
ジョガー型で押し回しも簡単ですが、本格的なジョギング向きではありません。
タイヤは大きく、空気入りです。サスペンションは付いていません。
収納は簡単で、タイヤも外すことができます。
ハンドル部分にドリンクなどのホルダーがあり、キッズ用のドリンクホルダー、テーブルもあります。