アメリカでキッチンハイター漂白剤と言えばCLOROX クロロックス

アメリカでキッチンハイター漂白剤と言えばCLOROX クロロックス

日本でキッチンハイターを使っていた場合、アメリカで探すと、、、、
どれかわからない?!と困ってしまいませんか?

アメリカでキッチンハイターと言えば、CLOROX クロロックスです。

CLOROXの成分は
Sodium Hypochlorite (次亜塩素酸ナトリウム) 6%
Other Ingredients 94%
(Sodium Chloride塩化ナトリウム,Polyquaternium-6ポリクオタニウム-6,Sodium Carbonate炭酸ナトリウム,Sodium Chlorate塩素酸ナトリウム,Sodium Hydroxide水酸化ナトリウム,Sodium Polyacrylateポリアクリル酸ナトリウム,水が含まれています)
CLOROX社HPより

一方、日本のキッチンハイターの主成分は

次亜塩素酸ナトリウム(製造時6%)
界面活性剤(アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム)
水酸化ナトリウム(アルカリ剤)
花王HPより

と、漂白成分の濃度は同じです。

キッチンハイターの使用用途は、厨房用品の漂白・除菌・除臭用
ということで具体的には
・ふきん、おしぼりの除菌・漂白・除臭
・まな板、食器(茶碗、湯飲み、カップ、哺乳びん等)、きゅうすの除菌・漂白・除臭
・食器用スポンジの除菌・除臭
・冷蔵庫、食器棚の除菌・除臭 だそうです。

一方、CLOROXの場合は
本体には衣服などの漂白、お風呂場掃除についてだけ書かれていますが、HPには殺菌・消臭・漂白用と書かれていました。
なので、漂白成分の濃度も同じですし、キッチンハイター同様に使用しても良いと思います。

アメリカでは、ふきんやおしぼりは使いませんので、「ふきんやおしぼりの漂白に~」などと書かれていませんが、大丈夫ですよ。

CLOROXは、たくさん種類がありますが、このRegular(レギュラー)が一番キッチンハイター的に使用できると思います。
スーパーや薬局でよく見かけます。
これで、ふきんの漂白やまな板の消毒も安心ですね。