こんな時、英語で何て言う? エレベーター編

こんな時、英語で何て言う? エレベーター編

はっきり言って、マンションやデパートのエレベーターで人と会うと、とっさに何て言えばいいか、分からなくなってしまいますよね。「降ります~!」って言いたいのに、「うーーーんっ、困った!」ってこと、ありませんか?

そんなときのために、今回は、こんな時、英語で何て言う?エレベーター編を紹介します。
難しい単語は必要ありません!がんばって、話してみましょう。

何階ですか?

[フリー写真] エレベーターのボタンを押す手
アメリカでは、たいていボタンのそばにいる人が、何階に行きますか?と尋ねてくれ、ボタンを押してくれます。
もちろん、自分がボタンのそばに立っていたら、聞いてあげましょうね。

What floor? もしくは Which floor? (何階ですか? )
(丁寧には、What floor would you like? もしくは Which floor would you like?)

~th floor please. (second, thirdなど) もしくは、数字, please. (Five, please. など)(~階でお願いします)と答えましょう。

ホテルなどでは、1階をロビーとして”L”と表示している場合も多く、その場合でも、L, please. や、Lobby, please と言えばOKです。

さらには、自分から
Could you press three please? や、Push three, please.(三階を押してください)などと、ボタンの近くにいる人にボタンを押してもらっても構いません。

乗り降りするとき

外からエレベーターに乗ろうとするときに、ドアを開けておいて欲しい時には
Hold the door please!(乗ります!ドアを開けといてください!)

混んでいるエレベーターから降りようとする時には
Excuse me, I’m getting off.(すいません、降ります!)と伝えましょう。

また、エレベーターが上に行くのか、下に行くのか聞きたいときには
Going up?(上に行きますか?) もしくは Going down?(下に行きますか?)と言います。
エレベーターが開いて、外にいる人に、上に行きますけれど乗りますか?の意味を込めてGoing up?と聞いても構いません。

乗り降りするときに、お先にどうぞ、と降りる順番を譲りたいときには
after you(お先にどうぞ)と言いましょう。

エレベーターを開けて待っているとき

エレベーターに乗りそうな人がいるけれど、扉を閉めるべきか悩ましい時には

Won’t you step in?(乗らないのですか?)と聞いてください。
次のエレベーターに乗るつもりならば、
We’ll catch next one. Thanks.もしくは、I’ll take the next(次に乗りますので、結構です)と答えましょう。

挨拶をしましょう。

マンションのエレベーターに乗るときに、2人っきりでまったくしゃべらないのも変な感じの時があります。
巨大なマンションならともかく、小さいマンションでしたら、顔見知りですよね。軽く話しましょう!

“How are you doing?” 挨拶は何でもいいので、とにかく声かけをしましょう。
“Have a good day.” 降りる時も、簡単でいいので挨拶しましょうね。