アメリカで売っている酢について:米酢、ホワイトビネガーなど

スポンサーリンク

今日はアメリカで売っている”酢”の紹介をします。
これで迷わないで買い物ができますよ。

米酢

米酢お米を原料にして作られた酢のことを言います。
原料にお米だけを使用したものは純米酢。
原料にお米とそれ以外の穀物を混ぜて使用したものは、米酢と呼ばれています。

我が家ではこの2種類の米酢を使用しています。
左側が純米酢。ちょっとお高めです。
お酢は料理でよく使うので、安い米酢を基本的に料理で使い、酢飯を作るときは純米酢を使用しています。
酢飯は純米酢で作るとおいしいんですよ!

ホワイトビネガー

ホワイトビネガーとはとうもろこしや大麦などの穀物からつくられたお酢のことを言います。
写真のようなHeinzの製品が有名です。
価格はとても安く、米酢の1/3以下。
あまりに安いので、掃除にも使ったりしますが、もちろん料理用であれば、料理に使うことができますよ。
臭いは米酢よりも少しまろやかですが、酸っぱさはちゃんとあります。
米酢と同じ穀物酢に分類されるので、米酢がない時に使うことも可能ですが、正直、ちょっと酢のとがり具合が違う気がします。
ドレッシングやピクルスに使うのにぴったりです。

ワインビネガー

ワインビネガーとはブドウを原料にしたお酢です。
白ワインビネガー、赤ワインビネガーとありますが、赤ワインビネガーのほうがフルーティーな香りが強いです。
こちらもドレッシングなどに使うのが良いでしょう。

同じブドウを原料に使ったものでバルサミコ酢がありますが、長期間熟成されているので、トローっと濃厚です。
コクが強いのでハチミツと合わせたドレッシングや、お肉などのソースとして使われます。

アップルサイダービネガー

最後に、リンゴから作られた酢がこのアップルサイダービネガーです。
ジュースではなくて、お酢なので間違えないでくださいね(ジュースはアップルサイダーです)。
写真の商品は、アメリカでよく見かけます。
非加熱でろ過もしていないので、濁っています。
ドリンクに混ぜたり、水にハチミツと混ぜて飲む人が多いようですね。健康のため、で行っている人が多いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました